FC2ブログ
2019
01.07

冬の飛騨路・今年もよろしくお願いします♪

Category: 未分類
こんにちは♪



遅くなりましたが、今年もよろしくお願い申し上げます。
昨年は一口ブログの休止が相次ぎ、寂しい思いも。
ちょうどこのブログを始めた頃が一番盛り上がっていたように感じます。
人それぞれ事情も感情も違いますので、仕方の無いことではありますが。
私も途中、仕事が忙しくなったりで(しかも2年続けて)長期休止など挟んでいますしね。
この後もどうなるかわかりませんが、まぁマイペースでぼちぼちと続けていこうかと思っています。
引き続き、お付き合い頂ければ嬉しいです。



新年、元旦は近所の神社に初詣。
おみくじは「大吉」でした♪
それから4日、5日は岐阜県の飛騨古川の料亭旅館 八ツ三館さんへお泊りに行ってきました!
創業は安政年間。
建物は国の有形文化財にも指定されている歴史あるお宿です。


八ツ三館


国道41号を北へ進めば3時間半~
しかしながら出発が少し遅くなってしまったので、今回は高速道路利用です。
東海北陸道の飛騨清見インターから車で20分ほど。
予想よりも積雪少なく、チェーンの出番はありませんでした。(スタッドレスタイヤでOK)

飛騨古川は映画「君の名は」で、そのロケ地(アニメのモデル地区)が有名になり、一時はかなりの観光客で賑わったようですが、そのブームも一段落し、落ち着いた静かな雰囲気でした。
有名な水路の鯉たちも冬篭りのため、3月末頃まではお留守です。


15468391020.jpeg

15468390630.jpeg


その昔、飛騨地方の農家などの娘さん達が諏訪地方の製糸工場へ出稼ぎに向かった「女工哀史」を描いた映画「ああ野麦峠」の舞台にもなった土地。
この旅館は実際に出発の際に集合場所、宿泊所として使われたそうです。
建物はその当時のものを残しながら、中は改装も施されていて、古き良き部分と現代のモダンさが上手く融合しています。

今回宿泊したお部屋は「石林の間」といって、かなり広めの次の間、お茶室つきの部屋。
こういった純和風のお部屋もあれば、洋室にリニューアルされたコンパクトなお部屋もあります。
客室は全部で21室。
それぞれが趣の異なった内装ですので、その度に違うお部屋に泊まるのも良いですね。


15468389620.jpeg

15468394370.jpeg


料亭旅館なだけあり、お料理は品数多く、凝った内容の創作(懐石)料理でした。
個室でいただくので、ゆっくり堪能できます。


15468390050.jpeg


朝食は朴葉味噌や虹鱒の一夜干など、飛騨地方らしいお料理が並びます。

お風呂は内湯が二つ(男女別)と露天風呂(2つずつ)と貸切の小さめのお風呂が二部屋。
午後7時まではサービスの冷酒も露天風呂で楽しめます。


15468390280.jpeg


窓の外は雪景色。
一晩でかなり積もったようです。
冬の飛騨路はこうでなくては、というような良い雰囲気になりました。
正面の川には枝垂桜が多く、桜の季節はまたすばらしい景観になるのでしょう。
また違う季節にもぜひとも再訪したいと思わせる、おもてなしのお宿でした。


飛騨古川 料亭旅館 八ツ三館
【公式HP】 https://www.823kan.com/ 






スポンサーサイト
Comment:2
2017
12.31

今年もありがとうございました♪

Category: 未分類
今年もあとわずかになりました。


やり残したことは沢山…
ブログもなかなか書けず(苦笑)
この後また早めにUPの努力をします。

来年も引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。


Comment:14
2017
10.25

馬なり収集品~幸せのシンボルモチーフ♪

Category: 未分類
こんにちは♪



また週末は台風が到来予定とな…
どうなっているんでしょうかねぇ。。
これも地球温暖化の悪影響ですね。

前エントリーで、ヤエノムテキさんから前向きなアドバイスを頂き、気分転換(ストレス解消)に早速購入!!
って、ことではないのですが、、(笑)

私の 「馬なり収集品」 なるものをひとつ。
(ヤエノムテキさん、お題はそのまま使わせて頂きました^^)
もうずいぶん前に購入したお品(ネクタイ)です。
競馬を始める前からずっと大切にしてきた小物。
馬柄が最高に可愛くて大好きです。


15089150990.jpeg


実物は品のあるカーキグリーン…画面上は色味が上手く再現されないのが残念です。
Franceのブランドですが、こちらは馬具で有名なあのメーカーのお品ではありません。
デザイナーの幼少時のニックネームCOCO(鶏の意を捩った)をデザインした、ブランドマークのダブル“C”…
馬好きには蹄鉄をクロスしたようにも見えますね(笑)

馬は西洋の歴史上欠かすことのできない存在であり、また現代の生活においてもそれは同様。
何ともうらやましい環境です。
ヨーロッパのブランドでは、こういった動物や植物モチーフがデザインに頻繁に使われています。

西洋では幸せのシンボルとされるカエルやミツバチ。
馬の蹄鉄、麦の穂にテントウムシ。
そういえば、ミルコ・デムーロ騎手のトレードマークがテントウムシですね。
某クラブの勝負服、水色にテントウムシ柄…ではなく、「お蚕さんのまゆ」でしたっけww(苦笑)







Comment:2
2017
01.01

新年のご挨拶♪

Category: 未分類
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



すべてのお馬さん達の無事と活躍を祈りつつ。
楽しい時を共有できればと思っております。



お節料理2017


お節料理、作りました~(*^^*)







Comment:30
2016
05.25

近場ドライブ・御岳自然湖へ

Category: 未分類
おはようございます♪


週末から中部地方はどんどん気温が上がり、3~4日ほど夏日が続いていました。
お部屋に居ても体温が上がる~~(--;)
まだ扇風機さえ出していないのに…
一昨日なんてお風呂上りについクーラーつけちゃいましたw

今朝は雨…体の方もほっと一息、少し休まりそうです。


さて、4月、5月は春のクラシックシーズンと言うのに、ブログの更新は遅延中です。
そんななかでの、今年のゴールデンウィーク。
人混みは苦手なので、例年は家で大人しくしているのに、今年は珍しく遠出をしました。
前半は和歌山~三重県を回り、後半は岐阜~長野県へ。

(競馬の話ではないのは恐縮ですが、日記代わりに記事をUPしておきたいと思いつつ、、、
早くUPしないと、だんだん記憶が薄れていくw)


とりあえず記憶に新しい、後半の岐阜~長野県おでかけ。
向かったのは、御嶽山の麓にある「御岳自然湖」です。
ここは1984年(昭和59年)の長野県西部地震の際、王滝川が土砂で堰き止められて出来た自然湖です。

中央道、中津川インターを下り、国道19号を長野方面へ。
いくつかの道の駅に立ち寄ったりしてののんびりドライブ。
新鮮な取れたて野菜・果物や、バラやハーブの苗(農家直売なので安い!)、地元の美味しい特産物などをちょこちょこ購入。
片道約3時間の道のりです。(帰路はオール下道3時間半でした。)
道の駅 木曽福島を越えたら左に入り(県道20号)、御嶽山方面へ進みます。
(先に道の駅三岳があります。)


DSC_1172-02.jpeg


5月の初めでしたが、まだ桜がちらほらと残っていて、芽吹き始めた新緑と重なり美しい景色が広がります。
この辺りの川やダムの水は、アルプスからの雪どけ水でとても澄んでいます。
何と言うか、独特のブルー…エメラルドグリーンなんです。
(↓周辺地域、阿寺渓谷の“阿寺ブルー”も有名です。画像は以前訪れた際に撮影したもの。)


阿寺渓谷


一般的に「綺麗」「透明感抜群」という他の地方の河川を訪れても、なかなかこの水の色に勝るとは思えないですねぇ。
確かにどこも綺麗なんですが、この辺りの水とは何かが違うなぁと感じます。
この独特の水の色は、周辺に温泉が多く湧き出しているので、鉱物の含有量などの関係かもしれませんね。


DSCN0455.jpg


途中の牧尾ダム周辺では、野生のニホンザルの集団が。
ここのおサルさんたちは、食べ物を求めて襲ってくる、なんてことはしません。
山の斜面と川を行ったり来たり、餌場を移動していました。
桜の木に登って花や実を食べているサル、子ザルを抱えた母ザルなど、かなり頭数も多く、集団で移動していました。

ダムの奥、途中山へ登る道路(御嶽山山頂へ)と、川沿いへ下る道路(県道256号)へ分かれますので、左に進み川沿いの細い道を行きます。
しばらく進むと(一本道)トンネルなどがあり、ますます道は細くなります。
いくつかカーブを越えると、自然湖に到着します。


aviary-image-1462372007659.jpeg


立ち枯れた木々がなんとも独特の雰囲気を醸し出しています。
自然が作り出す景観はすばらしいですね。
ここは一年中いつでも自由に訪れることが出来ます。
しかし冬場は雪が深くなるので、かなり雪道運転に慣れた方でないと注意が必要です。(もちろんスタッドレスやチェーンは必要。周辺は冬季通行止めの道多し)
それぞれの季節が美しいのですが、おススメは「新緑の季節」「紅葉の季節(日によって朝霧も)」だそうです。
(湖のほとりでは、おんたけアドベンチャーというアクティビティ会社があり、カヌー体験もできます。(要予約))
ゴールデンウィーク中でしたが、人影はまばら。(と、いうより誰もいませんでした。午後3時頃でしたので。)
車は道の脇、少し広くなっている場所に2~3台なら駐車可能です。(2ヶ所ほど)

おんたけ王滝のHP

山はいいですね。
空気も美味しいし、のんびり心が癒されます。
そして立ち寄り湯も充実、地元の美味しいものも食べられます。
お天気が良ければ、帰路につくころには満天の星。

北海道で大自然と馬に癒されるのに似ていますね(笑)
来月の本家ツアーの前日、レンタカーを借りてドライブのプランを立てています。
ちょうど生うにの解禁シーズン(6月~8月)なので、ぜひうに丼を食べに行こう~!!







Comment:4
back-to-top