2015
05.04

春の岐阜・明宝の里へ

Category: 未分類
こんばんは。



連休も後半、中部地方は雨の一日になりました。
先日のことになりますが、ゴールデンウィーク最初の休日、29日に信州方面へドライブに行ってきました。

競馬ブログとは関係ない記事です(笑)


東海北陸道の郡上八幡ICを降りて、北東方面にある明宝村へ。
せせらぎ街道を行きます。
最初に立ち寄ったのはここ。

磨墨の里公園 (道の駅・明宝)

鮎で有名な吉田川のほとりにあります。
まだ八重の桜がぎりぎり残っていました。


IMG_20150429_144057.jpg


囲炉裏で焼いたあまご、岩魚の塩焼きや名産品の明宝ハム(ソーセージ)のフランクフルトなどが味わえます。
かなり大きめの道の駅で、裏手には清流・吉田川。
遊歩道が整備されており、川まで下りられます。


IMG_20150429_132413.jpg


さすがに美しく澄んだ流れ。
爽やかな風が吹き抜けます。


ここは「宇治川で先陣争い=歴史上の有名な名馬」のお話に出てくる
名馬「磨墨(するすみ)」の誕生の地。
歴史があまり得意でない私は、今回調べて初めて知った次第w


DSC05553.jpg


名馬 磨墨 (名馬磨墨 生誕の地公園)
歴史に名だたる宇治川の先陣争いに梶原源太景季が乗った名馬「磨墨」は、古来わが明宝気良の産と語り伝えられている。
 今からおよそ八百年前、某家の牝馬が気良の北方烏帽子岳の麓、巣河の地において天馬の種を宿し生まれたのが磨墨である。その名のとおり色あくまで黒く精 悍な容姿であった。磨墨は、毎朝自分で厩栓棒を外し巣河に向かって走り、蘭とも蛍草とも言われる霊草を食み、大滝の奥の乳白色の霊泉を飲み、形質ともに類 のない駿馬になった。


詳しいリンクはこちら

一応「名馬」の文字に反応して、その場では意味もわからないまま写真を撮ってきてました(^^;)
黒く光り輝く馬体…今で言う“黒鹿毛”かしら~?
霊草…何でも岐阜の草は栄養価が高いとかで…
岐阜育ち(生まれは北海道)の名馬といえば、オグリキャップ、オグリローマン。
“芦毛”ですねw


その後、更に北上して、地元での有名スポット
國田家の芝桜を見に行きました。
詳しいリンクはこちら


IMG_20150429_151024.jpg


まさしく満開!!


25日頃の情報ではまだ5分咲きとのことだったのに、夏日が続いたため一気に花開いたようです♪
あたりは甘い香りに包まれていました~
芝桜って、すごく小さなお花で、ほとんど香りなど感じないのに、さすがにこれだけの数となると…
とっても素敵でした!

ここは見学料・駐車場ともに無料です。
一般のお宅のお庭から始まったこの花畑。
当初管理されていた國田かなえさんは亡くなられたのですが、今は娘さんとご近所の保存会の皆さんが管理されているそうです。
維持保存のための募金箱が設置されていますので、ほんの気持ちですが協力してきました。
管理はとても大変だと思いますが、これからもずっと続けていって下さることを願って。
(5月2日より1週間は芝桜まつり、と題してのイベント、ライトアップなどが予定されていましたので、その時期に限っては駐車場など待ち時間が必要かもしれません。)


夕方には、めいほうスキー場の入り口あたりにある日帰り温泉明宝温泉 湯星館に立ち寄り湯。
ほっこり温まった後には、名物の鶏(けい)ちゃん焼き=鶏肉の味噌炒め を美味しくいただいてきました(^0^)


DSC05611.jpg


せせらぎ街道途中にはまだ残雪もあり、少し遠出しただけでこんなにも季節や空気が違うのだと実感。
ゴールデンウィーク初日とはいえ、平日の谷間でしたので、道路その他は意外にスムーズでした。

もうほんの少し足を伸ばすと、飛騨高山。
本当なら贅沢に温泉宿…と行きたいところですが。。。

それはまたの機会に~


IMG_20150429_131559.jpg

明宝村 公式HP


いつもご訪問ありがとうございます。
よろしければ1クリックお願いします♪



関連記事
スポンサーサイト

コメント
おお~、鶏ちゃんおいしそうですね!!

いくらでもビールが飲めそう。。苦笑

また岐阜に行きたいなあ。。
tamaki.hdot 2015.05.05 10:38 | 編集
おはようございます。
自宅でも簡単に出来るように、鶏ちゃん用のお味噌を買ってきました。
ほう葉みそとしても使えるタイプなので、いろんな素材で楽しめそうです。
お酒がすすみますね~♪(*^^*)
Rami*dot 2015.05.05 11:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top