2016
03.08

マカレアは惜しくも2着(><)

Category: 一口馬主
こんばんは。



今日は本当に暖かく、春本番のような陽気。
日中は半袖でも大丈夫なくらいでした。


ミモザの花も咲き始めました~。
いつもよりも半月ほど早く満開を迎えそうです。


IMG_20160304_165117.jpg


さて、この週末は日曜日…


「あたりました」


馬券ではなく、、、
(弥生賞は馬単、3連単は的中しました)
なんと


牡蠣に!!!


死ぬレベルの体調不良(TT)


一晩で1.5kgは減量に成功ww
まだ食欲が戻りません~~~(涙)


蟹は以前、経験あるけど牡蠣は初めて。
蟹の時もその後10年は食べられなくなりました。
またあたるのが“怖い”というよりも、思い出すんですよね、その時の苦しみを。
一度もあたらない人だっているのに、蟹だけでなく牡蠣までw


これを機に、一気に痩せよう。。(←わけわからないほど前向き)

…。
…。



その日曜日。
小倉の3R未勝利戦(牝馬限定)、芝1200mに、キャロットで出資している
マカレア (ワイオラの13・父ダイワメジャー)が出走しました。

マカレア小倉未勝利戦


3/6  高野厩舎
6日の小倉競馬では五分のスタートから先行争いを見つつ好位の後ろを追走。直線入り口で内に行き場がなく外を回らされたが、最後までよく脚を使って2着。

「もう少し内目で運べれば良かったのですが、隊列が決まってしまって動くに動けず、4コーナーでは内の馬が膨らんだのに影響されて外を回らされる形になってしまいました。結果的にはもう少し積極的に前目で運べば良かったのかもしれません。直線はよく伸びていましたし、馬は強かったです。申し訳ありません」(バルジュー騎手)

「1、3着馬はコーナーで内々をきれいに立ち回った馬でしたし、マカレアは4コーナーで内の馬が膨れて外を回らざるを得ませんでしたから、そこを考慮すれば決して悲観する内容ではありませんでした。勝ちに来たレースだったので悔しいのですが、2戦目で上手に走れていたと思いますし、力があることは再認識できました。カイバはしっかり食べられるタイプですが、400キロほどの小柄な馬ですし、今後のことは栗東に戻っての馬体をよくチェックしてから考えます」(高野師)

勝ち馬に比べるとロスもあって残念な結果でしたが、直線の伸びは見どころ十分でしたし、スピードのあるところは示せたレースでした。昨年10月の新馬戦以来となる実戦でしたし、ここを使っての上積みも期待できるのではないでしょうか。ただ、小柄な牝馬でもありますので、次走についてはトレセンでの状態を確認してから検討していきます。

3/3  高野厩舎
6日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)にバルジュー騎手で出走いたします。

3/2  高野厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(52秒3-37秒9-24秒8-12秒7)。
「今朝は坂路を軽く1本上がってから、2本目に併せて追い切りました。気の勝った馬でそうビシビシやる必要はありませんし、今日はサラッとやる程度だったのですが、道中でリードホースがいいペースで引っ張り過ぎたせいか、予定していたよりも少し負荷のきつい内容の追い切りになってしまいました。ただ、調教後の歩様や息遣いなどは特に問題ありませんし、小倉への輸送があるとはいえ、レースは日曜日なのでそう心配することはないでしょう。久々の競馬となりますが、力はある馬なのでいきなりから楽しみにしています」(高野師)



確勝だと思ったんですが~
意外なところに敵がいました。

内枠にいた勝ち馬(7番人気・初出走)にしてやられてしまいました。
もう少し内目の枠だと違ったのでしょうかね。
結果、大外を回ったロスも響き(その前に前の馬が内へよれた不利もアリ)届かず。
勝ちにきた競馬だった、と高野師のコメントにもありましたが、本当に残念。
ただ、勝ち馬は結構良い脚の使える、力のある馬だと思いました。
マカレアも瞬発力、勝負根性のある良い馬だと思いますので、次に期待します。

調教でもよく動いていますし(相手はノルマンディーの新馬勝ち、リルティングインクですね)、勝ちの順番はすぐそこです。
ただどの馬も遠くにタイムリミットが見えてくるこの時期、レース選び、除外との戦いなど、どんどんハードルは高くなっていきます。
小柄な牝馬、ということの心配だけを除けば、このまま続戦でさくっと勝ち上がって欲しいところです。
高野調教師がどのような判断をされるのか注目しています。

小さな体で、頑張ってくれてありがとう。
雨の小倉へ応援に駆けつけてくれた、マカレア仲間の皆さんもありがとう。
できれば、次は私もぜひ、現地応援に行きたいな。
(まだ一度も会ったことがないので~(*´v`))






Comment:4
2016
03.05

シルク2歳出資馬・近況更新♪【牡馬】

Category: 一口馬主
こんばんは。



今日はオーシャンSで、14万馬券(3連単)を逃してしまい、非常に凹んでおります。
netkeibaで予想していた通りの4頭のみボックスで買えばよかった…(TT)
(◎アルビアーノ ○エイシンブルズアイ ▲スノードラゴン △ハクサンムーン)
いろんな情報を入れ過ぎて結局(自分の予想に自信が持てないw)、のパターン多過ぎ。
シンプルイズベスト、を心がけよう。。。

シンハライト、よほど調子が良かったのか、激走してしまいましたね。
確かにパドック、返し馬とも抜群でした。
飼い葉がなかなか身にならないタイプなので、反動があまり出ないことを祈ります。

明日は弥生賞ですが、どう転んでも配当はつきそうにないので、素直に対戦を楽しみますか~(^^;)



さて、シルク出資馬の牡馬の近況更新です。

今年は牝馬ばかりに偏ってしまいましたので、シルクは当初牡馬中心で検討し、出資を決めました。
(牝馬はポールヴァンドル以外は追加で出資)
なかでも、バレーロは即決、最優先で出資決定。
(シルクは最優先制度ありませんが、心の中の優先順位です。)
ツアー見学に行った友人の評価「歩様がとてもしなやか(周回展示)」が決め手になりました。

あとはダートも走れそう等、面白そうな馬…比較的低価格。
それに動画の動きが良くて、追加したブライトクォーツ
この馬はいいですね、出資馬では他にいないタイプ…芝の中・長距離向きではないかな。
胴が伸びていて、距離が持ちそうです。


ブライトクォーツ2月末
ブライトクォーツ (レースドールの14)
2016/03/04
<所有馬情報>ブライトクォーツ(レースドールの14)
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~20秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「2月上旬にリフレッシュ目的で1週間トレッドミル調整にし、その後は週2回ハロン16~17秒1本、週1回はハロン16~17秒とハロン20秒を1本ずつというメニューにしています。一息入りましたが緩んだところはなく、むしろ元気になり過ぎたぐらいですね。相変わらず調教は真面目で、先頭でも中でも後ろでもしっかりと折り合いが付きます。馬体は背や胴が伸びてきた感じで、大きなストライドでゆったり走れるようになりました。メニューを進めても気性面の変化はなく、オン・オフの切り替えもしっかりできますね。強いて言えばクールダウン中にチャカチャカするところがあるので、その点が良くなってくれればと思います」
馬体重456㎏



ゼアブラヴ2月末
ゼアブラヴ (ジェシカの14)
2016/03/04
<所有馬情報>ゼアブラヴ(ジェシカの14)
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、残りの日は周回コースでハッキング1,600mもしくはダク1,200m

担当者「徐々にペースを上げていますが、ハロン16秒でも手応えは良いですし、パワフルな動きを見せています。馬体はムチッとしていていかにもパワー型ですが、背中は安定感があって乗りやすいですし、芝もダートもこなせそうですね。少し敏感なところはありますが、基本的には大人しく順調に調教を進められており、飼い食い・体調・脚元など特に問題ありません。ここまでスムーズに来ていますので、今後も様子を見ながら徐々にペースアップしていきたいと思います」
馬体重498㎏


バレーロ2月末
バレーロ (ベルベットローブの14)
2016/03/04
<所有馬情報>バレーロ(ベルベットローブの14)
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回角馬場でダクのと屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、週2回周回コースでハロン25秒のキャンター1,800m、残りの日は角馬場でフラットワーク

担当者「徐々にペースを上げて進めており、月曜はハロン16~17秒で1本、水曜はハロン15~16秒を1本とハロン17秒を1本ずつ、金曜はハロン15~16秒を1本というメニューで乗り込んでいます。テンションが上がりやすいところはありますが、体が減る感じはなく順調に調教をこなしています。坂路での行きっぷりも良いですし、3F47秒ぐらいでも余裕をもって上がっていきますね。体調面なども特に悪いところはなく順調ですので、この調子で徐々にペースアップしていきます」
馬体重465㎏


インビジブルレイズ2月末
インビジブルレイズ (クレバースプリント14)
2016/03/04
<所有馬情報>インビジブルレイズ(クレバースプリントの14)
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回周回コースで軽めのキャンター1,500mと屋内坂路コースでハロン18~19秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m、ウォーキングマシン

担当者「2月上旬から坂路入りしています。敏感なところがありますが、前にしっかり進むので、人が焦らずゆっくり調教を進めていくと、次第に落ち着いて走れるようになりますね。坂路での動きも良いですが、もう少し気持ちに余裕が出てくると、もっとバネのある大きな動きになると思います。今はまだまだ良化の余地がありますが、持っているポテンシャルは高いですし、今後の成長が楽しみです。近々坂路を2本に増やし、周回コースでもじっくり乗っていきます」
馬体重458㎏



バレーロは一番早い組でしょうか??
育成はNF早来、これまでも牡馬の強い馬が多く出ています。
また適性について今までもうひとつはっきりしなかったヴィクトワールピサ産駒ですが、これまでのダート中心の馬ではなく、芝のクラシックでも通用しそうな馬がちらほら。
動画での走りは抜群で(好きなタイプ)、見ていて嬉しくなりますね。
この馬はひょっとするとひょっとするかも~と期待(妄想?)を抱かせてくれる馬。
どうか順調に。






Comment:0
2016
03.05

オーシャンS【GⅢ】&チューリップ賞【GⅢ】予想♪

Category: 競馬
こんにちは。


いよいよ春らしくなってまいりました。
桜の舞台へ向けたステップレース、チューリップ賞に注目です。
応援馬中心に馬券を買うつもりです。


中山11R 第11回 オーシャンステークス 芝1200m 【GⅢ】

◎ 16.アルビアーノ
○ 2.ハクサンムーン
▲ 6.ゴールドペガサス
☆ 11.エイシンブルズアイ
△ 7.スノードラゴン
△ 12.ワキノブレイブ
△ 3.ネロ


ルメール騎手鞍上で、勝負にきていると思われるアルビアーノ。
ゴールドペガサス、エイシンブルズアイの前走オープン特別組に期待。


阪神11R 第23回 チューリップ賞 芝1600m 【GⅢ】

◎ 9.ジュエラー
○ 16.レッドアヴァンセ
▲ 11.シンハライト
☆ 8.エルビッシュ
△ 12.ウインファビュラス
△ 10.ブランボヌール
△ 4.アドマイヤリード


応援はシンハライトですが、桜への賞金はありますので、3着くらいでOK。
面白そうなのはエルビッシュでしょうか。

…。

レッドアヴァンセ、マイナス14kgは仕上げ過ぎじゃないですかねwww
本番大丈夫なんだろうか、、、







Comment:0
2016
03.04

シルク2歳出資馬・近況更新♪【牝馬】

Category: 一口馬主
こんにちは。



今日は澄んだ青空、空気はほどよくキリっと…
すばらしいお天気ですね。

あまり詳しくは書けないのですが、今日は400名くらいの前でお話する機会がありました。

「失敗を恐れるな」
「失敗してこそ生まれる知恵と勇気」
「それは経験になり積み重なる」
「経験豊かな人生は強く、輝く」

まるで、未勝利戦のことを言っているかのようです(笑)

ビビッて大外回しではなく、勝負。
前走の反省点を生かして、次の競馬に。
そしてレース経験を重ねて勝ち上がる。
勝ち星を重ねた戦績は強く、輝くG1馬へ

大いなるご活躍(できればOP馬)を心よりお祈り申し上げます。



今日はシルクの2歳の近況更新がありましたので、牡馬と牝馬を分けてUPします。
まずはこれでもかの牝馬ばっかり出資…


ポールヴァンドル2月末
ポールヴァンドル (レディドーヴィルの14・父ダイワメジャー)
2016/03/04 <所有馬情報>
ポールヴァンドル(レディドーヴィルの14)
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本、残りの日は周回コースでハロン25秒のキャンター1,600m

担当者「この中間から週3回坂路入りしています。体の使い方を覚えてきたことで、ストライドが大きくなり、よりダイナミックな走りをするようになってきましたね。精神的にも落ち着いてきたので、常歩でもしっかりハミを取り、後肢をしっかり踏み込んで良い歩きができています。毛ヅヤも良く体調は入厩当初からずっと良好で、飼い葉もすぐ食べ終えてくれますし、コンスタントに調教を進められるので体もだいぶ締まってきました。牝馬らしからぬ馬体とダイナミックな動きが際立っていますし、体質も強いので今後もどんどん調教を進めていけそうですから、徐々に負荷を強く掛けていく予定です」
馬体重545㎏



チャカレーラ2月末
チャカレーラ (センブラフェの14・父ダイワメジャー)
2016/03/04 <所有馬情報>
チャカレーラ(センブラフェの14)
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m

担当者「2月中旬にリフレッシュで1週間ウォーキングマシンで調整し、その後はまた同じメニューで乗り込んでいます。坂路を駆け上がっていく時の手応えは以前より力強さが増し、調教にも慣れて力むことなく走れるようになってきました。馬体はまだ大きな変化は見られませんが、これから暖かくなってくれば成長してくると思います。少し気難しいところはありますが、徐々に落ち着きが出てきましたし、前向きさがあるのでその気持ちを大切にしながら調教を進めています」
馬体重465㎏



ダーリンガール2月末
ダーリンガール (マストビーラヴドの14・父ファルブラヴ)
2016/03/04 <所有馬情報>
ダーリンガール(マストビーラヴドの14)
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17~20秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間はコンスタントに坂路で2本乗っています。スピードの乗りが速く、回転の速いリズミカルなキャンターを見せています。遅生まれということもありまだ緩さはありますが、その反面とても柔らかく素軽い脚捌きで登坂してきますね。緩さは徐々に解消されていますので、時間を掛けてしっかりしてくるのを待ち、徐々にペースアップしていきたいと思います。普段はとてもおっとりしていますが、坂路へ行くとスイッチが入る感じで、オン・オフの切り替えははっきりしています。少し前向き過ぎるところも見せ始めているので、しっかりコントロールと我慢が利くように教えていきたいと思います」
馬体重477㎏



インハーフェイバー2月末
インハーフェイバー (シーズインクルーデットの14・父ワークフォース)
2016/03/04 <所有馬情報>
インハーフェイバー(シーズインクルーデッドの14)
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m

担当者「2月上旬にリフレッシュで1週間ウォーキングマシン調整にし、その後はハロン16秒にペースアップしています。
もともと跳びが大きくゆったりと走りますが、より体を大きく使えるようになってきましたね。まだハミに頼って走るところがあるので、少しずつ力を付けて改善していきます。馬体は腹回りがスッキリしてトモに筋肉が付いてきており、見た目のバランスも良くなってきましたが、まだ現時点では非力な印象がありますので、今後時間を掛けて乗り込んで、しっかりとした基礎を造っていきたいと思います」
馬体重499㎏


順調なのは、ポールヴァンドルとダーリンガール。
ダイワメジャー牝馬は馬格がある方が良さそうですね。
どんどん食べて、たくさん稽古。
走りはまだまだですが、軸がブレない走り方は良いですね。

ダーリンガールの唯一の不安材料は、母高齢でした。
しかしそれを吹き飛ばすような、好感の持てる走りをしています。
父特有の気性ですが、牡馬ほど顕著ではなさそうですので、上手く勝負根性へとつなげて欲しいです。

一方のダイワメジャー産駒のチャカレーラ。
こちらは馬体、動画更新ともに見るべきところはさほど無かったかな(^^;)
馬体は、11月頃の満口直前の方が良かったかなと思います。
春になっての成長が待たれる一頭、ということで今回は、まぁ。

インハーフェイバーは、つい最近満口になりましたね。
え、いつ出資したんだ、、、

ワークフォースは意外とイケてる種牡馬になりそうな気がします。
昨年、非SSの半兄に出資するか悩んで見送り。
非SSが、というより、見た感じの筋肉の質があまり好みではありませんでした。
それが意外と(失礼w)走っちゃったんですよね。
これはもしかすると、お母さんの繁殖能力が高いのかも、と思います。
いろんな意味で楽しみな一頭。
ご一緒の方、どうぞよろしくお願いします。

牡馬の出資馬に、とても良い走りをする馬がいるので、それに比べるとやはり見劣ります。
しかし、どの馬も順調にメニューをこなせているのは、嬉しくありがたいです。






Comment:2
2016
03.02

ロードTO・2歳出資馬近況&様子見馬♪

Category: 一口馬主
おはようございます。



引き続き、2歳出資馬達の近況更新です。
ロードはまだ13年産が先月ようやく本州へ移動、そろーりそろーりの調整中。
(一頭なんて、プールばっかり入ってます。もう一頭は寝違い&外傷で休養中。)
新馬戦も予想通り終了して、未勝利戦からのデビュー。。。
出来るのかなぁ~~本当にデビューできる???(不安)
まだ15-15一度もやったことない気が。
それでデビューさせられてもね~???
仮に一戦してもすぐに脚部不安で終了、、、は勘弁してください。


リオボニート2月

リオボニート (レディカーニバル’14・父ルーラーシップ)
2016.02.29
リオボニートは、三石・ケイアイファーム在厩。
ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。
・小島調教師 「イイ馬ですよ。新種牡馬ルーラーシップに芯の通った母系。母父ジャイアンツコーズウェイは少し煩いところがある印象を持っていますが、この間見に行った時も大人しくしていました。上が結果を残しており、無事に運べば楽しみが持てるでしょう」


そういうことで、今年度は出資し過ぎとも思える頭数にあって、ロードにおいては1頭のみ。
こちらは今のところ順調、小島茂之調教師にも早々に見に行って頂いたようで、コメントも頂いており、まずまず良いのでは。


【備忘録・様子見】
まもなく、各クラブでも募集予定の1歳馬のリストが上がってくる頃なので、出資は打ち止めにして、来期ドラフトの計画を立てるのが賢明と思われ。
しかし様子見は、とことんまでできるロードTO。
この馬いいかも~と思っている馬を、一応【備忘録】としてUPしておきます。

血統はかのメジャーエンブレムと近い配合。
なかなか魅力的です。
Brushingroom持ちなので、気性は熱いところを持ってそうですね。
父もダイワメジャー、、すごい勝負根性がありそう。

すごく良いと思うのですが、今年の出資は牝馬ばかりですし、何よりちょっとお高いんですよねーーー。
(一口:43200円/500分の1募集)
良血統、上が活躍しているから、クラブの自信の表れでしょうかw


イノセントデイズ2月

イノセントデイズ (レディハピネス’14・父ダイワメジャー)
2016.02.29
イノセントデイズは、三石・ケイアイファーム在厩。
ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「昨秋からのトレーニングの積み重ねによって段々と基礎体力が養われて来た印象。定期的に行なっているハロン16、17秒ペースにも大分慣れており、やはりスピード性能が上々な素質馬と言えそうです。15-15の開始が今から楽しみでなりません」


全兄にマテンロウハピネス。
祖母がオークス馬のレディパステル。
レディパステルの直仔もロードで募集されていますが、こちらはどうも兄弟に体質がやや虚弱な仔多しの印象。
(注:決して今回募集の子がそうだというわけではありません。)
一代挟んでの孫にあたります。
良血ですし、馬体やお顔もなかなか良いですね。
ダイワメジャー産駒で早期始動も可能な雰囲気です。
何より、いつもハッキリしないロード担当者のコメントが、至って前向きです(笑)
↓↓過去コメントより
「背中抜群」「豊かなスピードを有する素質馬」「率直に言ってイイ馬です」

直前まで様子見をして、もしもロードで1勝できたら考えますかー
その頃にはもう15年産のリスト発表で検討に気持ちは移っているのかもしれませんけれど。

他の馬のコメントにあったのですが、「今年は産地馬体検査を考えていない」そうで、早期始動が可能な馬は直接入厩させる意向らしいです。
どっちでもいいけど、13年産の未デビューの馬、まだかなりいますが大丈夫なんでしょうね???
今、ざっと数えたら、13年産募集27頭中、11頭未出走(引退決定1頭、北海道2~3頭、故障中2~3頭)

…。
…。
怖い。。。。

よろしくお願いしますよ~~~ロードさんww







Comment:4
2016
03.01

社台サラブレッドクラブ・2歳出資馬近況♪

Category: 一口馬主
こんばんは。



時間のあるうちに一気に記事更新してしまおうっと。
こちらは唯一の少数口クラブ…本家出資馬ちゃんです。
なのに、やっぱり社台育成…文句言っておきながら、応援してたりもします(苦笑)

あと数日で今月の近況更新がありそうですので、その前に。
名前も週末に発表でしょうか~?


マンハッタンセレブの14 2月

マンハッタンセレブの2014 (父・ジャングルポケット)

2016年2月5日
(社台F) 
この中間も順調に調教を行っています。コンスタントに1000mの直線ダートコースでハロン17~16秒ペースのキャンター1本を乗り重ねてきて、元気一杯の日々を過ごしています。
走りに柔軟性があって、体を丸めて背中にも伸縮をうまく伝えることができているため動きが伸びやかで、期待の高まる1頭です。
現在の馬体重は450kgです。

2016年1月8日
(社台F)
周回コースで常歩、ダク、軽めキャンターを乗ったあと、直線ダートでハロン18-17秒を1本乗っています。前後のバランスが取れたナイスキャンターをする馬で、ここにきて乗り手をグイグイ引っ張っていく力強さが出てきました。直線ダートでの調教を再開したことで馬体が減ってきましたので、これ以上減らさないよう慎重に対処していきます。現在の馬体重は444kgです。

2015年12月4日
(社台F) 調整を進めていますが、ヘコたれるような面を見せることなく安定感のある走りができている印象の本馬です。周回コースにて常歩3000m、ダク1200m、ハロン20秒ペースのキャンターというメニューです。まだ、心身ともに若い面は見受けられますが、現時点でも素質の高さは感じさせており、大事に開花させていきたいと考えています。現在の馬体重は460kgです。


マンハッタンセレブの14 2月キャンター

近況は3ヶ月分まとめて、、、記事にしていなかった模様(汗)
現状、問題なく順調に調教が進められています。
馬体写真は…洗ってもらった後に撮影されたのかな?
社台F育成ですが、前記事の2頭よりもピカピカしてますねー(苦笑)

半兄のロスカボスは、すみれSを勝てず3着は非常に残念でしたが、まだこれから。
ゲートに難がありますし、いろいろと難しいところがある馬。
ただし、馬っぷりは本当に良くて、いつもパドックを見ると本命にしてしまいます(笑)

活力は落ちてきたものの、まだ地道に勝ち続けているジャングルポケット産駒。
大好きなジャングルポケットの子供、頑張って欲しいです♪







Comment:0
2016
03.01

東京サラブレッドクラブ・2歳馬近況♪

Category: 一口馬主
引き続き、東京サラブレッドクラブの2歳出資馬近況です。


こちらは前述の記事にも書きましたように、社台ファーム育成の馬がもうひとつ、、、ですね。
どちらも今後の育成にかかわってくるような頓挫ではないので、引き続きじっくり育成ということで。
逆に言えば、調教自体は順調も、なかなか体重が増えてこないのがサセッティの14。
素質も十分ながら、兄弟を見ても体質は丈夫と言い切れないだけに、少し心配ですね。


サセッティの14 2月末

サセッティの14(父ディープインパクト)
16.02.29
(ノーザンファーム早来)
現在、週3日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込み、週1日は屋内坂路コース800mをハロン16秒のペースで登坂、週2日はウォーキングマシンでの運動のみの日を設けて進めています。坂路コースでは現在のペースでも手応えは十分で、体を上手く使ったフットワークを見せています。寒い時期ですが、冬毛は目立たず毛艶も良好で、良いコンディションで調教を行うことが出来ていますが、馬体はまだ華奢で成長途上にあります。引き続き馬体の状態にあわせて適宜休養をとりながら調教を進めていきます。馬体重は402キロ(前回と同じ)です。



ストライキングヴェイルの14 2月末

ストライキングヴェイルの14(父・ハーツクライ)
16.02.29
(富田ステーブル)
今は坂路で週に2~3日、17-17くらいのペースで乗っており、引き続き屋内の1周600mダートコースでも5周、ハロン21~22秒程度で乗っています。3月に入ったら坂路でのペースをもう少し上げて、15-15を週に2日くらい乗っていきたいと考えています。相変わらず稽古には真面目に取り組んでくれていますし、乗っているぶんには性格的にも問題はなく、飼葉の食いも良好ですね。馬体重は490キロと、乗り進めていく中でもさらに体は増えて来ています。特にどこかが悪いというわけではないのですが、先日、定期的に来てもらっている獣医の先生に馬体や歩様のチェックをしてもらいました。多少筋肉に疲れが見られるとのことなので、念のために筋肉注射を打ってもらっていますが、調教メニューに影響はないですし、日が経つにつれて張りも取れてきたような印象です。ここまで特に問題なく進めることができているので、この後も引き続き様子を見ながら、さらなるペースアップを図っていきたいと思います」



ダンスーズデトワールの14 2月末

ダンスーズデトワールの14(父・ステイゴールド)
16.02.29
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重470キロ。
担当スタッフ「前回報告した蹄底の傷のケアは続けていますが、症状は治ってきています。ずっと乗ってきて体も少し寂しくなってきていたので、ちょうどよいリフレッシュになればと思っていましたが、その効果は大きく、すっかり元気を取り戻して元気いっぱいですね。体は短期間で20キロほども増えていますよ。この時期なので肌艶はもうひとつですが、これから調教を再開するに当たって体が増えてきたのは何よりですから。もう少し様子を見ながら騎乗再開時期を判断していきます」



コロンバスサークルの14 2月末

コロンバスサークルの14(父・シンボリクリスエス)
16.02.29
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重470キロ。
担当スタッフ「引き続きマシン運動のみにとどめ、背腰の筋肉疲労のケアを行っています。レーザーとショックウェーブも施しており、歩様は悪くありません。ただ、ここはもうひと我慢して、今しばらくは運動調整にて楽をさせるつもりです」



ステージヴァージンの14 2月末

ステージヴァージンの14(父・ゼンノロブロイ)
16.02.29
(ノーザンファーム空港)
担当スタッフ「マシン運動によるリフレッシュ期間を経て週末から元のメニューに戻しています。ダク500m、キャンター2500mをベースとして、週1回坂路2本、ペースはハロン17~18秒ぐらいです。馬体重は469キロとふっくら見せていますし、現状特に不安な点はないですよ。気の強さを見せるようになってきましたが、走る時は相変わらず集中して動いてくれますし、この調子で進めていければいいと思います」



この時期の馬体はピカピカの子と、モコモコの子との差が…
相変わらず、天下のノーザンF育成の子は綺麗です。
社台F育成の子は…いつもこうですね~まぁモコモコぬいぐるみ、とまではいっていないので良しとしておきますが。
(NFとは多少場所による環境差があるといえど、もう少し頑張って手入れしてくだされば、やってやれないことはないと、つい思ってしまいますw)
ダンスーズの方はすっきりした良い顔つきになってきました。
コロンバスの方はお休みが長引いて、ちょっと馬体のバランスが崩れてきてしまっています。
早く通常メニューに戻して、鍛えて欲しい。
富田ステーブルさんのコメントはいつもご丁寧です。
そして日高の個人牧場系育成にして、かなり良い状態を保ってもらっています。
とても大切にされていて、その期待感を感じずにはいられませんね。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

こちらも牝馬5頭…父は違えど、見事に女の子達ばっかり、、、






Comment:4
2016
03.01

キャロットクラブ2歳馬・近況更新♪

Category: 一口馬主
おはようございます。


今日から3月、春はすぐそこまで来ていると感じながらも、まだまだ寒いです。
今朝はうっすらと雪が…屋根や車は白くなるほど、、、飛騨地方からの流れ雪かな。
北海道は大荒れのお天気、お住まいの皆様は大丈夫でしょうか。

新千歳空港の発着便も昨日は多数欠航、快速エアポートも運休便があったようで…
この時期の牧場見学は、かなり天候には気をつけないといけませんね。
昨日の真っ白になっている空港の映像を見て、あまり早くから予定を入れず、天候の様子を見ながら予約を入れた方がいいなぁと改めて思いました。
今月末に北海道へ旅行に行きます。
その頃には少しは暖かくなっているかな?
ただし今回は単独旅行ではないので、牧場見学の予定は入れられそうにないのがとても残念(^^;)



昨日は各クラブで、月末の近況更新がありました。
東サラ、キャロット、ノルマンディー、ロードほぼ順調ですが、東サラのコロンバスサークルの14が引き続き少しお休み、ダンスーズデトワールの14も蹄の様子を見ながら~で、社台育成の子達がちょっとゆっくりめになりそうです。
まずはキャロットクラブの牝馬3頭~至って順調で何より。


ミリッサ2月末

ミリッサ (シンハリーズの13・父ダイワメジャー)
2/29  NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調整を行っています。前向きな気性の持ち主ということもあり、オーバーワークには気を付けていますが、今のところ問題なく調整を進めることができています。柔らか味のある筋肉に包まれた馬体を存分に活かした伸びのあるキャンターは秀逸で、今後もさらに走りの質を高めていきたいと思います。



クルークハイト2月末

クルークハイト (ヴァイスハイトの13・父クロフネ)
2/29  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。調教の動き自体は抜群と言えますが、動かし過ぎると精神面やカイバ食いに影響する恐れがあるので、ペースを上げる時期は慎重に検討していきたいところです。血統的にこれから硬さが出てくることも考えられますので、しっかりと見極めながら日々のメニューを進めていければと思います。



キスイン2月末

キスイン (キスショットの13・父ダノンシャンティ)
2/29  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。走りに対する前向きさが出てきている一方、時より幼さを覗かせることがあります。体力面でもまだ心許ないところがあるので、今の調教ペースを維持して乗り込むことで更なる下地の構築を図っていければと思います。


ミリッサちゃんに関しては、もう言うことなし!期待の星です。
なんでしょう、この可愛さ、コメントも絶賛です。
活躍馬の多い血統ですから、スタッフさんたちもその辺りを加味してのコメント。
とにかく無事にいってさえすれば、来年の仁川で花見、が叶うかもしれません♪

クルークちゃんはぽよよーんとしていたお腹周りが引き締まって、だいぶスタイルが良くなってきました。
ダートなのかなぁと思っていましたが(以前の近況コメントでもダート適性が高いとありましたし)、これは芝もいけそうな気もしてきました。
クロフネサプライズやホエール姉さんのように芝で活躍したクロフネ牝馬も多いですので、それに続けるといいなぁ。
この父の仔、硬さが出てくるようなら、ダートでもOKですよ~

上の2頭に比べると、短距離、ダートよりのパワー型なのかなと思います。
まだまだ幼い様子ですが、じっくり進めて頂ければ。
ピリッとしたところがありそうですので、それがうまく勝負根性へ向くといいですね。






Comment:0
back-to-top