2017
10.22

今回はノーカウントで…

Category: 一口馬主
こんばんは♪



台風が近づいています。
皆様備えはいかがでしょうか、どうぞお気をつけ下さいませ。
さて、本日は衆議院議員総選挙の投票日でした。
所用もあったので、昨日夕方に期日投票を…と思ったのですが、、、
近くの市役所の分所へ出向いたところ、なんとまぁもの凄い長蛇の列。
100人は並んでいるかと思われ、断念いたしました。
結局は今朝早めに指定の小学校へ投票へ行ってきました。
何でも早めに済ませておくことが大切ですね(^^;)

昨日は県の諸団体主催の講演会&研修会へ参加。
9時~16時半の長丁場でしたが、お昼ご飯は意外にも豪華な内容でした♪
研修会場のお隣のホテル内、中華レストランにて「海鮮ランチコース」でした。


IMG_20171022_130306_688.jpg

IMG_20171022_130306_671.jpg

IMG_20171022_130306_672.jpg


携帯の写真なので、イマイチですが~(^^;)
(写真の他に、海老のあんかけソテー、炒飯、デザートもありました。)
毎回こんなお昼ご飯ならいいのになぁ。
先日の敦賀出張は折り詰めの幕の内弁当をバスの中でw
せっかくの福井もトンボ帰りで残念でした。

前置きが長くなりましたが、、、
と、いうことで、今週の競馬はリアルタイムで観戦出来ず。
JRA-VANの録画で確認しましたが、なんとも残念無念な結果に終わってしまいました。



10月21日(土)


新潟 10R  萬代橋特別 芝2400m  ブライトクォーツ  → 2着
京都 8R  3歳上500万下 芝2200m  レッドコルディス  → 11着
東京 9R  アイビーS  芝1800m  フラットレー → 5着



10月22日(日)


京都 1R  2歳未勝利 ダート1400m  スーブレット →6着
京都 2R  2歳未勝利 ダート1800m  レッドゼノビア →8着
東京 5R  2歳新馬戦 ダート1600m  ベストフィックス →16着※タイムオーバー



ずっーーと降り続く雨のせいで、水が浮くようなダート、ずぶずぶの芝…
1倍代の超1番人気で出走した、フラットレーとスーブレットが惨敗でした(泣)

レッドゲルニカのようなダート巧者であっても以前、このような水浮きのしたダートは惨敗しました。
水溜りが怖くて、ぴょんぴょん上へ跳ねるように避けて走り、全く勝負にならず。
このような馬場では、馬の力も出せずに終ってしまってもいたしかたありません。

フラットレーは、「柔らかい馬なので、この馬場は相当きつかったようだ」との陣営のコメント。
期待が大きかっただけに、大変残念な結果になってしまいましたが、ここは「馬場がすべて」とノーカウントとします。
(強い馬はどんな時も強いという意見もあろうかと思いますが、出資者としては切り替えが必要なので!)

先週の秋華賞も同じような結果になってしまい、やはり悔いが残りました。
本来の走りが出来ないばかりか、馬へのダメージのリスクが高くなります(ポールヴァンドルさんの骨折判明)。
今回厳しい条件のなかで出走した馬達にも、相当のダメージがなければ良いのですが…心配ですね。

社台で出資したキングヘイロー産駒のベストフィックスの初陣。
(ウィッチフルシンキングの15・メーディアの全弟)
最終3番人気でしたが、、、
なんとも派手に大差負け…
文句なしのタイムオーバーとなりましたw
デビュー戦のタイムオーバーはストライクイーグルで経験済みですが、それ以上に心配な感じですねぇ。。。
まぁまだレースを理解していない、とのコメントでしたし、(1ヶ月~はレースに出走できませんし)仕切り直しですね。
時計も目立つものではなく、一旦放牧とするか、はたまたレースへいかせて経験を積ませるか、で二転三転のようなところもありましたし…
ようするに、まだ心身ともに馬がしっかりと出来ていなかったということです。
最初からわかってました、キングヘイロー産駒だしw
ちなみに姉のメーデイアもデビュー戦はタイムオーバーだったようで、、、
そんなとこは似なくても良いのにww
いいのです!好きだった馬の息子、あたたかく見守りますよ(苦笑)

それから、未勝利の身ながら500万下クラス出走で健闘、惜しいクビ差まで迫ったブライトクォーツ。
本当に惜しかった…なんと大きなクビ差。
この距離は出走する馬が比較的少なめなので、次もどこかタイミング良く出られることを祈ります。
頑張ってくれているので、なんとか勝ち上がって欲しいと願っています。


先週、今週と結局ひとつも勝てず…
クラシックに直結(妄想)しそうな期待の大きいメンバーだったんですが。
10月は出走頭数の割りに好調とはいかず(キャンディケイン、ストライクイーグルの2勝だけ)が濃厚になってきました。
28日はキャロットのヴィクトリアマンボさんが予定しています。
この子も浮き沈みが激しくムラ駆けタイプ。
あてにできそうな東サラのレッドゲルニカは…神無月Sには、間に合いそうにないですねぇ。

11月の初旬には、東サラとキャロットの新馬も控えており、焦ることはありません。
とにもかくにも皆、無事に…どうか順調でありますように。
楽しみはまた、、、お疲れ様でした。










スポンサーサイト
Comment:0
2017
10.19

雨の【GⅠ秋華賞】~ミリッサ8着、ポールヴァンドル9着

Category: 一口馬主
こんにちは♪


今朝10時にノルマンディーのページを見てみたら、残口僅少の募集馬は瞬殺完売。
ちなみに申込み馬についで検討候補だったのは、テネシーワルツ16、ソラコマチ16でした。

さて、ようやくのUPです、秋華賞。
この日は朝から予報どおりの雨、雨…
京都競馬場は駐車場が8000台収納規模とかなり広いので、駐車できなくなることは無いのでしょうけれど、一応早朝出発。
午前中の未勝利戦のみ観戦、ならばコインパーキングの方がお得ですが、メインが目的のためJRAの駐車場へ。
朝10時までに入庫すれば、500円割引の1日1500円です。
(G1競争のうち、秋華賞、マイルチャンピオンシップは比較的混雑がマシなようです:昨年電話で聞きました)

高速道路もさほど混むことなく9時には到着。
スタンド4階席(来賓績横)ゴール前、屋根のある場所を確保しました。
そしてまず向かったのは、ターフィーショップ。
G1DAYならではの記念グッズ目当てです。
この日秋華賞に出走する馬の名前・馬番入りの勝負服キーホルダーとボールペン…
しかし一部の馬に人気が集中し、すでに完売のものが続出。
(昨年はデンコウアンジュが意外にも売り切れw)

…。
…。
…。

予想通り、、、リスグラシュー、ミリッサ、リカビトス、ポールヴァンドルの4頭のみキーホルダーは完売(泣)
ボールペンは少数ながら買えました。
同じクラブ馬でも、1番(この日1番人気)のアエロリット(サンデー)の在庫は沢山ありました。
本家会員は出資者も少数、他クラブのように多数の出資者、また友人に配ったりとかは…
なさそうですね(苦笑)
NHKマイルカップ優勝も果たしていて既にG1馬なので、ここで手に入れなくてもこの他にも生産はありそうですし。
これって、前日の土曜日から発売されていると聞いたことがありますが…?そうなんでしょうか。
それなら、前日競馬場へ行かれていた友人に頼んでおくべきでしたw
まぁ仕方ありません。。。


秋華賞パドック2017


この日は6Rにシルクのバレーロが出走しました。
(先のエントリーで上げたとおりです。)
その前の3R未勝利戦には応援しているロードマドリードが出走。
本当に良い馬なんですがね~なかなか勝てません。
単勝馬券も買って応援しましたが、この日も残念ながら2着でした。


ロードマドリード未勝利戦パドック10月15日
ロードマドリード


10R返し馬が始まる頃、パドックへ向かいましたが、すでに沢山の人。
ちょうど雨が激しくなってきた時間で、撮影は傘と雨に阻まれ思うようには撮れず。
とくにミリッサは頭を上下させていてテンション高めで入れ込み気味、ブレブレであまり良い写真がありませんでした。
周りが暗かったせいもあり、明るい芦毛の馬体のポールヴァンドルさんとアエロリットさんがまずまず見られる写真。
とくに初めて見るポールさん、馬体も立派でパワフル、とても良い馬でした!!
頼れるイメージなのに、お顔は可愛い…ギャップ萌え♪

リスグラシューは登場時には尻尾をかなり振り回していて落ち着きがありませんでしたが、周回を重ねるごとに気合が良い感じに入ってきていましたね。
結果を見て言うわけではありませんが、パドックで一番良かったのはディアドラでした。
脚が太くてしっかりしている、筋肉が弾けそうな印象でした。
逆にちょっと頼りなささげに見えたリスグラシューが2着に健闘したのは、さすが堅実というよりありません。
東サラの出資馬レッドゼノビアの半姉、ブラックスビーチも出走していましたが、終始厩務員さんに甘えていました。
とにかく雨が激しくて、まともにパドックを見ていられない感じでした。
(たくさんの傘の隙間に割り込んで、傘無しで濡れながら撮影したので、あまり良い写真ではありません)



秋華賞電光掲示板オッズ


ディアドラパドック
ディアドラ

アエロリットパドック
アエロリット

リスグラシューパドック
リスグラシュー

ポールヴァンドルパドック
ポールヴァンドル


ここで「止ま~れ~」がかかりました。
(雨の音でよく聞こえませんでしたw)


ミリッサ騎乗福永

ミリッサ騎乗福永2
ミリッサ&福永騎手


ポールヴァンドル三浦
ポールヴァンドル&三浦騎手

アエロリット横山
アエロリット&横山典騎手

ラビットラン和田
ラビットラン&和田騎手

ブラックオニキス
ブラックオニキス&大野騎手

ブラックスビーチ
ブラックスビーチ&川田騎手

リスグラシュー武豊
リスグラシュー&武豊騎手


さぁいよいよレース、秋華賞のゲートへ向かいます
どちらも無事に…頑張れ~


ミリッサ福永3


ポールヴァンドル三浦2


G1ともなると、スタート前の盛り上がり、何ともいえない雰囲気に。
これは現地観戦でしか味わうことのできない臨場感。


DSC08933.jpg
(ファンファーレ)

DSC08937.jpg
(スタート直後)

DSC08938.jpg
(ゴール/ディアドラ・リスグラシュー・モズカッチャン)

DSC08939.jpg
(ポールヴァンドル9着&リカビトス10着)

DSC08940.jpg
(ミリッサ8着&カワキタエンカ5着)

どちらも「重」馬場に泣いたようです。
この非常にタフな状況に、強い競馬を見せたディアドラ。
鞍上のルメール騎手、やはり上手いですね。
優勝したディアドラ、陣営、関係者の皆様おめでとうございました!!





ミリッサ:7番人気8着

10/15  石坂厩舎
15日の京都競馬では好スタートから出たなりで中団を追走。
向こう正面あたりからはノメって促しつつの追走になるも、直線はジリジリ伸びて8着。

「以前より馬体がしっかりしてきたことで、スタートをバランス良く出るようになっているし、理想的なポジションで運べました。
走りもスムーズだったのですが、向こう正面で手前を替えたとたんにノメってしまい、そこからはずっとノメりっぱなし。
良馬場なら…と思わずにはいられませんが、こればかりは仕方ありません。
今日は残念でしたが、敗因ははっきりしていますし、次は巻き返したいです」(福永騎手)

「重馬場についてはなんとも言えないし、こなしてほしいと願っていたのですが、向こう正面からずっとノメっていましたね。
ただ、それでも最後はジリジリ伸びていましたから、来年はもっと良くなってくるはずです。
しっかりと立て直して巻き返したいと思います」(石坂師)

良馬場なら絶好と思えるポジションでしたが、今日の重馬場は小柄なこの馬には予想以上に堪えました。
まだ力をつけてきている最中ですし、苦しい条件でも最後しっかり脚を伸ばしたあたりは今後に繋がってくるはずです。
この後は放牧に出してリフレッシュさせる予定です。


ポールヴァンドル:11番人気9着

10/15(日)京都11R 秋華賞(GⅠ)〔芝2,000m・18頭〕9着[11人気]
好スタートを決めると、道中は内目に位置を取り12番手を追走、向正面から少しずつポジションを押し上げて行き、勝負どころから前を窺います。
最後の直線では外に出して懸命に追い出しに掛かったものの伸び切れず、9着に敗れています。

「内枠でしたら前回のように控える競馬も考えられたのですが、外枠だったので出たなりで進めようと思っていました。
スタートは普通に出てくれましたし何頭か行ってくれたので、1コーナーまでにそれなりのポジションに入れることが出来ました。
向正面でペースが上がったことで展開も向きそうな感じでしたし、3コーナー手前までは手応えもあったのですが、そこからノメッてしまって伸びきった走りになってしまいました。
4コーナーでも走りのバランスが崩れたままでしたし、最後もバラバラでした。
馬場が掘れて力の要るコンディションになって、ポールヴァンドルには向きそうかなと思ったのですが、案外良馬場の方がいいタイプですね」 (三浦皇成騎手)

「外枠だったのでポジションを取るのに苦労してしまいましたし、それに思ったよりも重い馬場が堪えてしまいましたね。
3コーナー辺りはだいぶ馬場が悪かったのに加えて、下り坂だったのも影響し、ノメッて体勢を崩してしまっていましたからね。
大型馬だけにそこから立て直すのに苦労してしまい、直線はモサモサとした脚しか使えませんでした。
残念な結果になってしまいましたが、今回は力負けというよりは重馬場適性の差が出てしまったものだと思いますし、タラレバを言っても仕方がないものの、良馬場であればもっとやれていたと思います。
レース後は左前の中筋が少しモヤッとしたので検査を行いましたが、大きな問題は見当たりませんでした。
ただあれだけの馬場で走ったなりの疲れは見られますし、いったん放牧に出して仕切り直したいと思います。
天栄での状態を見ながら、今後の具体的な予定を検討していきたいと考えています」(上原博之調教師)


どちらも無事に走り終えてくれました。
今回は雨とコンディションの悪い中、重馬場は未知数…
もしかしたら、良い方へ向くのではと淡い期待もありました(特にポールヴァンドル)。
しかし残念ながら、そうではなかったようで…
実力を十分に発揮できたレースとは到底言いがたく、悔しくはありますが、これも競馬。
ここまでしっかり仕上げて、G1の大舞台へ進めて下さった陣営はじめ関係者の皆様、本当にありがとうございました。
一口馬主を始めて、最初に持った2013年世代ではパーシーズベストが秋華賞へ。
2014年世代はレッドコルディスがオークス、そして秋華賞へミリッサとポールヴァンドルの2頭が出走を果たしてくれました。
優勝はもちろんのこと、掲示板、入着もそう簡単にできることではありません。
でもいつの日か、いえ近い日にそういった機会がやってくることを楽しみにしています。
まずは全頭が無事に走り終えたこと、本当に良かったです。
着順だけ見れば残念な結果には終わりましたが、とても良い一日になりました。
頑張ってくれたミリッサとポールヴァンドルに感謝したいと思います。
お疲れ様でした、そして…ありがとう(*^^*)


京都競馬場飾りつけ秋華賞

長い記事になりましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪







Comment:6
2017
10.19

差出人ノルマンディー「不幸のメール」は13時【出資馬確定】

Category: 一口馬主
おはようございます♪



昨日の記事に、コメント下さった方々、本当にありがとうございます。
書こうか迷った記事だったのですが、UPして良かったです。
現役馬もいることですし、しばらくは在籍して、様子をみていこうと思っています。
いろいろと頑張ってくれているクラブではあるのです。
その為には無駄を省く、ってことはやむを得ない部分もあるでしょうね。
会費その他、収支的には悪くないクラブでもありますし。
(割引やポイントがあることもあり、最大で出資額と同等程度のマイナス、もしくはプラス収支維持)

それから、通称 「ノルマンディスト」 な皆さん。
仲良くして頂いてるブロガーさん達をはじめ、そのキャラやノリは一種独特、個性的。
大好きなんですよね~良い方々ばかりです(^^)



さて、そのノルマンちゃんからの 不幸のメール
残念なことに昨日13時きっかり、私のところにもやってきましたwww


「募集No.15ジョウノファミリー16の出資申し込み結果」

この度は、2016年産募集馬にお申込みいただきありがとうございました。
募集No.15ジョウノファミリーの16出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

募集No.15ジョウノファミリーの16  1口  ×

※左より「募集馬名」「(調整後)申込口数」「当落」となります。
「当落」は×が落選となります。




はい、、、想定内ですね(--)

募集馬が発表された時の第一印象はこの馬だったし、申し込まないのももったいないかなぁ(←何がw)
と、思い申し込みましたが…やはり落選でした。
ただ、この落選でもなぜか全然ショックじゃないところが、ノルマンディーです!(そうなのか?)

持てたら持てたで嬉しいですし、この子はお顔も可愛かったし…
この馬なら3歳クラシックを目指したいところですが、はたして育成は間に合うのか…??
ドキドキすること間違いなしでしたね~(苦笑)
今回は断トツの1番人気でかなりの競争率になりましたので、ご当選された皆様はおめでとうございました!
出資は叶いませんでしたが、これからも注目していきます。


と、いうことで…



カグラの16募集時カタログ
カグラの16
父:マンハッタンカフェ BMS:Vindication
2016年2月22日生まれ 青鹿毛
生産:日高・シンボリ牧場  所属:栗東・昆貢厩舎入厩予定


狙い通りの結果になりました。
おそらくはゆるめの抽選だったのでしょうか。
無事に当選することができました。
今年のノルマンディーは、この子1頭で。
(本日10時~の通常募集、電話争奪戦には参加しません^^;)


マンハッタンカフェのラストクロップ…今後出資できる機会もないでしょうし、滑り込みです。
配合的になかなか魅力的な馬でもあります。
預託先、ロードヴァンドールに出資できなかった後悔をここで、の栗東:昆厩舎へようやく。
(師はマンハッタンカフェ産駒が大好きと聞いていますし、楽しみです。)
パドックで見る同厩舎の馬達は、いつも綺麗に手入れされていて、鬣も編み込みでお洒落。
女の子ですし、そういう面でも期待しています。
もちろん成績も、、、よろしくお願いします。

カタログを見た時には、まだまだ貧相な馬体で頼りなさげな印象。
馬体はどちらかというと前が勝っていて、トモのボリュームが物足りず、決してバランスは良いとは言えません。
しかし、測尺は問題なし、フレームが大きいので、まだこれから十分成長し変わってくると思います。
ツアーに参加された会員さんのお話からも、そのような見解であったと聞いています。
募集馬検討会、ツアー時の様子、動画などUPして頂いた方々に感謝したいです。
大変参考になりました~ありがとうございました!

マンカフェ産駒はどちらかといえば牝馬の方が良い気がしていますし、その代表格はルージュバックですよね。
入会時期のタイミングで、ちょうど入れ違いで入厩してしまったルージュに出資はできませんでした。
しかしあの募集時の馬体写真を見る限り、(仮に可能な時期であったとしても)やっぱり出資はしていなかったと思います。
今から見返しても、やはりあまりバランス良くは見えませんね。
でもこれがひと冬を越して暖かくなり始めた頃…3月~の写真。
見違えるように良くなってきているんです、驚くほど。
ノーザン育成の上位の馬と比べるのは無理があるかもしれませんが…
カグラ16のこれからの変わり身に、大いに期待したいと思います。

ご一緒になられました皆様、どうぞよろしくお願いします。







Comment:4
2017
10.18

ノルマンディーOC・2017年先行募集申し込みとクラブについて

Category: 募集馬検討
昨日13時 ノルマンディーOC の先行募集の申し込みが締め切られました。
今年は申し込もうか否か、を悩んでいたため、募集馬の検討にもいまひとつ身が入らず…
「どの馬に申し込むか」ではなく、「ノルマンディーに出資を申し込むか」なんですよね。

昨年までの出資馬で5頭中(1頭は2歳未デビュー)3頭が引退しました。
未勝利、故障での引退だったため、あまり喜ばしい引き際ではありませんでした。
もともとの出資金(馬代金)も他のクラブに比べて低めですし、G1に出走して欲しい!なんて求めているわけでもありません。
コツコツ稼いで(そこそこ入着で可)くれれば御の字なのですが、育成が遅い(始動・過程ともに)デビューが遅い、などでほんの数戦して結果を残す前に時間切れ、、、が目立ちました。

成績が伴わなければ引退は仕方のないところなのですが、その後の馬生についての考え方等々、ちょっと思うところのあるクラブです。
目に見えるところでは、引退後の出資馬のデータ保存、閲覧について。
会員ログイン後のページに「MyHorse」の一覧があるのですが、引退後はページリンクが“削除”されてしまいます。
これには少し驚きました。
まだ一口馬主歴も浅く引退した馬が少ないので、最近気づいたのですが、各クラブ(社台・サンデー・キャロット・シルク・ロードなど)では、引退後も遡ってその馬の情報を見ることが(所属馬情報検索や引退馬まとめリンクなどから確認)できるのですが、ノルマンディーはあっさり無くなってしまうんですね。。。
出資馬だった馬名がMyHorseに残っていても、そこからのリンク先のページは存在しません。
(引退後2ヶ月くらいが目処?)
これは非常に寂しいし、残念なシステムですね。

確かに毎年多数の募集馬が追加され、膨大なデータとなって残っていきますし、功績を残せなかった馬のデータまでいちいち残していたら管理も(容量も)大変なのは理解できます。
でも…寂しいですね、やっぱり。
なので、たくさんの期待や情を持つと更にその寂しさはつのるわけで。
一生懸命馬名を考えたり、日々の様子で一喜一憂したり…それがすべて虚しくなるような。
「使い捨て感」「馬は経済動物」な考え方が猛烈に見え隠れしてしまうのです。
しかしそれは正論でもあり、ビジネス、一口馬主(クラブ)は投資、金融商品なので仕方がありません。

競馬にかかわる上で、できれば触れたくはない部分、引退後の処遇についても同様です。
(現実からは目を逸らしたい、暗黙の了解…逸らしていてはいけない部分でもあります)
実は今回の引退馬のうち、「JRA競争馬総合研究所に研究馬として寄贈する」というものがありました。
今までの出資馬でこのようなコメントを目にするのは、初めてで…。
「一応、乗馬」などということが意味することも、悲しいですが十分理解、承知はしています。
きちんと消息が確認され、乗馬クラブや馬術部で活躍する子もいないわけではありません。
しかしこれはあまり見ない内容…同様に、なかなか良い方へ想像するのは、、、難しいですね。。。
(乗馬体験用の馬も数頭いるようですが、HPもあります)

それから、唯一勝ち上がったアナザートゥルースについて。
3戦2勝していながらも、あっさり「セン馬」に。
血筋からか確かにやんちゃな方ではあったと思いますが、決断が早過ぎる感。
レースに至ってはそこまで問題がなかった気がしています。
上がそれで良い結果を残していても、この馬はこの馬。
手術をした馬は成長しても筋肉が硬くならないということですが…
プロの判断といわれればそれまでですが、何となくもやもやしますね。
(調教師はあまり乗り気ではなかったと聞きましたし)
いろいろ工夫、手を尽くして、それでもならわかりますけど…勝負根性、闘争心も良い個性だったと思うだけに、正直もったいなかったなぁという気持ちもありますね。
ノンコの二の舞かと心配しています。

長くなりましたが結論、ノルマンディーOCに対しては、他のクラブよりもあまり入れ込んで出資をしない方がいいのかなと感じています。
(NF一強時代であっても)日高の馬産地を応援したい、そんな綺麗ごとのような気持ちはあまり持たない方が良いのかもと。
うまく表現できず、誤解を招くような文になっているかもしれず申し訳ありません。

また、今回の募集馬について、ラインナップに岡田スタッド産が少ないことを、残念に思っていました。
自分が入会してからこれまで数年ではありますが、成績を見てきて思ったことは、「岡田スタッド生産の馬の方が成績が良い」「他牧場、セリで買ってきた馬には大はずれ多し」だったからです。
(後悔はないですが、世間でいわれる大はずれをしっかり引いたよう)
それもあり、少し前まで“今年は岡田スタッド生産馬を中心に検討しよう”とも考えていました。
先日開催されたノルマンディーの募集馬検討会で、「岡田スタッド生産馬が少ないのはなぜか」と質問された方がいらっしゃったようで、それに対し「良い値段(庭先)で声が掛かったから」という回答であったそうです。
(正直というか、なんというか、クラブにピカ一の馬はまわさないということですよねw)
この部分についてはロードについても同じかもしれません。
○○○プレミアムとか、○○○スマッシュとか(苦笑)
庭先取引、個人顧客優先、いろいろ言われていますが、ビジネスとしては当然のことでしょう。

嫌なら出資しなければいいだけのことです…選択するのは自分。
それも踏まえた上での、今回の申し込みになりました。
(結局は不満を述べつつ、やっぱり申し込んじゃうのね…という突っ込みは無しで何卒)

13.カグラの16 (父マンハッタンカフェ)
15.ジョウノファミリーの16 (父・ブラックタイド)

大抽選会に参加することになりました。
結果は本日、出資できなかった場合にのみ「不幸のメール」が届きますw

キョウエイハツラツ16、マンデルーシュ16も検討しましたが、絞って上記2頭に。
(こちらも抽選、口数調整が入りましたので満口ですね)
ジョウノボレロ16、ロードカナロア産駒については、来月のロードで検討予定ですので申し込みを見送りました。
どちらか当選できれば良いですが、もしも両頭とも落選なら、様子見できそうな1頭(ダート向き)を引き続き緩く見守ります。

ここまで凄い抽選会になるとは…まぁ予想通りでしたけどね(苦笑)
出資するしないとここでグダグダ言っていても、向こうからお断りされる公算大
結果が楽しみですね。

読んで下さって、ありがとうございました。







Comment:8
2017
10.18

先週の結果・レッドジェノヴァは2着惜敗

Category: 一口馬主
こんにちは♪



ようやく少ーし晴れましたが、また夕方から雨のようで…
週末~週明けには台風予報ですか、、、
土曜日にはフラットレーが出走を予定しているアイビーSがあり、心配です。
ローズS,、秋華賞、と勝負がかりのレース時に限っての悪天候は勘弁して欲しいです。

前エントリーではバレーロの健闘をUPしましたが、その他のレース結果も上げておきます。


10月14日(土)
東京7R 3歳上500万下 芝2000m  
レッドジェノヴァ (戸崎騎手)   →→→   2着

東京9R プラタナス賞 2歳500万下 ダート1600m  
ロードトレジャー (三浦騎手)   →→→   5着 (+0.6差)

東京10R 白秋ステークス 3歳上1600万下 芝1400m  
ロードセレリティ (福永騎手)   →→→   6着 (+0.3差)

10月15日(日)
京都6R 3歳500万下 ダート1400m  
バレーロ (荻野極騎手)   →→→   3着 (+0.1差)

京都11R 秋華賞 【G1】 3歳オープン 芝2000m  
ポールヴァンドル (三浦騎手)   →→→   9着 (+1.6差)
ミリッサ (福永騎手)   →→→   8着 (+1.4差)


レッドジェノヴァ 汐留特別
レッドジェノヴァ (コロンバスサークル14・父シンボリクリスエス)

10月4日レース後コメント(2着)

戸崎騎手 「外枠だったので向正面まで壁をつくれずダラっと脚を使う感じでした。
途中からは脚も溜まりましたが、動いていった馬についていくと最後甘くなりそうなのでこの馬のペースで進めました。
動かなかった分最後までしっかり脚は使えていますが、今日はペースも遅くて前が止まらなかったですね。
理想は内枠でずっと前に壁を作って最後だけ抜けるという形だとは思いますが、今日のような競馬でも頑張れたのでやはり力がありますね。
もう少しだっただけにすみません」

小島茂調教師 「調教でも気分良く行くと最後弾けないように、競馬でも道中は我慢させたほうが脚は使えそうですね。
スパッと弾けないのはまだまだトモが甘いのもあるでしょうし、馬場もパンパンの良のほうが本質的には良さそうです。
それでも安定して走れているように、ジェノヴァなりに成長しているのは間違いないですよ。
なんとか勝たせて一息入れたいので短期放牧は挟むかもしれないですが、馬に問題なければ続戦のつもりでいます」


レッドジェノヴァが頑張りました。
しかし前走2着(1番人気)、今回も2着(2番人気)と惜しい競馬が続いています。
続戦の意向ですから、次こそは。

ロードトレジャーは初めてのダートでした。
馬場が悪かったので、はっきりと適性はわからなかったのですが…
とりあえず、もう一度ダートでいくのでしょうね。

ロードセレリティ、直線に入るまでは良い感じで先行(逃げ)。
もしやこのまま勝てるとか?って一瞬思いましたが…
もう1ハロン短くしてもいいのかもしれません。
左回りが得意じゃない(右に張る)というようなコメントもありました。
さて次はどこを目標にしますかね。

秋華賞へ出走した2頭については、写真と一緒に別エントリーに。







Comment:0
back-to-top