FC2ブログ
2017
11.28

デビュー&復帰に不安が残るノルマンディー出資馬達

Category: 一口馬主
こんにちは♪





今週、12月2日(土)に よ・う・や・く デビューを迎えられそうな
ノルマンディーOC 出資馬 カシャーサ (メロークーミス15・父パイロ)ですが…

カシャーサ9月末
Cachaca

◎2017/11/24 (栗東トレセン)

22日(水)にCWコースで6ハロンから併せ、86.3-70.3-54.8-40.0-12.4を馬ナリに追い切りました。「繊細な面があって、追い切りを消化するごとに飼い葉食いが細くなってきているため、あまり強い負荷はかけ過ぎないよう注意しながら調整しています。今週は初めてのコース追いでもしっかりと終いの脚を伸ばし、スピードもいいモノを持っているのですが、まだ追われてから頭を上げてしまう場面が多く目につきます。使いつつ良化するタイプに映るものの、そういった課題が解消してくれば、走ってきそうな雰囲気は感じていますよ。来週12/2(土)阪神・2歳新馬(ダ1400m・混)でデビューさせたいと考えており、鞍上は松山弘平騎手に依頼しました」(渡辺薫彦調教師)



初めての渡辺薫彦厩舎。
近況更新などのコメントも師直々、詳しく丁寧で一生懸命やって下さっている感が伝わってきて、好感が持てます。
実は開業初年度、キャロットで募集されていた渡辺厩舎預託の馬を出資検討していたことがありました。
結局その馬は惜しいところで未勝利引退したものの、厩舎としては良い印象が残りました。
(遅生まれで小さい牝馬ということもあり、もともと厳しい条件ではあった)
機会があれば、と思っていたところ、昨年ノルマンディーOCでこの馬が募集されました。
ノルマンディーOCでは、出資馬があまり順調でなかったこともあり、控えめに1頭のみ申し込み。
意外に人気をして、ノルマンディー独特の対策である「口数調整」により、ギリギリのところで抽選回避。
無事に出資が決まりました。

ただ今年のノルマンディーの新馬達(2015年産)、夜間放牧が延長されたことが大きな要因で調整の開始遅れが顕著。
調整開始は近年どんどん早くなる傾向にあり、それに伴い募集時期も繰り上げるクラブが増えています。
この時代に逆行するような試みですが、国外ではそのような調整でも成果を出しているところもあり、一概にそれだけが原因ではないような気もしています。
この案件については、ノルマンディー側もそのような部分で一部認めているので、今年の16年産では改善がなされて然り、と期待したいです。
個人的にはそこだけではなくって、やはり育成にかかわる技術とか人材とか、そのあたりとの関わりだと思っていますがw
コツコツ走って会員に楽しんでもらう、少しでも利益が上がるように、というクラブのコンセプトからどんどん離れていっていますからね、現状。
低予算でのクラブ経営は非常に努力されているだけに、残念なところです。

と、いうことでこの子も十分に乗り込みを重ね、鍛錬した上でトレセンへ移動、、、、ではなく。
(あくまで一個人の感想です。)
会員の声に半ば大慌てで移動、のような感じですね(苦笑)
入厩直後から渡辺師はとても頑張ってくれて、何とかこうしてデビューの見通しも立ったというわけです。
(まだまだデビューの見通しさえ…というノルマン馬多数います><)

しかしながら当然、驚くようなすばらしい時計を記録するわけも無く。。。
「使いつつ」というやつです(苦笑)
まずはデビューできることがありがたいですね。
(同馬に出資中のお仲間には申し訳ないですが、心の中では二桁大敗も覚悟しつつw)
下記に挙げるアナザートゥルース以外はすべて大敗でしたから、今回も無事ならOKと思っています。
よろしくお願いします。



それから、もう一頭。
個人的には未だ納得のいかない「去勢手術」による長期休養。
復帰の目処がたった アナザートゥルース (キョウエイトルース14・父アイルハヴアナザー)ですが、こちらもピリッとしません。
当初は11月最終週→12月3日の中山・チバテレ杯にスライドして出走予定だったのですが…


アナザートゥルース7月末
Another Truth

◎2017/11/24 (美浦トレセン)

19日(日)に坂路コースで4ハロン57.4-42.2-26.8-12.8を単走で馬ナリに追われ、22日(水)にはWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、72.0-56.2-40.9-13.0をゴール前仕掛けて追い切りました。「元気はあって体調そのものは良さそうなのですが、気を使っているというか、おどおどしている感じですね。22日(水)に馬場をウッドチップコースに変えて追い切ってみたところ、それが顕著に現れました。格上馬相手とはいえ、2馬身先行もすぐに追いつかれ、促して促してやっと併走。もっと自分から動いて、時計も出せないと。これでは来週の12/3(日)中山・チバテレ杯(ダ1800m)に間に合うかどうか微妙なところ。精神的に追い込むことは簡単ですが、むしろ逆効果になるでしょう。これが去勢と半年間のブランクでしょうか。この中間の精神状態を鑑みて、来週の追い切りの内容を考えます」(高木登調教師)



トレセン入厩後はまずまず順調に時計を出していましたが、徐々にペースダウン。
「おどおどしている」「怖がりな面」「神経質」などのネガティヴコメントが並んでいます。
暴れん坊でレースに支障が、大敗を繰り返す、、などならともかく、デビューからまだ3戦(しかもデビューから2連勝)。
やっぱり去勢の決定は間違いだったんじゃないかと…本当にどうしても納得がいきません。
上も去勢によって成功を収めたともいえますし、クラブの決定事項ならば仕方がありません。
普段から馬っ気が強かったのは事実ですし、この施術が正解であったと納得させてくれるのは、彼の見違えるような走り、それしかないのですよねぇ~~(--;)

期待も込めて、必ず良い走りを見せてくれると信じて応援したいですが、やはり不安の方が大きいです。
調整が遅れているので、残念ながら3日(日)の出走は見送って、翌週の10日(日)同条件戦・中山3歳上1000万下・ダート1800mへのスライドが濃厚ですね。

今年の募集では、1頭のみ カグラ16 (父マンハッタンカフェ)に出資を決めましたが、これはこれらの結果次第ではいよいよ…
そうはならないように、何とか頑張って欲しいです!!



click please!!


スポンサーサイト
Comment:4
2017
11.28

ロードTO抽選対象馬の発表と結果通知について

Category: 募集馬検討
おはようございます♪




昨日、先のアナウンスどおりに、ロードの申し込み状況についての発表がありました。



2017.11.27
2017年募集【先行受付】は11月24日(金)到着分を以って締切とさせて頂きました。たくさんのお申し込みを下さいまして誠に有り難うございました。
No.1 キャトルフィーユ'16(会員)、No.9 ワイルドココ'16(会員)、No.12 レディアルバローザ'16(新規入会・会員)は募集口数以上のお申し込みを頂いたため抽選による受付となります。
なお、抽選結果の通知は11月30日(木)発送予定の書面に限らせて頂きます。12月5日(火)17時までに書面が到着しない場合のみ事務局へお問い合わせ下さい。
今後は12月11日(月)午前10時00分より先着順で電話、オフィシャルサイトによる受付を行ないます。
また、11月27日(月)現在の2017年募集馬の申込状況をお伝えします。
No.8 ワンフォーローズ'16、No.11 スピニングワイルドキャット'16、No.20 インディアナギャル'16は残り100口未満
No.13 レディブラッサム'16は残り150口未満となっております。



…と、いうことで、私が申し込んだ レディアルバローザ’16 は会員、新規入会ともに「抽選」といった結果に。
申し込み総数はおそらく発表されないでしょうから確認は出来ませんが、もしかしたら結果一番人気?
抽選も相当に厳しいものになりそうな気がしています。
まぁ想定内です。

でも他の2頭は会員内のみの抽選になり、新規入会なら確定。
これは仕方が無いとは言え、ちょっと切ないですね~
やはり会員で募集数(500口)を超えた場合には、会員のみの抽選として新規は出資不可とした方が気分的には、、、
しかしクラブ運営もビジネスですから、新規会員獲得は大切なわけで。

ワンフォーローズ以下、3頭は抽選になるかどうかギリギリのところでしたが、無抽選となりましたね。
やはり今年も抽選対象馬は3頭と、いつものロードでしたw
直前の“プレミアム”問題などもあって、買い控えがあったのでしょうかね?
ディープ牡馬のスピニングワイルドキャットが満口にならなかったのは意外でした。
(ロードの高馬は…走るディープ牡馬は…ですかねww)

ロードカナロアの全弟、レディブラッサム’16については良い馬でしたが、さすがに「盛り盛り」価格がネックに?
キャロットでなら、15万~でも検討できても、ロードで(現状の成績など加味すれば)は、なかなか決断するに勇気が要りますね。

その他、セール出身馬など、申し込みたいなぁという馬は数頭いたのですが、無事に「様子見」できそうです。
まずは、郵送での結果通知を確認して、です。
待ち遠しいなぁ~
(せめて会員はネット申し込み、メッセで通知に改善希望です!)


レディアルバローザ16・1
Lady Albarosa'16 ご縁がありますように!!






Comment:2
2017
11.27

11月は過去最高の勝利数(1ヶ月あたり)でした♪

Category: 一口馬主
こんばんは♪



11月も終わりですね~次の開催は12月になるので、ここで今月を振り返り。
一口馬主DBさんからのキャプチャです↓↓


一口馬主db11月成績

新馬、500万、1000万、1600万を仲良く勝ち上がり。
それぞれひとつずつ、クラスが上がりました。
レッドゲルニカとストライクイーグルは降級していましたので、返り咲きとなりました。

そして2013年産から始めて、出走は3年目。
今年は2・3・7・8月に3勝しているのが最高でしたが、今月は初の 4勝!
15出走(15頭)で4勝でしたので、おおよそ4回に1回勝てたことに。
有難いことですね。


レッドゲルニカ・テレビ静岡賞


さて来月はしばらく休んでいた アナザートゥルース が久しぶりに出走してきます。
それからこの世代のノルマンディーではただ1頭出資した カシャーサ がデビュー予定。
(時計がなかなか出ないので、微妙~ですがw)
中旬には、東サラの レッドイリーゼ がデビュー予定。
それから勝って欲しい2頭がなぜか同じレースに… パーシーズベスト レッドコルディス
今月と同じく、15頭くらいは出走の予定です。
贅沢ですが、あと2~3勝できれば…はい、贅沢ですね(苦笑)

今のところ、一番楽しみなのは、東サラのドラ1であった レッドイリーゼ のデビュー戦です。
まだ鞍上も決まっていないですが、どうか順調に調整がなされますように。







Comment:2
2017
11.26

レッドゲルニカ銀嶺S優勝&バレーロ(500万下)2着!!

Category: 一口馬主
こんばんは♪




ジャパンカップ、応援していたレイデオロは2着でした。
直線の伸びはすばらしかったですし、頑張りましたね。
物凄いプレッシャーの中での出走となったキタサンブラックですが、3着でした。
やっぱり前走のタフな馬場での激走、その疲れが抜けきっていなかったのかもしれません。
対するシュヴァルグランはここと目標を絞っての調整でしたら、正しく万全の態勢。
シュヴァルグラン、ボウマン騎手、初の国内G1制覇おめでとうございました。
馬券の方は、シュヴァルグラン3着固定の3連単は惜しくも当たらず…
地味に3連複のみにとどまりました。



さて土曜日ですが、出資馬が2頭出走しました。
忙しかったのと、PC環境の不具合にて、レース前のエントリーはできませんでしたが、結果は周知のとおり。
まずは京都7R 3歳上500万下・ダート1400mの自己条件戦に出走した バレーロ (牡・ベルベットローブ14・父ヴィクトワールピサ)ですが、 2着 に健闘しました!





ひょっとしたら勝てるかも?との期待もありましたが、勝ったメイショウサチシオは強かったですね。
サチシオとは再戦(前走2着、バレーロは5着)でした。
最後追い出してからは良く伸びましたが、サチシオとの距離が開き過ぎていました。
それでもここ数走はきちんと“真面目”に走っていますし、京都のD1400mは得意のコースなんでしょうね。
いろいろと適性を求めて迷走した馬ですが、成績が安定してきているので、もう「しがらき厩舎」放置なんてことは無さそうかしら?
馬体も40kg~増えており、馬体・精神面ともに成長が見られますね。
また鞍上の荻野極騎手とも手が合っているようです。
このままコンビ継続で次は勝ち上がって欲しいですね!
頑張れ、バレーロ♪

そして、準メイン10R 銀嶺ステークス(3歳上1600万下・ダート1400m)に登場の レッドゲルニカ (牡・エポカブラヴァ13・父カジノドライヴ)。
1番人気に支持されるも、斤量も断トツの1番:58kgでの出走。
前走は大きく出遅れてしまい、回ってきただけの二桁着順。
今回は休み明け、また不安はゲートの出。
一応ゲートの確認もしていましたし、とりあえずスタートが5分ならば、勝ち負けと考えていました。
大きな馬ですので、少々の斤量差はあまり関係無いかな~と。
馬場も良い感じに稍重でしたしね(水溜りに驚いて大敗したことありw)。





今回は鞍上がルメール騎手に乗り替わりになりました。
結果はスタートも上手く決め、ほぼ持ったまま、まるで調教のような楽な手応えでの完勝。
期待に応える強い勝ち方で 優勝 することができました!
これで再びのオープンクラスにも返り咲きです(*^^*)♪
本当~に一口馬主孝行な馬です。
これで回収率は500%をゆうに超えました。
目指せ!1億円ホース!
いやいや、大きく出過ぎましたw何より無事が一番です。
故障無く頑張ってくれることが一番嬉しいですね。

そういえば先日、今年の社台SSの種付け料が発表されましたが…
そこにカジノドライヴの名前がありませんでした。。。
ここまで社台SSでお世話になったことはありがたいですが、この後はどこで繋養されるのでしょう?
ちなみにこの日、京都の準メイン花園Sでも、ヒロブレイヴが優勝し、カジノドライヴ産駒のダブル勝利となりました。
ダートの種牡馬はあまり需要が無いのが残念ですが、とても良い種牡馬だと思うので、もっと募集されたらぜひ出資したいのになぁと思います。
4月にスタリオンで見たカジノドライヴは、愛想が良くてなかなかのイケメンでした。
藤沢師が彼で果たせなかった偉業を、ゲルニカで果たせたら、、、
しかし無理は禁物…体力的にも相当な負担のかかることが不可避な海外遠征は、、、しなくても良いです(苦笑)


カジノドライヴ血統表

カジノドライヴ
Casino Drive


この後は暮れの阪神、有馬の裏開催(鞍上が調整になりますね)のギャラクシーステークス(ダート1400m・ハンデ戦)が当面の目標とのこと。
これは1月末の根岸ステークス(G3)、そしてもしかしたらの2月の砂のG1フェブラリーステークスまで、期待と妄想を膨らませつつ、楽しみに応援したいと思います!!

今週頑張ってくれた牡馬2頭、次がとても楽しみです♪
ありがとうございました。







Comment:4
2017
11.26

☆ Japan Cup ☆ 【G1】の予想と応援馬♪

Category: 競馬
こんにちは♪



今日はジャパンカップDAYですね。
ラスト2つを優勝で飾りたいキタサンブラックの連勝なるか?
はたまた待った!をかける馬の登場か!?
個人的にはやっぱりこの辺りで世代交代も含め、新興勢力に期待したいですね。
ただあの前走の厳しい競馬、あの状況から抜け出して優勝したキタサンブラックはタダモノではない。
血統が、調教が、とかいうことを通り越して、ただただ凄いの一言です。


◎ 12.サトノクラウン
○ 4.キタサンブラック
▲ 2.レイデオロ
☆ 8.ソウルスターリング
△ 9.レインボーライン
△ 11.マカヒキ
△ 1.シュヴァルグラン


レイデオロデビュー戦
Rey de Oro


応援馬券はレイデオロ。
デビュー戦はポールヴァンドルを差しきり勝ち、だからこそ応援です!笑
(後ろにチラッと写っている芦毛の可愛いお顔がポールヴァンドルw)
本命だったテイエムオペラオー(5歳)がジャングルポケット(3歳)に敗れたのも、ジャパンカップでした。
それから、ただ1頭の牝馬ソウルスターリング。
調教は抜群でしたね。
好調の藤沢厩舎、頑張って欲しいです。

え、外国馬???うーん、まったくわかりません。
独国の馬が良さそうかな?
でもやはり海外遠征って、相当に消耗しますしね。

全馬無事に、良いレースを。






Comment:2
2017
11.23

各クラブ出資2歳馬のこれからの予定など~

Category: 一口馬主
こんにちは♪



今日は勤労感謝の日ですね。
働いている皆さま、お互いにお疲れ様です。
このご時世、サービス業をはじめ祝日でも、皆がみな休めるわけではないので…
明日は平日が1日だけ入り、、、体内時計が狂って変な感じですw
競馬を始めてから、水曜日に想定など→木曜日に出走確定→金曜日に枠順確定
みたいなスケジュールが染み込んでしまって(苦笑)


さて、先日9日に行われた(自分的)勝負レース「秋明菊賞・2歳500万下」。
期待のロードカナロア牝馬レッドシャーロット (シルバーフォックス15)が出走しました。
もしここで賞金加算できて、来月のJFに、とでもなれば阪神競馬場へ(泊まりで)参戦予定だったのですが。。。





人気を分け合った、ロードのシグナライズ(ワイルドココ15・父フランケル)が優勝。
完勝でしたね。
こちらといえば惜しい競馬どころか、馬群を上手く捌けず前が塞がってしまい…
気持ちが切れてしまった、とのことで後は追わず流しただけ。
10頭立ての8着と思わぬ大敗を喫してしまいました。

ここ数走、数を使うごとに気性の問題が大きくなってきていて、能力があれどレース本番では発揮できず。
テンションが上がりっぱなしで燃え尽きてしまい、どうにもなりません。
このあたりは牝馬って難しい部分なんですよね。
出資馬ではありませんが、シルクのキープシークレットが大敗を繰り返していて、これも同じく気性面。
自分との闘いに苦しんでいるように思います。

シャーロットは年内はとりあえず放牧、休養。
また年明けのレース(現在は紅梅ステークスを予定)で仕切り直しとなります。
シグナライズもここか、次のエルフィンSを目標に進めてくるようですので、今度はこの借りを返せるよう奮闘して欲しいです。
(結局は阪神JFには出走しないのですね~苦笑)


さて、他の主な2歳馬の予定ですが、【東京サラブレッドクラブ】のレッドベルローズは、阪神JF(抽選)は目指さず、放牧に。
デビュー戦3着だった レッドプリモもソエ、少し球節の腫れが出たため放牧。
レッドイリーゼは来月17日、中山でのデビューを予定しています。

【シルク】の前走は3着と健闘した(ただし1着とは+1.4差)シルフィウムは、まだトモに力が付ききっておらず、成長を促す意味もありの放牧へ。
この血統は徐々に良くなる感じですので、まだ焦らずとも大丈夫なのかな。
でも中山のような小回りも合っていそうな気もします。

【キャロットクラブ】のフラットレーは当初検討されていた葉牡丹賞は回避。
暮れの28日、G1・ホープフルSへ向かうことに。
1勝馬ですので、抽選対象になり、出られるかどうかはわかりませんが、出走可能となれば楽しみです。
しかしここがまた今後を占う大きなレースになることは間違いなく、、、
大雪とかやめて欲しい…このあたり寒波が来て、悪天候になりやすい時期ですよねぇw
とにかく無事に調整をお願いします。

【ロードTO】、先週のデビュー戦は2着だったロードダヴィンチは12月2日の阪神の未勝利戦・芝1600mに向かうことになりました。
鞍上はアッゼニ騎手です。(さて、どうなんでしょう)
勝って放牧が望ましいですので、ここはしっかりと決めて欲しいです。








Comment:4
2017
11.22

24日18時必着締め切り!ロードTOの申し込み完了♪

Category: 募集馬検討
こんにちは♪




昨日の朝は、めちゃくちゃ冷え込みました~(><)
前日の夜遅くにみぞれのような冷たい雨が降って、そのまま氷点下に突入。
さて、出掛けようかと車に…

…。
…。

凍ってる…!!(*_*;)


IMG_20171121_072606_369.jpg
(PEUGET 2008ciero)

風の抜ける乾燥している場所なので、普段は真冬でもあまり無いこと。
しかもフロントガラスの部分の氷、厚いww
一旦戻ってお湯を沸かして、、、想定外に時間がかかってしまいました。
この日はスリップ事故などもあちこちで起こっていたようです。
冬の運転は注意に注意、慎重に。




さて、今月頭から募集されていたロードTO の2017年度新規募集ですが、ようやく明後日24日18時必着にて締め切られます。
他の多数口クラブ(見学ツアーなどが1回ある場合)に比べて、期間が長かったですね。
だいたいツアーから1週間~10日くらいで締め切られているような印象ですが、それより更に10日ほど多かったかな?
下手に日にちが長いと、あれこれ考え過ぎて堂々巡り…
その上、週末に特定の馬が勝ったりすると、その種牡馬の産駒や血統が欲しくなり、というのは起こりがちな事象。
最初のインスピレーション+実馬の印象・現状+血統情報でサクッと決めたいはずが、、、
なかなか決まりませんねぇ~~~

それでもさすがに週初めには決めて投函しないと間に合いません。
ロードは会員も“郵送申し込み”のみなので、この関係で日数がとってあるんでしょうね。
(料金後納郵便の封筒には「到着まで5日ほどかかります」と注意書きあり)

中間発表のほうも、ギリギリ20日(月)の夕刻17時頃~にはUPされていたようです。
心配だったので、この2回目の発表は待たずして申し込みは済ませました。
(2回目の中間発表)↓↓↓


2017.11.20
2017年11月20日(月)現在の2017年募集馬の申込状況をお伝えします(申込口数200口以上が対象)。
【400口以上】No.1 キャトルフィーユ'16、No.9 ワイルドココ'16、No.12 レディアルバローザ'16
【350口以上】No.11 スピニングワイルドキャット'16
【300口以上】No.8 ワンフォーローズ'16
【250口以上】No.13 レディブラッサム'16、No.20 インディアナギャル'16
【200口以上】No.2 キャサリンオブアラゴン'16、No.31 ミステリューズ'16
パンフレット同封の申込書類による期間限定の郵送受付は2017年11月24日(金)到着分を以って締切とさせて頂きます
(出資内容は申込受付後に弊社より郵送される請求書にてご案内を差し上げます)
なお、同期間に一括払でお支払い頂いた場合のみ競走馬出資金(税抜)の10%相当分がポイントとして付与されます。




そして、今年度募集最後のクラブ(自分が会員のクラブ)で申し込んだのは…







レディアルバローザ’16・カタログ写真
12.レディアルバローザ’16(父ディープインパクト BMS:キングカメハメハ)
2016年2月28日生まれ 栗東:藤原英昭厩舎 預託予定
一口価格:97200円(総額4860万円)



結果発表ですが、クラブより発送の請求書にてとあるので、月末くらいには届くのでしょうか???
(発表もやはり郵送のみのようですねw)
今年の出資確定馬には、ディープインパクト産駒が1頭いなかったですしね。
ワンフォーローズ’16も良かったのですが、今回はこの子一本釣りにて申し込みすることに。
もちろん抽選になりますので、結果はこの後、、、

他にセール出身の子でも気になる馬はいましたが、まずは1頭確保できるかどうかを確認してからに。
いつもなら抽選、先行満口になる馬は2~3頭ですが、今年は5頭くらいかな。
ギリギリまで様子見できれば良いなぁと思います。

無事に出資が叶いますように。
(書類に不備なく届いたかが、いつも非常に心配ww)







Comment:0
2017
11.20

ロードダヴィンチは2着!今後の成長に期待したい馬

Category: 一口馬主
こんばんは♪




日曜日の東京5R 新馬戦に出走した ロードダヴィンチ (レディアーティスト’15・父ロードカナロア)ですが、惜しくも2着でした。
当日は応援には行けず、GCでの観戦になりました。
まずはパドック。
動いているダヴィンチを“はっきり”見るのは、募集動画以来w(苦笑)
周回は最後尾でしたが…


「おおっ!」これはなんと雄大な!!(//▽//)
予想以上の好馬体に成長していて、驚きました。
このブログを書いていて改めて感じたのですが、この子はロードカナロアの産駒なんですよね。
印象としては、その父(祖父にあたる)キングカメハメハ産駒のようなイメージでした。
関西馬であるのにもかかわらず、東京で下ろしたのには、広いコースが合いそうという走りからか。





センス良く、すっと決めたスタート。
道中も落ち着いていて良かったですね。
ただ唯一の心配はどスロー、よーいドンの末脚勝負になれば分が悪いかも、という…そのとおりになってしまいました。
現状では馬体含め完成しておらず、そして藤原厩舎ですから一杯仕上げで新馬勝ちさせる厩舎でもなく。
無事であれば、勝ち上がりはもちろんですが、古馬になってさらに良さそうな、そんな馬ではないかと思っています。

次はどうするかなど、まだレース後コメントや予定についての言及はありません。
大事に使ってもらえれば良いですし、関西で走る折には是非とも応援に行きたいですね!
近いうちに実馬に会えることを楽しみにしています♪



レディアーティスト15カタログ写真キャプチャ


ちなみにこれは昨年のダヴィンチのカタログ写真です。
今年よりも早い時期に募集がかかったこともあるのですが…
まだ子供の毛が抜けきっていないような可愛い姿です。
これで一口75600円(税込み/500分の1)って、よく(ロードでの)ドラ1で申し込めたなぁ~
昨年は展示会、ツアーにはひとつも参加していません。
(確かこの後すぐに、HP上で立ち姿の更新があったと思いますが)

さて、今年度のロードTOの先行申し込みも24日18時必着で締め切りです。
皆さま、もうすでに申込書は投函されたでしょうか???







Comment:6
2017
11.19

ロードダヴィンチが東京新馬戦デビュー!

Category: 一口馬主
こんばんは♪



今日は5頭の出走があり、京都9R 秋明菊賞に出走する
レッドシャーロット 以外は、東京と福島での出走になりました。
ブライトクォーツ は芝2600mに出走叶わず、ダート2400mへ。
ダートよりは芝だと思うのですが、距離を優先させてこのレースになりました。
せっかくの流れでしたが、前回の直前取り消しが残念でした。(結局そのレースは出資馬のレッドジェノヴァが勝ったので、結果的には良かったのかどうか?)
以前より確実に力はつけてきているので、ここも頑張って欲しいです。

そして未勝利戦には シルフィウム
土湯温泉特別にレッドミラベル
どちらも5~8番人気くらいでしょうか。
人気よりは上の着順、掲示板を目指して欲しいですね。

さて、注目の新馬戦。
東京の5R 芝1800mにロードの期待馬、 ロードダヴィンチ (父ロードカナロア・レディアーティストの15)が出走します。


レディアーティスト15.
ロードダヴィンチ (募集カタログ時)


厩舎は藤原厩舎で栗東所属ですが、なぜか東京の新馬戦でデビューです。
広くて直線が長い東京コースが本馬に合っているとの考えかららしいですが…
鞍上は戸崎騎手です。


2017.11.16
ロードダヴィンチは、11月19日(日)東京5R・2歳新馬・混合・芝1800mに戸崎騎手55kgで出走します。
発走は12時10分です。

2017.11.15
・田代調教助手 「11月15日(水)は私自身が騎乗。本当に良化を遂げるのは先ながら、現状としては十分な態勢で送れるでしょう。落ち着いた性格。極端にイレ込むような事も無いと思います。長く脚を使えるタイプ。反面、瞬発力勝負だと分が悪いかも・・・」
≪調教時計≫
17.11.15 助手  栗東芝重       66.9 50.4 36.8 12.4(3)末強目余力 芝向きのフォーム
コーカス(古馬1000万)馬なりの内1秒5追走同入

2017.11.08
・田代調教助手 「11月8日(水)は軽く気合いを付けてラスト12秒0を記録しています。徐々に反応が良化。まだ息遣い等に上昇の余地は残すものの、ジワジワと上向いているのは確かでしょう。このまま順調に運べば、予定通り次週にデビューを果たせそう」
≪調教時計≫
17.11.08 岩 田 栗CW良       64.6 50.8 37.4 12.0(8)馬なり余力 楽に好時計
ガリバルディ(古馬オープン)馬なりの外0秒6先行同入


本当はもう少し早いデビューが予定されていたのですが、直前のフレグモーネで回避、一頓挫ありました。
それまでも時計は出ていて、状態は良かっただけに、残念なスライドでした。(この時の予定も東京、戸崎騎手)
しかし当初の予定日は悪天候(10月29日天皇賞の日/不良馬場)になり、回避が正解となったかもしれません。
一旦緩めたせいもあり、その次の週の調教ではいきなりの距離延長も響いたのか、フィニフティ相手に千切られてしまい…(苦笑)
あれは本来のダヴィンチじゃないですw(^^;
その後しっかりと立て直してきましたが、その結果や如何に。

明日、とても楽しみにしています。
母レディアーティストの忘れ形見、ダヴィンチ。
とにかく無事に。
後々へ繋がる良い競馬ができますように!






Comment:0
2017
11.18

レッドベルローズが新馬勝ち!!競り合いを制す

Category: 一口馬主
こんばんは♪




今日の東京6R 2歳新馬戦 芝1600m(牝) に出走した
レッドベルローズ (レッドファンタジア15・父ディープインパクト/BMS:Unbridled's Song)が嬉しい新馬勝ちを決めてくれました!!





キャロットクラブの評判の良血、エルディアマンテ(ディアデラノビア15・父キングカメハメハ)との直線の激しい競り合いを制し、ハナ差の勝利。
それでも3着以下に6馬身差、上がりは33.5の素晴しい内容でした。(エルディアマンテの上がりも33.8と優秀)

もう1頭のシルクの評判馬、テネイシャス(ヒカルアマランサス15・父キングカメハメハ)は前目でのレース運び。
エルディアマンテもすーっと良い位置まで上がっていきます。
ベルローズは道中、中団~後ろで脚をためる格好。
(実際はテンションが上がらないよう騎手が宥めつつ)
最後の直線、GOサインに鋭く反応して、末脚をしっかり使ってくれました。
バネを感じさせてくれる良い加速、伸びでした!
こういうレースは本当に見ていて力が入りますね。


17.11.18 : 11月18日レース後コメント(1着)

福永騎手「パドックで跨った時からチャカついていましたし、返し馬では頭を上げてガーッと行きそうになっていました。
ラチ沿いを走らせたかったのですが、馬に落ち着きがなくラチすら見えていないようでした。
強引に抑えると収まりがなくなって余計にパニックになりそうだったので、なんとか落ち着くように宥めながら返し馬をしました。
スタート時もゲートが開く音に驚かないように気を付けましたが、そこは大丈夫でしたね。
道中は外に逃げてようとしていましたし、まだ馬が子供で集中できていなかったので、ここでも気分を損ねないように宥めながら直線まで運びました。
ただ、追い出してからは真っ直ぐ走れていましたし、反応もあって加速は速かったです。
ディープインパクト産駒らしいバネがありますし、並んでからも負けないという勝負根性も備えていますね。
2着との着差はそこまでありませんが、相手も強かったですし、この馬の能力は相当高いと思います。
馬もまだ幼いですし、今日はセンスだけで走っていたようなもの。
テンションも高いので詰めて使うよりも、大事に使った方が良さそうです。
そうすれば将来がとても楽しみですね。
勝たせる事ができて嬉しいですし、また乗りたいです。
今日はありがとうございました」

鹿戸調教師「牝馬ですしテンションが高いところがありますので、福永騎手には返し馬から気を付けて乗って欲しいと注文は出しました。
返し馬では煩かったですが、ジョッキーが上手く宥めてくれましたし、最後の決め脚は痺れるものがありましたね。
良い結果を出すことができ、ひとまず安心しましたし、この後が本当に楽しみになりました。
今後については厩舎に戻ってからの状態を見ながら考えますが、福永騎手も『続けて使うよりも間を開けた方が落ち着いて走れると思います』と言っていたので、無理だけはしたくありません。
ありがとうございました」



とにもかくにも、世代の牝馬で一番の高額w馬ですから、一安心です。
それに本当に良く見えた、というのが気のせいでなかったことが嬉しいです(笑)
この後はどうするのかが気になりますね。
まぁ、今日のコメントだと無理はさせずに年明けまで休養しそうな気もしますね。

昨年の今頃、同じ鹿戸厩舎のディープ牝馬、レッドルチアが新馬勝ち。
同じように鋭い切れ脚で勝ちました。
しかしその後、休養が長くなり、何となく調整が遅れて…
ステップレースでも勝ちきれず、結局は期待された桜花賞へ出走はできず。
ルチアの場合は体重が増えてこなかったことが一番の要因でした。
育成時から420kg前後をうろうろ、、、(未だに同じような状態で500万下)

ベルローズも初仔ということもあって、そのあたりが一番の心配でしたが…
今日の出走体重も456kgとしっかりしたものでした。
馬格があれば、負荷もかけやすいですし、このあたりはひとつ心配の種がなくなりました。
無事なら順調にレースにも使えますし、昨年のようなことにはならないように調整をお願いしたいところ。

明日はロードのカナロア牡馬、ロードダヴィンチがデビューします。
この良い流れを引き続き、つないでいってもらいたいですね(*^^*)
ありがとうございました。


Red Bellerose (Red Fantasia'15)






Comment:4
back-to-top