2015
09.27

神戸新聞杯&芙蓉ステークス 予想♪

Category: 競馬
こんにちは。



シルクの応募に頭を悩ませつつ…
気分転換に久しぶりにレース予想などを。

楽しみな2歳戦、神戸新聞杯と芙蓉ステークスです。



阪神11R 神戸新聞杯 【GⅡ】

◎ 5.リアルスティール
○ 8.キロハナ
▲ 7.アルバートドッグ
☆ 6.リアファル 
△ 13.ティルナノーグ
△ 15.マッサビエル
△ 11.バイガエシ
△ 2.レッドソロモン



皐月賞、ダービー掲示板の馬として、ここは格の違いを見せて欲しいですね。
ただし何が何でも権利取りを、という立場ではないため、無理はしないと思います。

また一口馬主目線からの注目は、別路線でコツコツ勝ち上がってきたリアファル(ゼンノロブロイ産駒)や、バイガエシ(ジャングルポケット産駒)、レッドソロモン(メイショウサムソン産駒)、マッサビエル(ハービンジャー産駒)など、種牡馬としての能力、また母系の繁殖能力(マッサビエルの母メジロルルド、祖母はメジロドーベル)がどこまで。
個人的見解としてですが、ハービンジャーは母の特徴、良さを引き立て伸ばす種牡馬だと思っているので、そのあたりも気になりますね。(今年のクラシック、あと一歩手が届かずの産駒が多いので、今後の成績によっても種牡馬としての立ち位置に影響しそうです。)



中山9R 芙蓉ステークス

◎ 7.プロディガルサン
○ 3.ルノートル
▲ 9.プランスシャルマン
☆ 10.ヴレ
△ 1.ストロングタイタン
△ 5.スパーキングジョイ


こちらもPOG指名馬でもあり、良血のプロディガルサンは強い競馬を見せてくれないと困るのですが、注目はルノートル(だノンシャンティ産駒)、プランスシャルマン(ジャングルポケット産駒)、スパーキングジョイ(ヴィクトワールピサ産駒)、ヴレ(ハーツクライ産駒)。
話題の新種牡馬、ダノンシャンティは、父似の産駒が多く、勝ち方を見ていると、なにやら大爆発の予感。
そろそろ父高齢もまだまだ、とばかりに、その産駒が好成績を残すジャングルポケット(現役時代はとても好きな馬でした)。
ヴィクトワールピサ産駒は、今年の募集馬でも少し高過ぎるのでは?と思えるほどの生産者側の高評価の値付けでした。
ヴレは日高地方、浦河町の個人牧場(富田牧場さん)生産の馬ですが、全妹が今年の東京サラブレッドクラブで募集されています。(先週、満口になっています。)
この母、ストライキングヴェイル(SmartStrike)は、まさにハーツクライをつけるために輸入されたといっても過言でないくらい、ハーツと相性の良い血統の馬らしいですね。
距離長め、じっくり成長のハーツにスプリント系(スピード、早熟)をプラスした血統構成。
ミスプロ、Danzigなどが入り、よく似ているのは、ヌーヴォレコルトなど。


秋のクラシック戦線に駒を進めるのはどの馬か?も気になりますが、やはり出資するという側から見れば、どの産駒、血統が走るのか?が一番の注目点であり、楽しみでもあります。
もちろん、ひとつやふたつのレースでは、到底判断はつかないのですが、今後の出資馬検討の際に、参考にしていきたいなと思います。






スポンサーサイト
Comment:0
2015
09.25

牧場見学記♪【 ピュアウィッシーズ 】atノーザンファームしがらき

Category: 一口馬主
こんにちは。




今日の正午、キャロットクラブの1.5次募集が締め切られましたが、参加された皆様、いかがでしたでしょうか。
私は今回、最優先にて、シンハリーズの14に希望通り出資できましたので、参加資格はなし。
現在、すでに口数の少なくなっている馬の中には、気になっている子もいたりして、やはり1次募集でいっておくべきだったと少し後悔しています(苦笑)
申し込み馬の希望が全部通ったら予算オーバー…と思っても、そんなことはまず“無い”のがキャロットクラブ。
毎年わかってはいるもの…小市民にてww


さて、この連休中に、滋賀県のノーザンファームしがらきさんへ見学にお邪魔しました。
申し込み時点では、今回見学させてもらった ピュアウィッシーズ(ミリオンウィッシーズの13) と、もう一頭 レーヌドコロール(シャルマンレーヌの13) を見せてもらう予定でしたが、直前に移動になった為、見学は叶わずでした。(一度左回りを試したいとのことで、新潟開催に向け入厩しました。)

ノーザンファームしがらきさんへは、ちょうど2ヶ月前に パーシーズベスト(パーシステントリーの13) の見学で訪れたので、今回が2度目の訪問になります。
シルバーウィークの最中ということもあり、高速道路は大渋滞。
いつもより30~40分程度余分にかかり、現地到着です。


ピュアウィッシーズ9月22日


北海道から移動した後、順調にしがらきにて乗り込んで頂いている ピュアウィッシーズ(ミリオンウィッシーズの13) ですが、遅生まれということもあり、印象としてはやはり「まだまだ~」ですね。
時計など調教の進み具合ももちろんですが、馬体の方もかなり物足りなさを感じました。
競走馬としてレースに出るのは、もっとトレーニングを積んで、しっかり筋肉がついてきてからでしょう。
デビューに関しては、かなり先のお話…正直年内のデビューは厳しいかも、と思いました。

牝馬らしいピリッとしたところがあるものの、普段はそうカリカリすることもなく、落ち着いている馬だそうです。
ただ先日見学した牝馬(パーシーズベスト)に比べると、落ち着きは無かったですね。
聞けば、牝馬ではマシな方で、気性の悪い子はこんなものではないそうですw
あくまで個人的な感想ですが、あまり人懐っこい方では無いのかもと(苦笑)

調教の進み具合については、あわてて無理に調教を進める(速いところを乗り進める)と、気性にも影響するし(走ることに前向き、頑張り過ぎる傾向のある馬なので)、今から変な癖がついてもいけないので、マイペースですすめている、とのことでした。
適性、距離は芝の1600mくらいと考えているそう。
牝馬なので、それ以上の距離(2000m~)を使う、目標にする場合は、よほど力のある馬でないと、古馬になってからの番組選択が難しくなるということも理由のひとつ。
(血統などからの適性もあるので、一概には言えないが、1800~2000mメインの牝馬はそうとう期待値が高いと評価されていると見ても?)
とくにこの馬に関しては、父がManduro、持ち込み牝馬ということもありまだ未知の部分も大きい(牧場の方もはっきり予想できない)というのが現状でしょう。
背中の感触は、とっても良い馬だそうですよ。
デビューまではまだ少し時間がかかりそうですが、気長に待ちたいですね。


ピュアウィッシーズしがらき


お顔は涼しい雰囲気の美人(馬)さんでした~
可愛いショットが撮れました♪
お口が笑っているように見えます(^^)

とにかく無事に、がんばって欲しいです!
ノーザンファームしがらきの担当者さん、どうもありがとうございました。






Comment:6
2015
09.23

レッドウィズダム5着&雑感など

Category: 一口馬主
こんにちは。



連休はいかがお過ごしでしょうか。
お天気も良いですし、どこか行楽…いや3日間開催の競馬場かな(笑)

その日曜日、阪神5R新馬戦に、東サラで出資している レッドウィズダム(プレシャスラバーの13) が出走しました。
結果は5着。(少頭数でしたので、さほど誉められた着順ではありませんがw)
パドックはなかなか見ばえもしましたし、これはもしやそこそこいけるんじゃないかと思われましたが…
終始かかりっぱなしのレースでしたね。

9月20日レース後コメント(5着)
福永騎手
「思っていた以上に前進気勢があって行きっぷりが良かったですね。道中は前に馬をおいて壁を作って進めましたが、頭を上げて少し行きたがるくらいでした。2歳馬なのでもう少し遊びながら行くのかと思っていたんですけど。前で競馬をした分、直線は伸びきれませんでしたが、距離はこれくらいで問題ないですね。瞬発力がありそうな雰囲気は感じたので、もっと後ろから競馬をすれば終いにいい切れを見せてくれそうです。一度使ったことで良くなってくると思います」


レース後の福永騎手のコメントは意外にも「思ったよりも行きっぷりが良かった」「溜めて切れそう」(←え?そう?長く良い脚じゃなかったのね??^^;)
まだこの時期ですから、焦らず競馬を覚えてくれれば。
気性についても幼く、未完成という感じ。
使って良くなる、という言葉を信じたいと思います。

ここでは調教の動きも抜群だったスマートオーディンが強い競馬。
ダノンシャンティ産駒ですが、これはなかなか良さそうです。
レヴィンインパクトもなんとか格好のついた2着でした。

そして一方、中山での新馬戦の方では、 レッドシルヴィ(ダンスーズデトワールの13) が見事な新馬勝ち。
この子はルルーシュの半妹、ずっと様子見しながら、結局出資を見送った子でした。
育成牧場移動直後は、状態があまりすっきりしない時などもあり、心配したりしました。
よく頑張ったね~!!
出資者、関係者の皆様、おめでとうございました。


このシルヴィさんですが、育成は社台ファームでした。
育成牧場について、私はノーザンファーム(できれば早来)上位と考えているので、社台Fだと自分の中でマイナスポイントだったのですが…このレースで、自分のなかで幾分マイナスのイメージが和らいだような?(苦笑)
(馬の素質があった、がんばったということだけかもしれませんが…)

現在キャロットで出資している子にも社台F生産・育成の子(珍しいですよね、それがネックと検討対象から外しコメントも、ちらほら見かけました)がいるし、社台での出資の子は(社台F生産の場合、ほとんどが必然的に)育成は社台ファームです。
サンデーでの募集の子は、ほとんどがノーザンファーム(早来・空港)での育成予定となっています。
そのあたりがサンデーとの差がここまでついてきた要因のような気もしているわけです。
馬の資質的には、さほど差があるようにも思えません。
それだけ育成の環境は大切だということではないのかな。
しかしながら育成について、東サラで出資となると、一部を除き、日高系の育成牧場か社台ファームがほとんど。
(ちなみにウィズダムは加藤ステーブルさんでの育成でした。)
ロードでの出資馬は、育成はケイアイファーム…資質がすばらしければ、どこで育成しても頭角を現してくるのでしょうけど。
やはりその馬の持てる力を最大限に生かすという努力はお願いしたいですね。
設備その他を考えると、中小の育成牧場はともかく、社台ファームさんには、もう少しがんばってほしいところです。
いや、トップでありながら、なお努力を続けるノーザンファームがすごすぎるだけなのか(苦笑)

出資馬の検討も、馬そのものはともかく、育成、厩舎(外厩はどこを使っているか等含め)を重要視するのは、ここなんですよね、自分的には。
それでダメなら、納得もいこうというもの。
出資時には、それもすべて承知しての選択なので、その後は関係者に文句は言わないをポリシーに。


さて、一口馬主界の方では、シルク祭り(ドラフト)の真っ最中ですが、キャロットの1.5次募集に向けた検討、またその陰ですでに2次募集~の東サラの残口も動いてきています。(こちらは連休前の表示ですので、明日一気に更新されそう)
私も検討中ですが、シルクでは実績が不足しているため、1~2頭の人気馬大抽選会に参加と、ちょっと面白そうな馬がいるので、その子に投票の予定。
こちらは価格も安く、おそらく人気もそんなに出ないと思っている(この後、検討会やネットで名前が挙がらない限り)ので、確実に取れそうなところ。
抽選はほぼハズレるとみています。
キャロットの方は、1.5次終了時点でチェックしている子に空きがあるようなら、もう少し追加。
(キャロットはすぐに売り切れるので、早めの買いが吉)
シルクで無理に探すより、そちらの方がいいかなと思えるので。
今年のシルクのラインナップ、パッと見は力が入ってるなぁ~と思っていたのですが、いざ蓋を開けてみれば、少しずつひっかかる所がある馬が多くて選ぶに選べない。(→おそらく選んだところで当たらないw)
盛り上がっているさなか、水を差すようで申し訳ないけれど。(単に私個人が気になるだけかもなので、気にしないで下さい。)
やっぱりツアーに参加して、これはという馬を探してくるのが本筋だなぁと思うのでありました。


素人のつぶやきにお付き合い頂きありがとうございました。
次回はノーザンファームしがらきさんでの牧場見学の記事です。





Comment:2
2015
09.19

明日はレッドウィズダム号デビュー戦!

Category: 一口馬主
こんにちは。



明日、20日阪神5Rの新馬戦に、東京サラブレッドクラブで出資の
レッドウィズダム(キングカメハメハ×プレシャスラバー)が出走します。

レッドウィズダム5月末

15.09.17
(角居厩舎)
引き運動の調整。馬体重492キロ。
※今週20日(日)阪神5R 2歳新馬・芝1800m(外)に福永騎手で出走が確定しています。
助手「追い切り後も変わりなく順調です。今朝は厩舎周りの引き運動で疲れを取っています。うちの厩舎としては調教時計は地味ですが、本数はしっかり重ねてきましたし、態勢は整いました。まだまだ子供っぽいところはありますが、昨日の追い切り後のジョッキーのコメントもポジティブだったので、まずはどんな競馬をしてくれるかが楽しみですね。距離もこれくらいあった方がいいと思います」

15.09.16
(角居厩舎)
Cウッドコースにて併せ馬で追い切り
CW 福永 88.3-66.8-52.6-38.5-12.5 馬なり
外スマートシャレード馬なりを6Fで0.4秒追走、4F併入
※今週20日(日)阪神5R 2歳新馬・芝1800m(外)に福永騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。
福永騎手「フットワークがすごく軽くて、芝でこそという感じの馬です。併せている時は良かったですが、肩ムチを入れても思ったほど反応がなかったですし、前に出るとソラを使っていました。まだまだ2歳っぽさがありますね。ポジションは余り後ろ過ぎてもダメですが、中団くらいからじっくりいった方が良さそうです。良くなるのは先だと思うので、じっくり育てていった方がいいタイプかもしれませんね。素質は高いものを持っていて、先々の成長が楽しみな馬です」


9月20日5R出馬表


出走頭数は8頭と少なめ、ただしなかなかのメンバーが揃いました。
事前に評判の高い馬は、ゴールドアリュール、ゴールスキーの下でG1サラブレッド所属のレヴィンインパクト(父ディープインパクト×二キーヤ)岩田騎手騎乗、調教時計が凄かったスマートオーディン(父ダノンシャンティ)デムーロ騎手騎乗など。
同厩舎の金子真人ホールディングス所有、シャケトラ(父マンハッタンカフェ)は回避となりましたが。

ウィズダムは世界の角居厩舎に預かっていただき、育成段階では加藤ステーブルさんにてこれ以上無いwってほど絶賛された馬。(入厩後、まだまだということで鍛え直されていた気もしますが^^;)
サンデー無しの血統、多少重さも感じる配合かと思われましたが、福永騎手コメントは意外にも「芝ならではの馬」だそう。
とりあえずは、芝の中距離からの初戦、どんな走りを見せてくれるのか非常に楽しみです。

「まだ子供っぽい気性」「初戦からではなく先々良くなる」「中団からじっくりと」など、かなりの伏線を張られている(?)のは気のせいとして、まずは無事に回ってきてくれることを期待したいと思います。

今週はどうしても都合がつかず、現地応援は難しくなりました。
明日、阪神競馬場では、“秋華賞トライアルGⅡローズS”も開催されるため、馬友さんも数名現地応援されるとのこと。
もしお時間ありましたら、本馬も応援してきて下さるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします!





Comment:6
2015
09.19

キャロット1次募集結果発表~♪

Category: 一口馬主
こんばんは。



この度は2015年度1歳馬 第1次募集にお申込みいただきありがとうございました。
第1次募集における出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

11.キューの14               1口      ×      
28.トキオリアリティーの14         1口      ×    
55.シンハリーズの14            2口      ○    
66.ウ゛ァイスハイトの14          1口      ○    
78.ブルーメンブラットの14         1口      ×    



でした~
ああ、キューの14とのご縁が無く残念;;

ただ、今回は最優先での確定の○以外に、抽選の○をもらえたのは嬉しいです。
掲示板を覗くと、わりと当選の書き込みも多いので、ゆるめの抽選倍率だったのかな、とも思います。
クロフネの産駒に出資するのは初めてですし、牝系ソニンクの良血統で楽しみです。
怪我なく頑張ってくれますように。
初の「芦毛ちゃん♪」です。

シンハリーズの14、ヴァイスハイトの14
ご一緒になられましたお仲間の皆様、どうぞよろしくお願いします。


ヴァイスハイトの14(正面)


キャロットの抽選は本当に“当たらない”ので、多過ぎるかな?くらい気になった馬はすべて1次申し込みに記入するべきですね。
気になりつつも、書かなかった馬たちも、書いて落選なら納得もいきますが、書かずしては悔いが少々。
最優先は確実に欲しい馬、良い牝馬をメインに、出資確定できたドラフトでしたので、概ね満足しております。
もう1~2頭、気になる馬(残口あり)がおりますが、こちらはともかく1.5次でまた大きく動くでしょうから、それから検討します。
キャロットの予算が確定したところで、ようやくシルク、ですね。

こちらはマルボウズなら深追いしない、をテーマに検討します。
そうそう、連休中に見学を予定していたシルクのレーヌドコロール号ですが、トレセンへ帰厩になりましたので、今回は会うことができず。(左回りを試すとかで、次走は新潟を予定しているそうです。)
ピュアウィッシーズだけになりましたが、こちらは馬体の美しさに惚れて最後に出資した馬。
会うのが今からとても楽しみです(*^^*)








Comment:8
2015
09.17

キャロットC抽選対象馬と出資確定♪

Category: 募集馬検討
おはようございます。



昨日16日夕刻、事前の告知通りに「抽選対象(予定口数を超える申し込みのあった馬)の募集馬」の発表がありました。
内容はは以下(来年以降の参考にコピーを貼らせて頂きますね)キャロットHPより



【第1次募集最終結果】
<母馬優先対象馬>
A・母馬優先枠内および最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
03.ラドラーダの14

B・母馬優先枠内および最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
対象馬なし

C・母馬優先枠内および最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
56.アマルフィターナの14
58.エポキシの14

D・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
対象馬なし

E・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
対象馬なし

F・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
09.ディアデラノビアの14
79.ブルーメンブラットの14×落選

G・母馬優先枠内および最優先希望枠内は当選、一般出資枠で抽選
38.カラベルラティーナの14
44.シーザリオの14
57.ペニーホイッスルの14
59.スルーレートの14
66.ヴァイスハイトの14△抽選

<母馬優先非対象馬>
A・最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
対象馬なし

B・最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
43.トゥザヴィクトリーの14
46.リリサイドの14
75.アビラの14

C・最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
02.ジンジャーパンチの14
15.アドマイヤセラヴィの14
21.スターペスミツコの14
28.トキオリアリティーの14×落選
41.レーヴディマンの14
47.ココシュニックの14
68.ベネディーレの14
80.メジロシャレードの14

D・最優先希望枠内は当選、一般出資枠内で抽選
01.フラニーフロイドの14
05.イグジビットワンの14
11.キューの14△抽選
12.ピューリティーの14
20.リッチダンサーの14
39.Sweet Dreams Babyの14
40.パーシステントリーの14
42.ジャッキーテーストの14
48.シェアザストーリーの14
49.グレイトフィーヴァーの14
50.ヒストリックスターの14
55.シンハリーズの14○当選
65.エルダンジュの14
67.シーズアンの14
72.カメリアローズの14

※最優先枠指名
※一般枠指名



おかげさまで、最優先指名(×1あり)を使った、シンハリーズの14には、無事に出資が確定しました!
(初の複数口♪ほんの2口ですが^^;)
ほんのわずかに一般枠が残っていて、結果的には一般指名内での抽選ですが、それだと恐らく当たらないと思われ…
今回は、この子を確実に獲得したかったので、これで満足です。

落選の2頭は承知のうえでの応募でしたので、ショックはありませんね。
やはり「母馬優先対象馬」に関しては、よほど気合を入れて勝負に挑む(×あり最優先等)でないと、お話にならないようです。

ラドラーダの14の人気はすごいですね。
「×2」内での抽選とは。。
私も募集馬ラインナップが発表された時には、大好きなキンカメっ仔ですし、今年の最優先かとも思っていたのですが…
ツアーでの実馬を見て、それほど惹かれなかったので(決して馬が悪いとかではないです。それ以上に惹かれる馬がいた)申し込みませんでした。
これでは到底太刀打ちできない勝負、でしたねw

今回の1番人気は、トゥザヴィクトリーの14かと思っていましたので、このあたりも少し意外でした。(ひょっとしたら×2抽選もあるのかなと…)
あまりにも「ハイリスク」という点を加味して、「堅実」なラドラーダの方が人気した、ということでしょうか。
ただし、価格の違いや母馬優先がつく等、もともとの条件的には違いがありますけれど。
そのトゥザは、事前の予想通りに「×1あり・内での抽選」になりました。
当たれば嬉しいし、はずれても来年の注目馬(オルフェっ子等)に余裕を持って指名できる、という選択肢もありました。
そうした×1(前年度最優先落選)の会員さんも多かったのでは、と考えます。


シンハリーズの14出資確定♪

ご一緒になりましたお仲間の皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます!(シンハリーズの14)


明日は残りの抽選結果の発表があります。
私は一般枠で申し込んだ2頭
(キューの14、ヴァイスハイトの14)の結果待ちです。
当たれば嬉しいですし、はずれてもそれはそれで。
キャロットさんの抽選には引きが弱い私www自信はありません(苦笑)
(抽選に関してあえて言うなら、1次で申し込むか迷って控えた、グレイトフィーヴァーの14、エルダンジュの14、メジロダーリングの14、ポロンナルワの14は、やっぱり申し込んでおくべきだったかも。。。)

今年は最優先当選となりましたので、この後の1.5次募集には参加できません。
昨年は新規会員のため、すべて出資できず1.5次に参加させて頂きました。
これはこれでまた「すごい競争率」です。
2次の前に凄まじい勢いで売れていきます。
今、「出資可能口数」が点灯している馬に関しては、2次以降~ほぼノーチャンスでしょう。

明日の発表以降、他のクラブのドラフトの動きも活発化してきそうです。
東サラの残口点灯馬、シルクの申し込み、ロードの預託厩舎発表…
まだまだ気が抜けませんね(苦笑)

お友達の皆さまが、どの馬に出資することになるのかも、とても楽しみにしています♪
発表は明日、それぞれに良いご縁がありますように!





Comment:4
2015
09.16

シルクホースクラブ・2015募集馬メモ【関西】その2

Category: 募集馬検討
こんにちは。



さて今週、キャロットの牧場見学に見事 落選 いたしました。
一体いつになったら、希望は叶うのか…
その前にNFしがらきから移動、入厩になってしまうと思っていた、順調そのものであり、心の期待馬であるストライクイーグル(ミスエアクラフトの13)ですが、ここにきて少々アクシデント発生です。
(昨日の近況更新より)


ストライクイーグル9月 NFしがらき

9/15  NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「15-15に近いところを取り入れて先週までしっかりと乗り込むことができていたのですが、右前脚に少しだけ骨りゅうが出ているので今は少しペースを落として調教を行っています。痛みも少しあるようですから、今後についてはケアをしっかりと行いつつ、患部の状態を見ながら進めていくことになります」
(NFしがらき担当者)


現状では、さほど重大な頓挫ではなさそうですが、無理をせずに、ともかく大事にいって欲しいところですね。
では、昨日に引き続き、シルクホースクラブ関西厩舎預託予定の募集馬後半へ。




【関西】その2



48.ベルベットローブの14(ヴィクトワールピサ・4月6日・高野)
首をふりふり歩いていて、まずまず好感が持てます。
しいて言えば、前が少し窮屈そうかなといった感じ。
測尺は理想的で、厩舎もNFとのつながりが深い高野師。
父ヴィクトワールピサ産駒は、まだこれからの成績を見たいところなので、先物買い前提でなければ少々割高か。


49.ジェシカの14(ファルブラヴ・3月6日・小崎)
右後ろ・左前、気持ち内へ。
首がよく動くが、歩様とは連動せずリズムがいまひとつ。
繋ぎがカタログ写真よりは長く、踏み込みまずまず柔らかい動き。


50.デビュートウショウの14(ファルブラヴ・2月17日・角田)
がっちりムキムキ、パワータイプになりそうな筋肉。
動きもバネでではなく、力で歩いている感じ。
距離は短そう。


51.マストビーラヴドの14(ファルブラヴ・4月15日・牧田)
母高齢とクロス多し、お尻尾フリフリ等、気性が気になるところ。
(カタログには気性面は問題なし、とわざわざコメントありますねw)
動きは、歩幅大きく、後脚の踏み込みなどもなかなか良い。
連動せず、リズムがいまひとつも、価格手頃でまず1勝すれば、という狙いなら。


52.レースドールの14(ワークフォース・3月22日・荒川)
左前が斜め内へ。(とくに問題は無さそうな程度)
動きは遅く、硬い。


53.シーズインクルーデッドの14(ワークフォース・3月3日・須貝)
3月生まれ牝馬にして、すでに518kgは大きいですね。
馬体の方はその割りに筋肉量が足りないかなぁ。
この体重ならもう少しボリュームのあるトモでなければ。
左後ろ膝下、左前下が共に斜め内に曲がって見える。
動きは連動していない。
人気厩舎にかかわらずこの価格は…そういうことかも。


54.レトⅡの14(ハービンジャー・1月31日・松永幹)
1月生まれということもあるけど、管囲などからも大型馬になりそう。
ハービンジャー産駒は切れるイメージがないだけに、あまり大きくなるとスピード不足で重い。
動きはそれ独特の柔らかさを感じますが。
牝系や表情、仕草からも気性は気になるところですが、カタログコメントには「物怖じせずおっとりした性格」とわざわざ触れてありますね(苦笑)、実際はどうなんだろう?


55.デイユアドリームの14(ゴールドアリュール・2月20日・安田)
左後ろ脚の内回転がきつい。
繋ぎは立っていて、踏み込み硬め。
血統からもダート狙い。
もう少し馬格が欲しいところだが、短距離の得意な厩舎予定で面白そうな一頭。


56.ジェイズミラクルの14(クロフネ・4月27日・吉田)
クロフネ産駒にしてはそこまで硬くない動きで、なかなか好きなタイプ。
昨年募集の上も動きはまずまずだったし、母の影響か。
こちらをじっと見ている表情から、気性の方はどうかな。
(三白眼なだけ?苦笑)
しっかりした管囲、ダートで面白そうとは思いつつ、一口50000円(牡馬だから仕方ないか)は…様子見できれば。


57.アビの14(エンパイアメーカー・4月24日・石坂)
まだ幼い感じがしますね。
動きは悪くなくも、スムーズさには欠け連動していなく見えます。
トモに張りがでてくるまで、少し時間がかかりそうです。
なかなか目だった結果の出せない種牡馬としての父ですが、厩舎含め、勝負かけてきましたかね。


58.クーデグレイスの14(ゼンノロブロイ・3月17日・村山)
引き手さんが小柄なのか…ものすごく大きく見えるんですがww
動きものっしのっしと(苦笑)
それでも足先だけを見ていると、意外と柔らかい。
左後ろは少し内へ。
鍛えたら、すごくイケ馬になりそうな気も(笑)


59.バプティスタの14(カンパニー・5月5日・中内田)
右後ろがかなり気になる。
前の出は比較的良い。
遅生まれということもあり、まだまだ小さく幼い。
トモもかなり緩い。
晩生血統だけに間に合うかどうかがカギ。
母もかなり高齢(1995年生)、ギリギリの産駒か。


60.ローザミスティカの14(シンボリクリスエス・3月13日・斉藤崇史)
左後ろかなり内向。
動きは硬く、踏み込みは浅い。
祖母はロゼカラー、バラ一族ながらも、なかなか食指は動かず。


61.サルスエラの14(タートルボウル・2月16日・大久保龍志)
左前の蹄が矢印(↑)に見える(って関係ないかw)
左前が若干回転気味。
お尻尾のグラデーションが綺麗ですね(ってこれも関係ないですねw)
首は一生懸命動いているのですが、それが体全体の動きと連動していないのは残念。


62.フィロンルージュの14(アイルハヴァアナザー・2月24日・音無)
少しリズム感は悪いが、力強く歩く動きは及第点。
父の雰囲気そのままに、ダートが得意な牝系。
またそれを戦えるだけの馬格にも恵まれていて、ダートで期待したい。


63.イルシーヴウェーヴの14(Frankel・1月26日・角居)
左後ろ内向。
体に対して、四肢の力強さが足りず、バランスの悪い馬体。
本家募集の同父産駒のオーラ、威圧感のようなものは、感じられない。
目玉募集の一頭、各クラブ限定1頭の預託、角居厩舎もとても残念な出来。





最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
たいして参考にもならないメモでしたが、今後の答え合せのためにも、今後も続けていけたらと思います。
勉強不足にて、血統の読み違い、間違った解釈などもあるかと思いますが、そこはどうか優しく見逃してください。
そういう場合は、こっそりメッセで教えて下さい~(笑)


さて締め切りまで、あと2週間。
まだもう少し考える時間はありますが、おおまかな方針は見えてきたでしょうか。
私はというと、メインで2頭。
あとは、面白そうな3~5万円くらいのところで2~3頭。(いれば、ですが)
「ボウズ」でガッカリ脱力、はやはり寂しいので…
1次でも取れそうな子がいれば、とりあえず検討だけはしていきたいと思っています。



応援のクリックをお願いできれば嬉しいです(*^^*)
↓↓



Comment:4
2015
09.15

シルクホースクラブ・2015募集馬検討メモ【関西】その1

Category: 募集馬検討
こんにちは。



朝晩はめっきり涼しくなりましたね。
先日の北海道はまだ寒くはなかったですが、月末のシルクのツアーの頃には、もう寒いのではないでしょうか。
うっかり気を抜くと風邪をひいてしまいそうです。
皆様、体調管理にはお気をつけ下さいね。


さて、昨日の関東馬メモに続いて、今日は関西馬です。
応援や見学などを考えると、こちらをメインに出資したいので、選択に力も入ります。
それでは、早速…



【関西】



32.ミュージカルロマンスの14(ディープインパクト・1月23日・藤原)
1月生まれということもあり、完成して見える動きと馬体。
踏み込みも良い。
お顔が利発そう。
でもね~1億って、本家で計算したら250万ですよね?
シルクでG1級をバンバン勝つイメージがまだ無いのでw
(250万だして、親父ギャグ風のネーミングされたら立ち直れないです…)


33.スペリオルパールの14(ディープインパクト・1月13日・池添学)
同じ1月生まれですが、ディープ牝馬らしくちょっと非力な印象。
後ろの出は悪くない。
牝馬に出ましたが、ラストインパクトと同配合だけに、活躍は期待したいところ。


34.ワンダーレディアンエルの14(ディープインパクト・5月23日・平田)
まだ幼いですね。
左後ろが若干内へ。
しかし意志の強そうな良い目をしています。
緩いながらもトモの筋肉量はまずまずで、今後の成長に期待したい感じです。
測尺を見てしまうと…体重はともかく体高(147.5cm)、管囲(18.2cm)数値から、さほど大きくもならなさそうなのが懸念材料。


35.ヒカルアマランサスの14(キングカメハメハ・1月29日・高野)
注目していた馬の一頭です。
前が少々外向気味ですが、この程度ならいくらでもいますよね。
それよりも測尺、管囲の18.9cmが残念でした。
(19cmからたった1mmなのに印象が違いますw)
もっとがっちりした感じを想像していたので。
体型や筋肉は嫌いではないし、鍛えたらまずまず良くなると思います。
今年のドラフト大本命でしたが、正直なところ全力でという感じではなくなりました。
(一応、抽選会には参加するかも、ですが。)


36.プチノワールの14(ステイゴールド・3月7日・須貝)
左前の内側に見えるのは骨瘤ですか?(こちら結構大きめ)
カタログ写真にも右内側にポツンと見えています。
出資馬も骨瘤がありましたが、無事に入厩しています。
程度にもよりますが、若駒なら仕方ないとあまり気にしない派です。
この血統でこの厩舎の組合せなら、大抽選会必至でしょうね。
馬体バランスや質感も好きなタイプです。
多少歩様に乱れはありますが、賭けてみたくなる馬です。


37.ペンカナプリンセスの14(ステイゴールド・4月8日・友道)
皮膚の質感が良いですね。
首差しから胸前までのバランスは少し惜しいのですが、2000mまでなら持ちそう。
確か昨年は、ペンカナプリンセスの13も応募して落選しました。
踏み込みも良いし、管囲も十分で理想的です。
性格的にはピリッとしたところがありそうですね。


38.クレーバースプリントの14(ハーツクライ・4月28日・吉村)
遅生まれで小柄ですが、管囲もしっかりありますし、問題なさそうです。
柔らか味もあり、なかなか良い動きですが、踏み込みにもう少し力強さが出てくればと思います。
生産は浦河町のアイオイファームさん。


39。アドマイヤテレサの14(ハーツクライ・3月4日・梅田)
すっきりした印象の馬ですね。
皮膚の質感も悪くないです。
キビキビした動きですが、気性はどうなんでしょう。
好きなタイプの馬ではあります。
厩舎も兄アドマイヤラクティ、上と同じ。


40.スーパーバレリーナの14(ハーツクライ・5月4日・吉田)
ウインバリアシオンくんの妹ちゃんです。
今年度の目玉ともいえる募集馬でしょう。
これだけでも応募する人が多そうですね。
気になるのは右後ろ。
なんだか可愛い歩き方です、決してスムーズな動きでは無いのですが(苦笑)


41.ライフフォーセールの14(ハーツクライ・1月23日・池江)
気になるのは、右後ろが内へ回転することでしょうか。
どっしりした腹袋で、後ろの踏み込みもなかなか。
もう少し連動した動きだといいのですが。


42.ナスカの14(ルーラーシップ・5月13日・佐々木)
豪華なメンバーの血統表ですね(笑)
そうか!だからドラフト前から大人気だったんだw
(今頃、気付きました。。)
歩幅が少し狭く、連動していないようにも見えますが…
遅生まれということもあり、非力な印象…スマートな印象?
大抽選会になるであろう一頭ですね、ご幸運を祈ります。
(カタログコメント「全てが超A級」って、更に人気を煽る販促w)


43.ディマクコンダの14(ルーラーシップ・1月30日・池添学)
両前脚(とくに右)外向、連動せずして歩様リズムがバラバラに見えます。
左後ろ膝下より内へ斜めに。
馬体はまずまずも首の付き方のバランスは悪く、残念な感じ。


44.フサイチエアデールの14(ルーラーシップ・3月25日・高野)
楽しみにしていた一頭。
歩幅も大きく、しっかり歩いているが、気になるのは左後ろの膝関節から下の曲がり具合。
仔出しの良い母ですが、そろそろギリギリの年齢に。
昨年度募集→中止の仔も競走馬登録はされているんですね。
今年も人気になるのでしょう。


45.センブラフェの14(ダイワメジャー・1月16日・矢作)
前が弱いですね。
左後ろの内向も気になります。
それより馬に活発さが見られないのが…ダイワメジャーらしさを感じません。


46.ナイキフェイバーの14(ディープブリランテ・5月11日・矢作)
これはカタログ写真の方が良く見えました。
かなりの遅生まれだけあって、動画を見てしまうと、幼さと小ささが目立ってしまいます。
決して連動しているとは言い難い歩様ですが、一生懸命歩いてます(笑)
ディープブリランテ産駒らしい、プリッとまぁるいお尻(トモ)で馬体(体だけ)のバランスはコンパクトにまとまっています。
現状は首だけがなんだか…ですが、もう少し成長を待ちたいなと思わせる一頭。
お姉ちゃんもそうでしたが、春先から一気に変わり身のタイプかな。


47.スナッチドの14(ディープブリランテ・2月7日・高橋義忠)
両後ろ足が少しX脚気味に見えますが、気にならない程度。
スッキリした雰囲気の馬ですね。
歩き方から前向きな性格ではないかと(推測の域を出ずw)
トモの筋肉は緩そうです。


(【関西】その2へ続く)




更新の励みになります。
よろしければクリックお願いします♪
↓↓




Comment:4
2015
09.14

シルクホースクラブ・2015募集馬検討メモ【関東】その2

Category: 募集馬検討
こんばんは。



夕方にFC2ブログ、管理画面ともに障害起きていませんでした???
全くアクセスできず、記事のUPが遅れてしまいました。
(FC2利用のお友達のところもすべて開けず、でした。汗)
こういうのって勢いで頑張っているので、集中力が途切れるとしんどいんですよねw

さて、気を取り直して【関東】の続きです。


【関東】(つづき)



17.ルシルクの14(ヴィクトワールピサ・4月24日・木村)
見るからに立派なトモで、後ろの踏み込みは良いですね。
まずまずの動きだと思います。
測尺もかなり立派な数字が並んでいますし、管囲21.4cmとしっかりしています。
後ろ左がすこーし内へ入るような歩様ですが、これはこういう関節の付き方なのかな、まぁ気にならないといった感じ。
上も出資しようか迷いつつ、厩舎NGのため見送り…そして厩舎は、ここか~↓↓更にNGですw
うーん、馬は良いだけに、本当に困ります。(NF&特にシルクには、かなり贔屓されていますよねw?)
同じ理由で、他のクラブでも連続除外。。。


18.キューティゴールドの14(ヴィクトワールピサ・3月31日・木村)
こちらも立派な体格のお嬢さんです。
父ヴィクトワールピサの仔は、筋肉量豊富ながっちりタイプに出やすいようですね。
おっとりしたタイプなのか、動きがゆったりめです。
踏み込みも悪くはないのですが。
育成は早来…しかし、またしても厩舎はww


19.アンソロジーの14(ファルブラヴ・4月16日・手塚)
右の後ろがほんの少し内向気味。
気性は…チャカチャカしてそうかな(苦笑)
でも嫌いじゃないんですよね~こういうタイプ。
小柄でマット体操が得意な男の子ってイメージ(笑)
スプリント狙いで面白そうです。


20.ゴールドポイントの14(ファルブラヴ・4月7日・武藤善)
馬体・動きともに良く見えた1頭。
生産は前田ファームさんで、昨年のキャロットの出資馬、ストライクイーグル(ミスエアクラフトの13)と同じところです。
歩様の柔らかさは特筆できるのじゃないでしょうか、良いですね。
(ストライクイーグルも歩様の柔らかさに惚れました)
すごく面白そうなのですが、さてこちらの厩舎、、、微妙かしら(失礼)


21.シャンパンマリーの14(ワークフォース・5月7日・大竹)
首が太いですねぇ…もう少し伸びやかさが欲しい。
体もボリューム満点、なんだかむっちりもっちりした印象。
歩様のリズムもいまひとつ。(短足気味?)
ワークフォース、期待したほどじゃないかもなぁ。


22.ピーチブローフィズの14(ハービンジャー・2月7日・大和田成)
重そうな体ですね、、、
動きも硬いし、ハービンジャーの短所ばかりを受け継いじゃった感じがします(ごめんなさい)


23.ブロードアピールの14(ゴールドアリュール・4月26日・尾関)
お母さんも好きでしたし、血統の字面だけだと、すごく楽しみにしていたのですが…
動きもあまり良くは見えないし、ダート巧者としての力強さも足りない気がします。
気になるのは、お尻尾の上部…縛っていた跡ですかね?
昨年のルシルク13のようにお腹の調子が悪かった、とか?
いずれにしても残念な感じでした。
私の中では厩舎ももうひとつかと思っているので、よほど実馬が良かった!ってレポがない限り、候補からは除外ですね。
まぁ、人気はするでしょうし抽選かな~
仮に私が申し込んでも簡単には当たらないでしょう。


24.フォトジェニーの14(クロフネ・3月5日・加藤征)
クロフネらしく硬いですね。
前脚の出があまり良くないのか、歩様のリズムがバラバラに見えました。
大型の部類のクロフネ牡馬になりそうですし、すでに後脚の微妙なブレといい、怪我のリスクが見え隠れ…


25.セントルイスガールの14(エンパイアメーカー・3月21日・久保田)
まずまずスムーズな動きですね。
若干トモの踏み込みに力強さが足りない気もします。
昨年の出資馬:モエレオープンヒメの13もエンパイアメーカーで60000円と割高感があり、売れ残っていましたが(ギリギリ残口点灯)、相も変わらずこの価格、そして人気リーディングまでは一歩及ばずのランクの厩舎。
同じような感じになるのではと予測しております。
昨年はエンパイアメーカーには2頭出資も未出走…もういいかなw


26.チャイナドールの14(ヴァーミリアン・1月25日・和田)
立派な力強いトモで、後ろ足の踏み込みは良いのですが、それに若干前がついていっていないような…
ダート向きと考えると、もう少し馬格が欲しいところ。
いかんせん体高が低いんですよね~1月生まれでこの大きさは。


27.シャルマンレーヌの14(カンパニー・3月2日・伊藤大)
歩様のリズムはお姉ちゃんの方が良かったですね。
悪くはないのですが。
頭の位置も高めです。
「いぶし銀」って、まだ若駒なんですけど…カンパニー産駒だけに暗に晩成をにおわせているのかしら?(苦笑)
でも確かにまだ緩そうな筋肉、デビューまでにちょっと時間はかかるのかも。


28.ステイウィズユーの14(シンボリクリスエス・4月23日・木村)
体重はありますが、体高があるせいか、ずいぶんスラっとした印象ですね。
真っ直ぐに歩いていて、手先も軽そうです。
レイクヴィラファーム生産の馬は良い馬が多いですね。
育成も早来育成と揃っていますが…またしても厩舎がwww
預かる馬多過ぎやしませんか?兄と一緒で良かったのに。


29.アンティフォナの14(ダノンシャンティ・3月6日・小西)
初仔ですが、小さすぎず、ぎゅっとまとまっている感じですね。
後ろ足の踏み込みなど、少し硬めですが、力強さが出てくれば面白いかも。
もう少し安いと良かったなぁ。


30.ヒストリックレディの14(ローエングリン・1月28日・古賀)
前後ともに可動域は広そう。
前向きな感じの歩様(どんなだ?苦笑)。
ただ若干後ろ足がX脚気味なのか、安定感に欠ける。
それにしても豪華な血統表(牝系)ですね。


31.ターシャズスターの14(Malibu Moon・4月2日・斉藤)
ダート向きの配合ですが、もう少し踏み込みに力強さが欲しいかな。
とくに前の出がいまひとつ。
体高が160cm、管囲も21cm、牝馬にしてはがっしりですね。
そして、体重が540kg~ですか、これはどこかで見た体重!(笑)
今回のシルクさん、500kgオーバー多いですね?
食欲の秋だからかな…(?)



明日は、【関西】をUP予定です。
応援のクリックをよろしくお願いします♪
↓↓




Comment:2
2015
09.14

シルクホースクラブ・2015募集馬検討メモ【関東】その1

Category: 募集馬検討
こんにちは。
秋晴れの爽やかなお天気ですね♪



本日午前、測尺発表がありました。
トゥザヴィクトリーの14の体重で免疫(?)ができたせいか、少しくらい大きくても気にならなりました(笑)
いや、でもあの体重の数字を感じさせないくらいの、しなやかな動きは素晴しかったですね。
彼の馬体やオーラ、動き見ることができただけでも、ツアーの価値はあったと言っても過言でないような。
こんなメリット十分の見学ツアーですが、シルクについては募集馬見学ツアー不参加=カタログショッピングになってしまうのが、本当に残念です。

紙面やネット情報からだけではわからない、とっておきの情報を得ての出資判断をするという一口馬主の基本がなされません。
それでも処々事情や都合もあることですし、仕方ないですね。
まずは追加情報である測尺を眺めてみて、、
うーん、アフリカンピアノの14は初仔候で小さい…


シルクカタログ


さてカタログ&DVDも届きましたので、感想のメモなどを。
毎回のことですが、あくまで個人的な感想、覚書ですので、ご承知置きの程、よろしくお願い申し上げます。

全体的な感想として、今年はしっかりした印象の馬が多かったように思います。
脚元に極端に違和感があるとか、これどうなの?的な募集馬がほとんどいませんでした。
飛び抜けて目立つ馬も少なかったかわりに、どの馬もまずまず良いのでは、と思わせてくれるラインナップ。
この中からこっそりと穴馬を探し出すのも、また一興ですね。
血統や馬体、兄弟姉妹近親に活躍馬がいる馬は、それなりの価格が。
ハイリスク&ハイリターンを取るか、1つ2つ堅実に勝って楽しませてくれる馬を取るか、それぞれの方針に合った馬を選びやすいのではないでしょうか。

ただ問題は、出資者決定方法が、「実績制」であるということ。
近々3年分の出資実績で優先順位が決まりますので、昨年からの参加(実績は1年分しかない)の私のような立場では、500口のうちの残り200口の抽選にかけるしかないわけで。(昨年は100口分→200口に増えました)
ここで注意したいのは、※抽選制度にて割り当てられる口数は最大で5口まで※という要項規定。
ほとんどの方が1口ずつの出資、複数口いく方のほうが少ないとは思いますが、少し留意したいところですね。


(父名・誕生日・預託予定厩舎:敬称略)



【関東】

1.エレンウィルモットの14(ディープインパクト・5月11日・戸田)
左後ろ脚若干内へ・右前は内へ球節より下が外へ向くがどちらも気にならない程度かと。
踏み込みもまずまずですね。
父父サンデーサイレンス、母父ブライアンズタイムとダビスタ種牡馬の2トップ(笑)
血統表に輝くG1馬、ただ私は母の成績重視…近親活躍はあまり期待していません。
父がディープインパクトに変わってどうかですが…ハイリスクかな。


2.ブラックエンブレムの14(ディープインパクト・3月30日・小島茂)
シルクの募集馬を代表する母の仔です。
母の実績では言うこと無し…そして今年も人気間違いなし。
兄弟と違うのは、女の子に出たことです。
もう少し背中が柔らかいといいな~と思いつつ、やはり良く見えます。
体重、管囲も申し分無く、バネもありそうな動きですね。
当然、大抽選会は避けられません。


3.スカイディーバの14(ステイゴールド・1月24日・藤沢)
お尻尾フリフリ~ステイゴールドのお姫様です。
気性的には、どうでしょうか(ツアーでぜひ確認してきて欲しいです)。
馬体写真では、前に比べトモにもう少しボリュームと張りが欲しいかな。
歩様は大きく、前脚の出も良いと思います。
左後ろ脚が若干内へ入り、少し怪しい気も。
厩舎はかなり好き嫌いが分かれるところ。


4.ディアジーナの14(ステイゴールド・3月11日・田村)
ステイゴールド×母父メジロマックイーンの黄金配合。
昨年の上も大人気でした。
少し動きが硬く映りますね。
前の出があまり良くなくて、肩の可動域が狭く窮屈そうです。


5.リップポイズンの14(ハーツクライ・1月16日・国枝)
母はドイツ系の血統ですね。
後ろから、少しガニ股気味(後ろ左外へ)の歩様ですが、踏み込みはしっかりしています。
右前が外へ少し回転。(父の仔特有の遺伝か)
繋ぎは緩そうも、太くて立派な管囲が目立ちます。


6.シルキーラグーンの14(ハーツクライ・5月9日・武市)
5月生まれも動きが良く見えた1頭。
右後ろ若干内へ回転気味。
柔らかさが感じられ、活気のある良い動き。
前の出も良いですね。
ただし、厩舎がどうなんでしょう…?
(よく存じ上げないのですが、評価は。。。)


7.バラダセールの14(ハーツクライ・1月18日・国枝)
繋ぎは立ち気味ですね。
かなり硬い動きに見えます。
ハーツの仔ってあまりダートの印象は無いのですが…
お母さんはダートで活躍したようですし、そちらの色が濃く出ましたかね。
初仔ですが…大きいですね(苦笑)
ダートなら馬格があった方が良いので、ダートで考えるならですが、そのわりに筋肉が微妙。


8.アイルドフランスの14(マンハッタンカフェ・4月11日・宗像)
由緒ある血統ですが、気になるのは母高齢、でしょうか。
4月生まれですが、牡馬にしては胸囲も細めで小さく非力感は否めません。
左後ろが微妙。
前の出に比べ、後ろの踏み込みも少し物足りないですね。
好きな血統で注目をしていただけに残念な感じです。


9.アフリカンピアノの14(ルーラーシップ・4月21日・田中)
歩様は柔らかさもあり、まずまずです。
気になるのは管囲18.4cmですか…4月後半生まれなのですが、細いですね。
398kgの体重は420~430kgくらいにはなるでしょうけど、体高が148.5cmというのは、、
繋ぎは長めで、スナップが効きそうな手先です。
小さいだけに様子見したいところですが、人気のルーラーシップ産駒でお値段も安いので、いくなら1次からでないと、まず残らないかとも思います。


10.パーフェクトマッチの14(ルーラーシップ・2月6日・萩原)
えー、何でしょう?この不思議な歩様ペースはww
動画ファイルの受信環境のせいかと思いましたが、DVD現物再生でも同じでした。
こちらはまた大きいですね。
牝馬ながら、胸囲は190cm!?
切れそうな雰囲気はまったく感じられませんので、個人的には、、ですね。


11.ゴールドティアラの14(ダイワメジャー・2月6日・菊沢隆)
母はダートで活躍。
ダイワメジャーの仔にしては、少々力強さが物足りないといった感じ。
両前ともに若干内へ向きますが、気にならない程度。
気持ち的にはもう少し管囲が欲しかったかな。
動きは硬めでスムーズさに欠けますね。


12.レディドーヴィルの14(ダイワメジャー・3月22日・上原博)
お顔…大きくないですか?(笑)尻尾が短めだから余計にそう見えるのかなぁ。
左後ろがわずかに内へ入るも気にならない程度。
首の使い方が上手く、まずまずの動き。
動画を見ていて、何となく昨年のシャルマンレーヌの13(レーヌドコロール・出資馬)を思い出した次第。
3月後半生まれの牝馬ながら、510kg…仕上がりは遅そう?早期始動が定番のダイワメジャー産駒だけにどうか。


13.シルクユニバーサルの14(ディープブリランテ・1月12日・手塚)
立派なトモで、歩様も柔らかくスムーズで良い動きですね。
しっかりした脚元に見え、丈夫そうです。
早生まれで、この時期には完成度が高いせいもありますが、牡馬らしい体型の馬ですね。


14.カラヴィンカの14(ディープブリランテ・4月20日・田島)
左の後ろがちょっと気になります。
前の出に比べて、踏み込みの力強さが物足りない感じですね。
肩の可動域は広そうですし、もう少し様子を見てみたい馬です。


15.シーズライクリオの14(キンシャサノキセキ・3月3日・堀)
管囲もしっかりありますし、動きもとくにこれといって問題も見当たりません。
特筆すべき、ところも無いのですが、欠点も無いというか。
人気の厩舎でお手頃価格、人気はするでしょうね。
価格なりに堅実にひとつかふたつは勝ってくれそう…逆に言えば重賞級の大物感が無い印象。


16.サンスプリングの14(キンシャサノキセキ・3月28日・鹿戸)
チャキチャキ歩いていて、好きなタイプです(笑)
右後ろ気持ち回転、右前気持ち内向など許容範囲も、そのせいでなんだかバラバラした歩様(とくに前からと後ろから)に見えます。
体高は147cmと低めですが、3月下旬生まれで現状460kg~とそこそこあるので、小柄ながらもぎゅっと実が詰まったイメージ。
まだまだ馬が幼くて可愛い雰囲気ですね。




【関東】その2 へ続きます
よろしければ応援のクリックをお願いします(*^^*)
↓↓




Comment:0
back-to-top