2015
05.25

オークス回顧と走る血のこと

Category: 競馬
おはようございます。




昨日のオークス、注目のルージュバックは2着。
それでも何もできずに負けてしまった前走とは違い、勝ちにいっての2着でした。
最後の切れ脚の力は、やはり優勝したミッキークイーンが抜けていました。
目標にされて、あの位置からの切れ味勝負では、残念ながら分が悪かったルージュですが、距離の延長はプラスでしたでしょうし、広い東京コースは彼女にとって良かったのではと思います。
クルミナルとの併せ勝負は、本当に見ごたえがありました。
彼女の底力、勝負根性が十分に発揮されたレース。
今後もまた期待できる強さを見ましたね。

体調面含め、万全ではないあの状態から、ここまでしっかり立て直してきた関係者の皆様の努力に感服。
どんなに力のある馬でも、ひとつ歯車が狂うと…という現実を改めて思い知らされた気がします。
とりあえずはゆっくり休んでもらって、秋にはまた元気な姿を見せてくれるのを、楽しみにしたいと思います。

お疲れ様でした。


私の馬券のほうですが、少額→万馬券狙いでいったため、撃沈でした。
【3連複】
レッツゴードンキ軸-ミッキークイーン、クルミナル、ディアマイダーリン
ミッキークイーン軸-レッツゴードンキ、クルミナル、ディアマイダーリン
【3連単】
1⇔10-4・8・13・14・17・18
1-4・8・13・14・17・18-10
10-4・8・13・14・17・18-1
【ワイド】
18-10・14・17

パドックを見て、ルージュが元気そうに見えたので、買い目には入れましたが、3連複の方はたいした配当でなかったので切りました。
3連単の方は、ドンキさんが来なかった時点で終了ですw

推し穴馬ディアマイダーリンは位置取り、レース運びもまずまず良く、3着にでも来てくれたら良かったのですが…(ワイド保険+夢馬券)
期待していたクルミナルは、元気の無いパドック(マイナス10kg)、ゲートを嫌がり力を消耗するなど、あの状態からよくあそこまで頑張ったなという印象です。
調教で仕上げ過ぎたのでしょうか、それでも能力を証明するレースになったと思います。
古馬になってからの楽しみは、十分にありそうですね。

ミッキークイーンは強かったですね。
馬は相当能力が高いと思っていましたので、今回の結果はあり。
むしろそれよりも、牝馬はまるでダメ(注:息子に変わってから)だと思っていた、池江厩舎の馬が来た(G1優勝)ことにビックリでしたw
聞くところによると、最近同厩舎では、牝馬の扱いを少し変えてきているとか。
これまで私の中で、牝馬でここならば即NGでしたが、これは今後は変わってくるかもしれません。
しかし、人気厩舎ですし、大口クラブか超・良血、または超・素質馬でないと、なかなか満足のいく扱いは難しいかもしれません。


1432262631406.jpg

5月22日金曜日の空

初めて見た虹のかたち…環水平アークというそうです。
これに伴い、地域によっては同時にHalo(ハロー、ヘイロー)が見えたらしく…
ん?ヘイロー???
そうか!サンデーサイレンスの父:Haloって、この意味から?
(違ってたらごめんなさいw)



※「血統派」の方は、笑っちゃう記事だと思うので、以下はスルーでお願いします!!


さて、“今回の馬券は血統から検討したい”と書いていましたが、実は注目していたのは血統表から探したある血でした。
それは、Nureyev、Danzig、Nijinsky
大荒れに荒れた、ヴィクトリアマイル(東京・芝・1600m)の1~3着の馬は3頭ともNijinsky持ちでした。
今回同じ東京開催のオークス、そのあたりから調べてみましたところ

レッツゴードンキ 5Nureyev(父系)  6Nijinsky(母系)
マキシマムドパリ 5Nureyev(父系)
ココロノアイ                 4Danzig(母系)
クイーンズリング              3Danzig(母系)
ミッキークイーン              5Nureyev(母系)
アースライズ                5Danzig(母系)
ディアマイダーリン             5Nureyev・5Danzig(母系)

もちろん血統だけで走るわけではありません。
育成・調教・当日の状態や枠順まで様々な要素が絡み合っての結果になることはわかっています。
その証拠に2~3着のルージュバックもクルミナルもここには挙がっていません。
それでも、普通に見ていたらまず食指の動かない馬にも目を向けて検討してみる、といったことへのきっかけにもなります。

そして、結果は…
一番良さそうに思えたドンキさんは、最初からずっと行きたがっていて、途中でほぼ終了w
まぁ、そういうことです。
DanzigNureyevはもう少し短いところ、1600~2000mまでの方がベストだったのかな。
先週開催のヴィクトリアマイルのような…?
いやどちらにしろ、ご機嫌ひとつで決まる3歳の牝馬になんて、通用しないのか?(苦笑)

今更ですが、昔擦り切れるほど使って参考にした
「プレイステーション版・ダービースタリオン99(サラブレ編集部)」なんてのを、引っ張り出したりしてます(^^;)
難しい血統本よりも、まずあの頃ハマっていたゲーム感覚の方が、その血統のイメージが湧くので(笑)

馬券にそのまま生かす、というよりも、今後の出資ドラフトにも生きてくるし、なかなか頭に入らない血統、サイアーラインetcも、こういうパズル形式のようなキーワード探しに当てはめてしまえば、楽しみながらの血統学の勉強、また馬の検討もできるのではないでしょうか。

「おおっ、これは!!」なんてわかりやすく上手いこと揃ったおいしい血統は、個人取引の馬、または大口クラブにしか流れないんでしょうけどね。
ド素人のこちらと違って、配合を考えて種付けしているあちらはプロですから~(苦笑)
ですが、まだ確認されていない走る組合せ~みたいな“穴馬”は、400~500口クラブにもいるかもしれませんね。

で、今回のオークスの答え合わせ。
Blushing Groom
だったようです。。。

何、何、ダビスタ本によると、、、
『底力アップ、気性ダウン…』

…。

なるほどね。
まさしく、底力と気性難を垣間見た、今回のオークスでありました。




長い記事、ここまで読んで下さってありがとうございます♪
更新の励みとなりますので、よろしければクリックお願いしますね(*^^*)
↓↓


関連記事
スポンサーサイト

コメント
こんにちは
個人的には、今年のG1、とても良いレースが見れていると思います。馬券云々ではなく、騎手の皆さんが知恵を絞って騎乗しているな〜と思っています。もしかするとデムーロ、ルメール効果なのかも知れません。
あと、大竹厩舎はいろいろ言われましたが、ルージュバックを本当に立て直して来たと思います。大きなタイトルには手が届きませんでしたが、チャンスがあれば、私もあの厩舎の馬に出資したいと感じました。
今週はダービーです。今週も楽しみです(^.^)
子エビゾウdot 2015.05.25 19:17 | 編集
Rami*さん こんばんわ
クラシック狙うならディープ牝馬が一番コストパフォーマンス
たかそうですね。一口馬主クラブでも上位にははいっていますし
シルクとかでも順番まわってきそうです!
それにしても血統とかおくわしいですね。ダビスタ世代?
Mayadot 2015.05.25 21:32 | 編集
こんばんは。
そうですね、おっしゃる通り、面白いレースが続いています。
春のクラシック、ラストのダービーは、それに相応しいすばらしい内容のレースとなることを期待しております♪

大竹厩舎もさることながら、NF系の外厩の実力はすごいですね。
今まで関東馬は出資の対象から、基本的に重きを置いておりませんでしたが、ここまでクラシックに成績を残してくるようになってきたので、選択の範囲も広くなりそうです。
ただし応援については、できたら関西の方がベストなんですがw
Rami*dot 2015.05.26 21:47 | 編集
こんばんは。
ディープの牡馬は更にお高くなりそうですし、競争率も増しそうですね。
その割りに当りはずれも大きいような…?
超・良血でないと、やはりクラシックに出走、ましてや勝ち負けなんてできなさそうです。
今年のダービーもサンデーRの運動会さながら、ですものね(苦笑)
牝馬の方が多少、クラシック出走率が良さそうです(多数口クラブでも)。

ダビスタ、一時期猛烈にやってましたねー徹夜でw
競馬の知識全く0(単勝?複勝?何それ?)から、独学で馬券の買い方、レース構成など、ゲームに教えてもらいました。
血統はお恥ずかしいくらいの不勉強で…(^^;)
ただ、自分の好きな系統なんかはゲーム内で確立されましたね。
Rami*dot 2015.05.26 21:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top