--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.16

京王杯SC&都大路S 予想

Category: 競馬
こんにちは。


帰宅しました~
ギリギリですが、予想を。。。

今日は熟考できていないので、さらっと買います。



東京 11R 京王杯SC

◎ 15.ヴァンセンヌ
○ 13.ダイワマッジョーレ
▲ 17.クラリティシチー
☆ 11.サクラゴスペル
△ 9.サトノルパン
穴 7.ダンスアミーガ

出遅れなければ、ダイワマッジョーレ。
そういう意味ではヴァンセンヌに期待♪
上位3頭だけで良い感じもします。



京都 11R  都大路S

◎ 11.グランデッツア
○ 2.エイシンヒカリ
▲ 1.マウントシャスタ
☆ 9.マックスドリーム
△ 3.タガノグランパ
穴 4.シャイニーガール

グランデッツア、がんばれ。
エイシンヒカリも楽しみ♪






Comment:0
2015
05.15

社台・サンデー・G1価格発表・ドラフト準備

Category: 一口馬主
おはようございます。



amazonで注文したGallop増刊・丸ごとPOG2015-2016 が届きました♪
出資馬ではやはりディープインパクト産駒のパーシーズベスト(パーシステントリーの13)の扱いが一番多かったですね。
産地馬体検査のDVD、楽しみにチェックします。
(出資馬:パーシーズベスト、マキシマムブレイク等)
あとはダート馬なのに、東サラで出資しているレッドゲルニカ(エポカブラヴァの13)の名前があったのには驚きました。
藤沢厩舎のコメントのところだけでしたけどね。
POG的にはあまり注目されないダート馬ですが、動きが良くて至極順調なので、実は密かに期待している馬。
夏の北海道でのデビュー予定だそうです。
このまま順調に~



さて、昨日は社台・サンデーの募集馬の価格発表があり、一口馬主ブログではその話題でもちきりでしたね。
私は今年がドラフト初挑戦なので、昨年からの価格比較はよくわかりません。
まぁこんなものかな~といった感想。
リッスンの14の1億5000万には、さすがに「おおーっ」ってなりましたけどねw
気になるところでは、マジックストームの14。
ラキシスと同配合、全妹6000万円(一口150万円)です。
ブエナビスタの14が7000万、ラヴズオンリーミーの14が5000万というのは、意外に良心的価格のようにも思いました。
もちろんこれが400~500口クラブなら、一口の出資額は10万~17.5万前後になるわけですから、迷わず突撃なんでしょうけど、40口ともなると、その後の維持費や保険代など、諸経費諸々を含めての検討になります。
そのあたりを考慮すると、予算的には100万以下を狙わざるを得ません。
馬代をギリギリで支払い終えても、そのあとに続いていく維持費等、また他のクラブ、先々のドラフトなどを楽しむことを考えたら、無理しても良いことはひとつもないと思います。
そういう良血は、余裕で出資できる馬友さんにお任せして、私はPOG指名&純粋に応援で。

「予算」という厳しい括りがある以上、価格発表がないことには、どうにも検討すらできなかったわけですが、ようやく昨日発表がありましたので、早速ピックアップ作業を始めました。


DSC_0152-01.jpeg



PC画面では見難いので、まずはクラブごとにプリントアウト~
それから、両親を確認して、良さそうだと思った馬に「生産牧場」をメモ。
この時点では出資ボーダーの100万くらいまでの馬にもチェックを入れています。
カタログとDVDが送られてきたら、忘れずにチェックするため。
有名どころは価格がとんでもないけど、忘れずにチェックはすると思います。
勉強としても、良い馬はしっかり見ておかないと。
反面、地味に(個人的に)「いいかも」と思うところは、うっかり見落としそうだから…
(痺れる程欲しければ、再検討あり?の余地を残す意味で。その場合は他のクラブはみんな諦めになるので、その価値勇気があるか否か)

大事なポイントである厩舎については、まだ詳細は後日発表。
関東・関西・地方のおおまかな振り分けはされているので、今から確認。
この「小出し戦法」がスゴい(苦笑)
ずーっと目が離せず、どれにしようか考えるワクワク期間を設ける商法w
とてもたくさんの募集数なので、カタログとともにどーんと一度に発表されちゃうと、その時の“インスピレーション”思いつき=電撃結婚になりがち→失敗・後悔を未然に防ぐためか?(笑)
よーーーーく考えて申し込んで下さいね、みたいなところかな(^^;)

それでも、実績なし、最弱の立場の「新規さん」なので、ドラフト攻略なぞは欲しい馬に突撃あるのみ!
実績を積む必要性が出てくるとそうも言っていられないのだろうけど、運試しのつもりで参加しようと思います。
外れたらまた来年~~に。
夏~秋にかけての現所属クラブのドラフトもあるので、ダメならそこで10口でもいいわけで。
ちらほら聞こえてくる、各クラブの募集予想馬にも魅力的な字面もあり、今年のドラフトテーマ“少数精鋭”の決心が揺らぎそうです。

昨晩チェックを入れた馬は

社台 12頭(そのうち実検討できそうな馬10頭)
サンデー 14頭(7頭)
G1 7頭(3頭)

社台Fの不調や追分産の現状を見てしまうと、できれば無難なノーザンファーム生産で選びたい気もします。
最近の活躍、台頭は素晴らしい。
馬を見定める眼はプロ中のプロ、確かです。
ですから、値付けはそのまま馬の評価に反映されていると言っても過言ではありません。
そうなると、やはりNF提供が多い、サンデーレーシングが堅実なのでしょうか。
人気もすごそうだけど。。。
私の好みが他会員様と若干ズレているといいな(苦笑)


んん~?これってなんかあの時と似てる…
この検討時間そのものが無駄、っていう…
どうせ当らないとは思うけど…


キャンセル募集www(オールではずれました)

いやいや、これは相馬眼を磨く上での良い勉強になります!
皆々様のご健闘をお祈りいたします(笑)




いつもありがとうございます。
おかげさまで上位キープ中です♪
お手数おかけしますがよろしくお願いします。
↓↓↓



Comment:2
2015
05.14

私的・POG指名馬における反省メモ(2014-2015)

Category: POG関連
こんにちは。




心配した台風の被害もほとんどなく一安心。
皆様の地域は大丈夫でしたか?
昨日に続き、今日も五月晴れです!
気温もぐんぐん上昇しての夏日~

取り入れた洗濯物の上に小さな何か動くもの…






クワガタ!!


コクワガタの♂でした。
もしかしてもう羽化してきちゃった?

昨年のカブトムシは繁殖がうまくいかず、今年の幼虫数は0。
(それまでは3年連続で繁殖していました。)
やっとプラケをお片づけできる~とおもった矢先…(^^;)
もちろん腐葉土マット、朽木、昆虫ゼリーは常備していますので。
(逃がせばいいのにww)
とりあえず、朽木の陰でお休み中です。



で、POG本。
今年の指名馬をセレクトする前に、まずは昨年の復習から~と昨年のPOG本を開いてみました。
馬体写真…指名した馬はそこそこ活躍しています。
(リアルスティール、ベルラップ、アヴニールマルシェなど)
でも、記事に大きく取り上げられている馬のほとんどは、、、
どちらかというと、残念な結果の方が多いかも。
デビューさえしたのかどうか、なレベルですねぇ。
良血馬はまずまず1勝以上~さすがに「血」の成せる技。

最高に持ち上げられてダメダメだった(失礼をお許し下さい)馬の代表といえば…
言うまでもなくトーセンゲイル(パーシステントリーの12・父ディープインパクト)でしょうね~
出資馬のパーシーズベスト(パーシステントリーの13)の全兄です。(しかも“全”兄w)
いや、これはPOG期間という設定において。
まだ3歳未勝利戦は続きますし、一つでも勝ち上がる、または地方を経て中央に帰ってくる→古馬になってから活躍、ということもあるので、あくまでこのPOGのゲーム期間において、ということにしておきます。
それでも某POG本の「イケてなかった馬列伝」には、必ずやエントリーされることでしょう(未確認)。

前評判は本当に怖くて、あそこまで鳴り物入りで「良い!」「良い!」と言われると、そういうもんかな~と思ってしまうもの。
今もう一度見直してみると、馬体だけに関して言うと、結構酷いですよ(関係者の皆様、本当に申し訳ないですw)。
前が勝っているので、トモが完成したらスゴイことに、とありましたが、勝っているほどの前も無いし、それ以上に貧弱なトモと全体のバランスの悪さ。
首周りが細過ぎます。
POG本をお持ちの方は、ぜひ見直してみて下さい。
まぁ走らなかった結果を見て、後からなら何とでも言えるんですが。
それでもあの状態(十分に成長、調教がままならないまま)でレースに出走させた厩舎の方にこそ、問題はあると思っています。

トーセンゲイルは指名しなかったのですが、かなり期待して指名するも、意外に期待外れだったのはクロイツェル(ファーストバイオリンの12・父マンハッタンカフェ)ですかね。
血統も、馬体の雰囲気も(ちょっと細めだけどマンカフェらしくもあり、皮膚の薄さなど上品な良い馬と思いました)良かった。
厩舎は須貝さんと人気厩舎。(牝馬はダメだけど牡馬はOK)
デビュー戦は2着(その時の1着がシャイニングレイ)とすぐに勝ちあがれそうな雰囲気も、その後なかなか勝ちあがれず。
ひとつ歯車が狂うと、負の連鎖が続くというか…そろそろ勝ってもらわないと。。。お高い馬ですしw
とりあえず、来週のダートを予定しているようです。
前年の指名馬・雨男ならぬ雨牡馬エーデルグランツ(フォーシンズの11・父ディープインパクト)とキャラがめちゃくちゃ被るんですよねw
(同厩舎・馬体も好みだった=こちらは3歳スーパー未勝利戦勝ち、現在500万以下クラス・レースはほとんど悪天候w)
どちらも<毎回、応援馬券を買うほどに>応援しています(苦笑)

それと、ブリーズアップセールでの調教の動きがすばらしかったサウンドアラムシャ(メジロレーマーの12・父ハーツクライ)
デビュー前の早い時期に完成され過ぎてしまったのか、まったく良いところが無く二桁着順にて低迷しております。
厩舎は…だったので、やっぱり勝てないなぁ、という感想です。
父ハーツなので、古馬になってから、という見方もありますが、「一つ勝たないと」お話になりません。

そういえば、クローディオ(シーザリオの12・父ハービンジャーもまだ勝っていないですね。
こちらはギリギリ間に合いそうかな?(前走:5/9(日)未勝利戦3着)
厩舎は石坂厩舎ですが…どちらかというと牝馬に活躍馬が多いイメージです。
母シーザリオはエピファネイア(父・シンボリクリスエス)以外、目立った活躍馬がいませんね。
下は続けてキングカメハメハの牡馬ですから、少し楽しみではあるんですが。
リオンディーズ(シーザリオの13)

他では、アールブリュット(イクジビットワンの13・父Makfi)(戸田厩舎)→早期に新馬勝ちもその後、大切に使い過ぎ(放牧)→出てきてアルテミス7着後骨折(TT)療養中です。
今更ですが、デビュー後、調子の良いうちにポンポンともう一つ勝ってクラシックへ、の方が良かった気も。
(馬の調子や成長、ローテについては外野が文句言う立場じゃないので、あくまでたらればの域です。)
キャロットCで残っていた馬で、鮮烈デビュー…毎年1頭は開けてびっくり(育成の方たちも驚くような)な馬がいるのが、キャロットCの凄いところ。
今年のまだ売れ残っている馬にも、もしかして…?
アールちゃんは復帰に向けて、もうそろそろ乗り出しているのかな、頑張ってほしいですね。

ペガサスボス(ファイトガリバーの12・父ディープインパクト)は、新馬勝ちを決めるも、ローテや騎手選択がスムーズでなく、クラシック戦線に乗り損ね。
思ったよりも切れる脚がなかった。
それでも白梅賞2着や毎日杯出走7着など、そこそこ頑張っているし、POG的にはイマイチ稼げずとも、自己条件からこつこつ走って、長い目で見れば。
現在療養中も復帰したら応援したい。

3歳で、残念ながら引退しちゃった指名馬では、ディープフォルツァ(チナンデガの12・父ディープインパクト)
新馬戦は、アヴニールマルシェの3着、ちなみに5着はベルラップ。
新馬戦からの3戦は惜しい競馬(使い詰めの感も多少あり…すぐにでも勝てそうだったからなぁ~)。
休養明けのレースでは2度の鼻出血、結局早々に引退。
厩舎のレース選択、騎手起用などにも、クラブ会員(グリーンF)のストレスはあったかと思います。
勝てそうで勝てないもどかしさを一番感じた指名馬でした。
このところ不調の社台F生産馬。(お高い馬が軒並み…ですねw)



…ということで、昨年のPOG指名馬についての反省含め、見直しで勝手な意見を述べましたが、関係者の皆々様、本当に申し訳ありません。
失礼を承知で、書かせて頂きました。
あくまで個人のメモ、備忘録としてです。
(メモにしては、、、長い)


いや、本当はPOG含め、出資馬を選ぶのに、面白いコラムを見つけたので、それについて書こうと思ったんですが、前置きが思いのほか長くなってしまった。
前置きじゃなくなったので、また次の機会に。

馬はみんな頑張っています。
それに関わる皆様も。
十分わかっているのです。
それでもやはり、誰の目にもはっきりとわかるかたちで結果を残さないといけない。
勝負の世界はとても厳しいですね。
♪ナンバーワンにならなくても良い~♪とは、いかないのです(ちょっと古いw)





応援クリックありがとうございます♪
こちらは“ナンバーワン”にならなくてもいいのですが(笑)
更新の励みになりますので、よろしくお願いします(*^^*)
↓↓↓




Comment:5
2015
05.12

Gallop臨時増刊・POG本追加購入しました!

Category: POG関連
こんにちは。



台風の進路が気になる午後。
今夜から明日の未明にかけて、中部地方に接近。
場合によっては上陸…進路予想図見たら、直撃コース!(><)

季節はずれの台風は本当に困ります。
(もちろんいつ来ても嫌ですけど)
5月の庭、と言ったら一年で一番というほどのお花や緑が綺麗な時季。
とくにバラの開花シーズンなんですよね。
台風に備えて、朝のうちにカット~綺麗なままで残りはお部屋で楽しみます。


DSC05681-01.jpeg


今週末は緑化植物園で「バラ展」も開催されます。
バラ会の会員なので、週末は搬入・撤去のお手伝いに行ってきます。
この撤去の時間が日曜日の午後3時~
ちょうどメインレースのパドック&レース時間とかち合うのです(涙)
ヴィクトリアマイルは先に馬券購入となりそうですね。

残すところ今年の春のクラシック3歳戦もあと二つ。
来週末のオークスと翌週のダービー。
ダービー終了後はいよいよ2015年度のPOGも開始です。
早いところはもうドラフトも始まりつつあるのですが、有名どころの「自由指名」はダービー終了後の金曜日(6月5日)締め切りのところが多いようです。

いつものように、JRA-VANnetkeibaのPOGは参加予定です。
この二つは賞品も豪華ですしね。
2年前に馬友さんが両POGで優勝されて、あわせて現金60万円でしたっけ?を手にされておりました!!
それと賞品はありませんけど、強者揃いのPOGスタリオン。
馬を選ぶ勉強や良い情報収集のきっかけとなるので参加します。
(こちらは仲間内グループと、ほかの公式戦3~4つ)
あまり多くても面倒だし、時間も取れないから、これくらいが妥当でしょうか。

今年のPOG関連書籍は先日最強のPOG(青本)を購入し、競馬王のPOG(黒本)とPOGの達人(赤本)も立ち読みしてきました。
後者ふたつは今年は買わなくてもいいかなーと。
内容はそれぞれに興味深い記事もありましたが、結構高価ですしきりがないので、毎年2~3冊に収めています。
ですが、もうひとつ、どうしても気になっていたのがこちら↓


ギャロップPOG

丸ごとPOG2015~2016 (週刊Gallop臨時増刊)


近所の本屋巡りをするも…どーっこにも置いていない。
表紙のユキチャン13に出資していれば、速攻買いなんだけど、していないしw
見出しの吉田一族の対談も気になるし。。。
そうこうしているうちにamazonでも「売り切れ」と聞いたので、焦って確認。

一昨日、追加で在庫補充されたらしく、「在庫17冊」の表示→昨日朝「在庫8冊」。
なんだ~まだ大丈夫かな??って、帰宅後に再度確認したら…
なんと「売り切れ」!!!※入荷予定(7~12日配送期間)あり

やっぱりさっさと注文すれば良かったと後悔。
直接出版社(新聞社)に現金書留を送る注文方法(送料無料)もあるけど、それも手間が…
(現金書留の送付料&手数料はかかるしw)
そうしましたら、さっきamazonに再々入荷がありました♪
※現在15冊、あっと言う間に13冊…購入予定の方は、一応急いだほうが良さそうです。

何が一番欲しいって、“産地馬体検査のDVD”ですよ~。
出資馬のパーシーズベスト(パーシステントリーの13)とマキシマムブレイク(ヴァルホーリングの13)が出ているはず!(後者は聞いていないけど、出ていますかね?)
パーシステントリーの13は落ち着いた動きが良かった、とも聞いたので、ぜひ見たいです。
クラブ提供以外の出資馬の動く姿(動画)は、デビュー前のこの時期とても貴重。
(とくに牧場見学などに行く都合がつかないので~本当はすごく行きたい)
出資馬以外のほかの馬も、サンチバ=早期デビューが期待できる=POG指名候補、という意味ではぜひ参考にしたい。
と、いうことで今度のチャンスは逃さずに、早速注文しました!
明後日には届くはずですので、楽しみにしています。

明日はサラブレの6月号:小冊子付特大号“オークス&ダービー・POG大募集!!”の発売日。
そちらも忘れないようにチェック入れなくては。



いつも遊びに来てくださりありがとうございます♪
皆様も台風にはお気をつけ下さいね~
がんばれのクリックいただけると嬉しいです
↓↓↓



Comment:6
2015
05.11

東サラ出資馬近況♪

Category: 一口馬主
おはようございます。



今更ですが、先月末の近況更新の記事です。
東京サラブレッドクラブの牡馬2頭。


レッドウィズダム
(プレシャスラバーの13/父キングカメハメハ・加藤ステーブル育成)

レッドウィズダム4月末

15.04.30

(加藤ステーブル)
マシン運動40分、常歩2000m、ダク1000m、ハッキング1000m、キャンター2500m、坂路調整。馬体重530キロ。
引き続き坂路ではハロン20~18程度、ダートコースでは22~20秒程度のペースでじっくり乗っています。騎乗していて実感できることは、乗り込み量に比例して気配や動きが良くなってきた点と馬体の良化、すなわち実が入って芯からしっかりしてきているということですね。2歳のこの時期の調整過程においては課題らしい課題もなくとても順調です。ただ、前回も申し上げましたが、欲を言えば坂路など短い距離なら自らハミを取って一気に走り切ることができるのですが、ダートの長めの調教だと、出だしの勢いが終いに向かうに連れて落ち着いてきてしまう傾向にあります。そのあたりが課題といえば課題でしょうか。とはいえこれは、現役競走馬と2歳のこの時期の馬の基礎体力レベルの違いでもあるので、問題視することではありません。このまま乗り込みを続ければ、おのずと平地の長めの距離でも走り切る体力が付いてくるものですよ。


相変わらずの順調さ、ありがたいです。
POG本にも掲載され、スタッフ投票で今年の2歳一番の高評価。
「乗り味の良さは抜けている」との“絶賛”コメント~期待が大きくなり過ぎるのも…(苦笑)
加藤ステーブルさんはあまり馴染みのない育成場でしたので、どうかと思っていましたが、大切に扱ってくださっているようで安心しています。
あとは、結果がついてくるかどうか、ですね。
これまでの育成管理馬は、フミノイマージンやクロフネサプライズなど。
(私の好きだった女の子たちです。)



レッドゲルニカ
(エポカブラヴァの13/父カジノドライヴ・ノーザンF早来育成)

レッドゲルニカ4月末

15.04.30

(ノーザンファーム早来)
現在、週3日は角馬場でのダク・キャンターの後、屋内坂路コース800mを週1回ハロン16秒、週2回はハロン15秒のペースで登坂。週2日は屋内周回コース2000mをハロン20秒のペースで乗り込み、週1日は角馬場でダク・キャンターを行っています。スピードの持続力に優れたタイプで、調教ではスタートからしっかりとハミをとり、最後まで脚色が衰えない力強い走りを見せています。相変わらず飼葉の喰いは良く元気いっぱいです。暖かくなったこともあり、馬体の太め感が少しずつ解消されてきました。これからさらに動きやすい体つきになった時にはどのような走りを見せてくれるか、とても楽しみです。馬体重は540キロです。


こちらはダート血統なので、POG本にはあまり取り上げられていませんね。
藤沢厩舎ですが、父が由縁の血統、代表産駒になりうるのでは、ともう一頭のカジノドライヴ産駒(サセッティの13)とともに注目されています。
育成は早来、一番早いグループにいますので、夏の北海道デビューが期待できそうです。
この子の調教動画はなかなかで、好きな走り方。
東サラさんは動画の更新があまりないのですが、他のクラブの他の馬の横に結構写っています。
(シルク、キャロットの早来育成の子と一緒の坂路動画)
お顔に特徴(そばかすが可愛い♪)があるのですぐわかります(笑)





Comment:0
2015
05.10

今週の馬券結果♪

Category: 競馬
こんばんは。




今日は的中しましたーーー!!!
(相変わらず100円ずつですがww)

NHKマイルカップ

マイルC7-9

マイルC9-12


ほぼ予想通り、典ちゃん最高です♪
父クロフネ、親戚に第1回NHKマイルカップ優勝馬のタイキフォーチュンと、振り返ってみれば“ここでこそ”の血統馬でしたね。
中団~前目につけての最後の伸び。
ゴール前で逃げるアルビアーノを差して優勝、の予想通りのレース展開。
予想と違ったのは、3着がアヴニールマルシェでなく、ミュゼスルタンだったこと。
3着アヴニールマルシェの予定で、3連単も少し買っていたので残念。
それにしても惨敗と思われたあの位置からよく4着まで上がってきましたね。
体調や調教…騎手など考えても「血統・素質」の成せる技はスゴイの一言。
裏を返せば、取り巻く環境に恵まれなかったか。
何もかも少し違えば、世代最強になってもおかしくない馬だったのに。
不運としか言いようがないですね。
(私も1頭ここへ預け予定の出資馬がいるんですよねwここまでの良血馬じゃないから、ストレスもアヴニールマルシェ出資者の皆様の足元にもきっと及びませんが…ダートだし。。。ダート使ってくれるのか?)

アルビアーノはよく頑張ってくれました。
一番最初の予想が、アルビアーノ本命にしようかと思っていたので、初心に帰った馬券を買いました。
馬連と迷って、気弱にワイド(苦笑)
滅多に買わないワイド馬券なのに、この辺がNHKマイルカップの苦手意識全開です。
掲示板は5番人気までの決着で、私が的中できたのもまず堅く決まったからでしょうね。
若干配当は美味しかったですが♪


昨日の京都新聞杯は、上位予想のまま1~4着。
(◎4着・○1着・▲2着・☆3着)
しかし軸にする馬を間違えました。
ボックスで買っておけば間違いないものを、絞り過ぎてw
予想は的中しましたが、馬券は撃沈です(悔)
◎トーセンバジル以外は父・ディープインパクト。
なぜ軸に父・ハービンジャーを選んだのか…大きいところは勝ちきれないイメージって、自分で言っていたのに。
ちなみに父・ハービンジャーには1頭出資済みです。
女の子なので、せめて桜花賞トライアル2~3着を目標に頑張ってほしいなぁ。

来週はVMですね。
それとオークスの方の出走登録も気になります。
ルージュバックの巻き返しなるか…というより、どの位のオッズになるのかが興味がありますね。
体調が万全にまで戻るのかがカギとなりそうですが。。。
その後にはいよいよダービーも近づいてきて、今年のクラシック戦線も大詰めです。
ダービーは本命、対抗あたりは大方の目星をつけています。
こちらはあの馬が巻き返してくると思われます。
楽しみです。


いつもありがとうございます♪
今日は「母の日」でしたね(今年もお言葉だけ?と母に言われましたw)

馬券と更新がんばりますーよろしくお願いします。
↓↓↓




Comment:0
2015
05.10

NHKマイルカップ(GⅠ)予想♪

Category: 競馬
こんばんは。



いつもよりもちょっと早いですが、明日のNHKマイルカップの予想を。
事前にお断りしておきますが、このレースは相性が悪くてw
良い思い出がありません。
そこそこ荒れるレースなので、基本堅い路線の私の予想では的中しないのかも。
「馬単」中心の買い方とは変わってきているので、3連系の馬券ならかするかな。。。
…と、いうことで超・弱気予想です(苦笑)



東京11R  NHKマイルカップ(GⅠ)

◎ 7.クラリティスカイ
○ 1.アヴニールマルシェ
▲ 10.アルマワイオリ
☆ 12.ミュゼスルタン
△ 2.グランシルク
△ 9.アルビアーノ
△ 11.ヤマカツエース



普通に強敵相手の格上レースを戦ってきた馬を選びました。
1600m以上の勝ち馬で、できればGレース絡み。
実力のある馬がそのまま勝つと思います。

本当なら、アヴニールマルシェを本命に推したいくらい、血統や実力は抜けていると。
しかし、何このローテーション…3ヶ月休み明け、ばかり。
厩舎が厩舎なだけに、、、
2014年度のPOG指名の大本命で、昨年の今頃はダービーへ行くものとばかり思っていましたww
実際に出資されている方々は、さぞもどかしい思いをされていることでしょう。
(人気も凄まじく、出資権利を取るのも大変な馬でしたものね^^;)
せめてここでは好成績を残してもらわないと、納得がいかないですよね。
上がりも優秀ですし、3着以内は堅いと踏んでいます。

怖いのはクラリティスカイの横山典弘騎手。
何かやってくれそうです。
同じ距離・コースを走ったいちょうステークスの1着が光ります。
ネオルミエール(POG)を本命にしていて敗れた時の思い出が…
あの時、この馬は強い!って思ったんですよね。
今回もう一度、あの走りを期待して。

意外と堅実なのがアルマワイオリ。
相手なりに走りそうですね、2着3着でw

現在人気しているミュゼスルタンは、新潟2歳Sでの優勝(2着アヴニールマルシェ)が買われているのかな。
考え方によってはこの“新潟2歳S時が頂点”のような気もします。

アルビアーノは3戦3勝無敗ですが、牝馬相手のレース。
それも一級戦線の牝馬ではないですよね~
今回のメンバー相手にどこまで逃げが通用するか…

ヤマカツエース、距離が1400mまでがベストと見て。
小回りコースなら1600mも許容範囲ですが、東京の最後の直線はスタミナ切れになるのでは。

同じ意味で、グランシルクは東京コースが向かないと思い、評価を下げました。
出遅れてあそこまで迫ってくる伸びはすばらしいですが、今回は。
あとは今までのレースの相手関係から、ですね。

上位4頭までのボックス買いが無難かと考えています。
(京都新聞杯はそれで失敗したからw)
当日の馬体重を確認して、増加傾向にある馬、または減り過ぎていない馬を狙いたいです。

はぁ~~~
当る気がしない。。。
予想は当るけど、馬券の方が。



いつもありがとうございます♪
更新のがんばりになります~クリックお願いします(*^^*)
↓↓↓




Comment:2
2015
05.09

京都新聞杯(GⅡ)予想~♪

Category: 競馬
明日のNHKマイル杯は、どーも相性が良くないので、今日の3歳戦
京都新聞杯 できっちり当てたいところです(^^;)



京都 11R  第63回 京都新聞杯(GⅡ)

◎ 3.トーセンバジル
○ 4.サトノラーゼン
▲ 2.ポルトドートウィユ
☆ 15.アルバートドッグ
△ 12.シュヴァルグラン
△ 10.スワーヴジョージ
△ 1.ダノンリバティ



上位の馬◎~☆までとその下の馬では、力の差があると思っています。
ポルトドートウィユはダービー出走可能程度にがんばるとみて、3番手評価としました。
最近は武豊騎手の勝ちイメージもあまり湧かなくなってきているので、3着までかな。
本当はPOG指名馬なので、がんばって欲しいのですけれどね。
逆に言えば、ポルトのデビューからここまで一レースごとにしっかり見てきて、勝ちきれない馬のような気もしています。
賞金加算を狙う勢いから言って、他の馬の方が先着しそうです。

△以下からの中穴押しはスワーヴジョージかな。
迫力のある馬体に調教の反応も良かった。
シュヴァルグランは首の使い方が上手く柔らかい走り。
レースごとに良くなってきていると思います。
こちらもPOG指名馬にて応援します。
大好きなキンカメっ仔からはダノンリバティ…再内枠と距離がどうか。





Comment:2
2015
05.09

2歳早期始動組♪

Category: 一口馬主
こんにちは。




連休明けに近況更新がありました~
まずは早々に本州へ移動していた シルクのレーヌドコロール(シャルマンレーヌの13)


シャルマンレーヌの13 5月

2015/05/07 <所有馬情報>

レーヌドコロール
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:角馬場でハッキング、坂路でキャンター 7日にゲート試験合格
次走予定:未定

角田師「ゲート練習を重ねる毎に出の反応も良くなってきたので、今朝ゲート試験を受けました。ゲート中で落ち着きない所を見せたものの、2回ともしっかり出てくれたので無事合格することが出来ました。明日に北海道へ向けて移動することになりました。まだ全体的に緩さがあって、これからの馬だと思いますが、いい走りをする馬なので、これからの成長がとても楽しみですね」

***** ***** *****

2015/05/07 <最新情報>

レーヌドコロール
7(木)にゲート試験を受けて合格しており、再調整の目的で10(日)に北海道・ノーザンファーム早来へ放牧に出る予定です。


なかなかのお利口さんで、さくっとゲート試験合格です!
いったん北海道へ戻って、デビューに備えます。
1600~1800mでの芝デビューになるのでしょうか。
厩舎が若手なので(栗東・角田晃一厩舎)正直、心配がないとは言えないのですが(私の個人的な評価)…
ぜひ上手く調整してもらって、早めに勝ち上がってくれるとうれしいな。
女の子は何といっても「桜花賞」目標ですからね。
(まだ走っていないので、今なら何とでも言える至福の妄想期間w)
同じ父×BMSダンスインザダークのロカに重ね合わせているのですが、彼女はゲートの失敗等、もったいないレースが続きました。
結果、残念ながらそれが響いてクラシックに出走が叶いませんでした。
(まだまだ秋からの頑張りには期待しています。)
父・ハービンジャーは1勝するものの、その後が頭打ちイメージがあるので、それを払拭して欲しいですね。



そしてもう1頭は、ロードのロードセレリティ(ティアドロップスの13)です。


ロードセレリティ 5月

2015.05.05
ロードセレリティは、茨城・大滝ステーブル在厩。休養。5月5日(火)に三石・ケイアイファームより移動しました。5月7日(木)に栗東・橋田満厩舎へ入厩の予定です。
・当地スタッフ 「調整が至って順調に進んでいるのを踏まえて橋田先生と意見を交換。結果、入厩スケジュールが示されています。5月4日(月)にウチを出発。長距離輸送の負担を軽減する為、茨城の育成場でワンクッションを挟んで栗東へ向かう予定です(三石・ケイアイファーム)」

***** ***** *****

2015.05.07
ロードセレリティは、5月7日(木)に栗東・橋田満厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。
・橋田調教師 「5月7日(木)にトレセンへ。体温の上昇等にも見舞われず、無事に到着を果たしています。早速、明日8日(金)より馬場へ。軽く跨って感触を確かめましょう。9日(土)には更に2頭の2歳馬が入厩予定。一緒に進めるのがベターですね」


こちらも7日の日に無事に栗東の橋田満厩舎へ入厩しました。
アドマイヤ~やスズカ~の冠名の馬を主に管理されている橋田厩舎。
(天皇賞の◎アドマイヤデウスはかかって終了w残念でした><)
クラブの管理馬の成績はあまり芳しくないのですが、ここはがんばって頂きたいところです。
個人的イメージでは、芝2000m前後適性の丈夫な牡馬。
イメージ的にはOKです。(牝馬のイメージがまるでありません^^;)
育成からのコメントでは、もう少し短め1600~1800m適性のような感じですがどうでしょうか。
のんびり育成~デビューは秋冬以降が多いロードも、今年はちょっと違っています。
ただ現・3歳世代~は怪我が多く、これからというところで戦線離脱という残念な状態です。
この2歳世代を含め、どうか皆が無事に活躍して欲しいです。


その他では、シルクのパーシーズベスト(パーシステントリーの13)、マキシマムブレイク(ヴァルホーリングの13)は4月の産地馬体検査を無事に終え、それぞれ石坂厩舎(栗東)と戸田厩舎(美浦)との預託契約が締結されています。
10頭のうち、4頭が早期始動しており、また東サラのレッドゲルニカ(エポカブラヴァの13)も夏の北海道デビュー(おそらくダート1700~1800mあたり)を予定しているようで、ここまで怖いくらい順調です。
本当にありがたいことですね。




いつも遊びに来ていただきありがとうございます。
応援のクリックいただけると嬉しいです、よろしくお願いします(*^^*)
↓↓↓



Comment:2
2015
05.06

キャロットクラブ出資馬・近況更新♪

Category: 一口馬主
こんばんは。



楽しかったゴールデンウィークも、ついに終わってしまいましたね。
あ~明日からまた日常の日々に戻るのか。
まずは「早起き」が憂鬱です。。。



先月末ですが、キャロットクラブの出資馬の近況が更新されていましたので、載せておきます。


ストライクイーグル4月末

ストライクイーグル
(ミスエアクラフトの13・父キンシャサノキセキ)

4/30  NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン16秒)のキャンター1本の調整を行っています。坂路コースでの走りは日を追うごとに良化しており、常にハツラツとした見栄えのするキャンターを見せています。馬体は徐々に引き締まり、動きにもシャープさが出てきたようにここにきて一段と上昇気配が感じられます。今後も焦らず進めていくことで良さをどんどん引き出していきます。



ヴィクトリアマンボ4月末

ヴィクトリアマンボ
(マンボスルーの13・父ヴィクトワールピサ)

4/30  社台F
現在はウォーキングマシンで1時間の後、屋外直線1000mの坂路ダートコースでハロン17~16秒のキャンターを行っています。気温の上昇に比例するように、キャンターの動きは以前にも増して活気づいており、この中間も休みなく乗り込むことができています。日々の調教やカイバがしっかりと実になっているようで、手綱や背中を通して走りの質が着実に良化していることが実感できます。今後は徐々にペースアップを図りながら調整していくことでさらなる上昇を促していきます。



ストライクイーグルは、一口馬主ブロガーさんの馬体チェック記事や、調教動画からもとても動きが良いと評判ですし、期待したいですね。
相変わらず見栄えのする体で嬉しい限り。
トモから後肢にかけてのバランスはなかなかのものだと思います。
とにかく動きがしなやか、父の父フジキセキを思わせる馬体など、楽しみな馬です。

ヴィクトリアマンボも暖かくなって良化してきました。
まだ緩さは多少残る感じですので、もう少し引き締まったトモになってくれば。
この子の素軽くかつ小気味良い走りは好きです。
社台ファームの育成で、相変わらずの時計なしの動画なのが残念ですね。
あとは厩舎の管理方針などをあまり存じ上げないので、そのあたりだけが少し気になるところでしょうか。


どちらもPOG本には、特に取り上げられていませんでしたが、順調ですし良い感じです。
良血や各クラブの由縁の血統の産駒たち中心なのは仕方ないところですねw

裏を返せば、自分の所属クラブ以外の馬、もとより個人馬主所有の馬に、秘密兵器なる良馬は山ほどいるわけで…
今年の活躍馬をみても、サトノクラウンやレッツゴードンキなどは、昨年のPOG本にほとんど取り上げられていなかったと思います。
クラブ馬にしても、残口が入厩直前まであったルージュバックがあれほど活躍するとは、誰が想像できたでしょう。
結果を見た後から取ってつけて、○○のクロスが~とか、この産駒は当り年~だのは、いくらでも言えますしね。

まぁ、走らせてみないとわからない、ってことですね。
ひとつ言えるのは、「丈夫で順調」これが一番です。






Comment:4
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。