--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.01

ダウンタウンのままだったwww(やっぱり)

Category: 競馬
こんばんは。




ドゥラメンテ、想像以上に強かったです!!
キングカメハメハのレースレコードを塗り替えての優勝。
すばらしかったですね。
今日は誰かの邪魔したとか、そういう突っ込まれポイントもなく、文句なしの1着。
先日の皐月賞に比べたら、パドックも周回もちょっとおとなし過ぎるかな?くらいの落ち着き様。
ゲート前は、ちょっと首をぐるんぐるん回してましたが(笑)

キンカメっ仔好きとしては、ここはバッチリ馬券を獲得していなくてはいけないところですが…
なぜか買い目で14→1→11が抜け落ちておりww
13→1→11はあるのにねぇ~意味不明です(涙)
結局、サトノラーゼンの複勝のみで。

それにしてもリアルスティール、なぜあんな位置取り???
今日は届かずは勘弁して、って言ったでしょ!!!(怒)
同じ位置からのよーいドンの切れ脚勝負だってかないっこないのに、後ろからなんてどうかしてますね。
2馬身くらいは前目を走るのかと思ってましたよ。

クラシックに出走しても、これでは馬が可哀相過ぎる。
十分に勝てる素質はあったでしょうに。
これで秋以降の乗り替りが見えてきた、と思います。
多少まだ馬に幼い所もあるので、秋以降の成長にも期待したいです。

やっぱり取り囲む環境含めて、運の良い馬が勝つのがダービーだった。
運も実力のうち。


レース結果を見て、一口的な見方をすると、気になるのは生産牧場。
ここまでか、というほどの一人勝ちはノーザンファーム。
1~4着がすべてノーザンファーム産。
5着が千代田牧場、6着にしてようやく社台ファーム。

来週末には、社台・サンデーレーシングからのカタログが届きます。
まだドラフト参戦の実感も湧かず、のんびり構えておりますが…
とりあえず、ノーザンファーム産を狙っておく、という戦略はドンピシャですね。
社台ファーム産にいくらお値打ち感、または人気の盲点(血統その他、なかなかの馬なのに人気がない)があったとしても、ここしばらくはノーザンファーム産に収めておいた方が良さそう。
抽選突破できなかった場合は、深追いはしない。
無理に出資せずとも、その後のキャロットクラブ等にも振り分けがあるので、そちらで複数口。

ディープインパクト産駒の人気は必至ですが、これでまた一層キングカメハメハ産駒も人気になりそうです。
キンカメの体調の諸事情により、今年度(2014年産)は募集される馬が僅少。
かなりの狭き門になることは間違いありません。

先日届いた社台からの会報誌に、種牡馬の年齢についてのコラムがあり、興味深かったです。
それによると、繁殖牝馬においての高齢は敬遠されるが、種牡馬ではどうだろうか、と。
13~16歳前後、むしろ高齢になってからの仔の方が、活躍馬が出現する、というもの。
13歳…ディープインパクト
14歳…キングカメハメハ、ハーツクライなど
もう十分活躍馬も出ている気もするが、これからもっともっと強い馬が出てくるということか。
そんな期待もしつつ…。


ダービーが終わり、今期POG(2014-2015)も終了。
POGスタリオンでは牝馬のクラシックにかすりもせず、3位で終了。(自由指名2014)
今日のダービーは4頭出し(ドゥラメンテ、リアルスティール、ポルトドートウィユ、ベルラップ)でした。
このメンツでJRA-VANだの、netkeibaPOGだのに登録していれば、賞品も手に出来たのに惜しいw
でも毎週の出走→結果がとっても楽しくて、勉強になりました。
今期もがんばります。

そして、いよいよ新馬戦が始まりますね!
一口馬主を始めてから、初めての出走が近づいてきます。
入厩してもすぐにデビューするとは限らないので、まだいつになるかはわかりませんが…
今からとても楽しみにしています。

ゲート試験を合格している、ロードセレリティ、レーヌドコロール、産地馬体検査組のパーシーズベストあたりが先陣かな。





関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。