2015
10.12

京都競馬・観戦記♪その1( レッドウィズダム )

Category: 一口馬主
こんばんは。



3連休、いかがお過ごしでしょうか?
競馬の方も三日間開催ということで、存分に楽しまれましたでしょうか。
その中日の11日、予定通りに初の京都競馬場へ行って参りました。


出発は朝6時半、到着は8時40分~と予定通り。
心配していた渋滞もなく、駐車場も広々~~一番近いところに停める事ができました。

京都競馬場

9時の開門と同時に初・京都競馬場♪
まずは、シンザン先生にご挨拶。

DSC06589.jpg

前夜から大雨が降り、当日も途中かなり雨脚の強いところもありましたが、京都へ入るころには雨も上がり明るくなってきました。
馬場の発表は良でしたが、だいぶ湿った感じでしたね。

DSC06594.jpg

この日のお目当ては…

2Rの未勝利戦: レッドウィズダム ( プレシャスラバーの13 )
5Rの新馬戦: パーシーズベスト ( パーシステントリーの13 )


レッドウィズダム未勝利戦パドック1

まずは2R・未勝利戦に出走の レッドウィズダム ( プレシャスラバーの13 ) です。
パドックは正直、一番良く見えました。
落ち着いていましたし、外目をしっかり歩いていて、記念の“がんばれ!馬券”の他に、思わず単勝馬券を直前に少し追加したほど。
レースは少頭数で、さほどレベルが高いメンバーでもなかったので、少なくとも馬券圏内は、と思いましたが。
(3番人気)

DSC06606.jpg

レッドウィズダム未勝利戦パドック2

10月11日レース後コメント(5着)
川須騎手「2~3番手で進めようと考えていたのですが、ゲートで待たされてしまってタイミングが合わず、煽るようなスタートで出負けしてしまいました。少頭数でスローな流れだったので、後ろの馬が捲っていった後をついていったんですけど、内から他の馬に来られて、予想していたより外を回されてしまう形に。4コーナーを回っても手応えは残っていたのですが、追い出してから外を回った分が響いて、最後は内にもたれて苦しくなってしまいました。結果的に内で我慢していた方が良かったかもしれません。今日は上手く乗ることができませんでした。距離に関しては全く問題ないと思います」

スタートは5番の馬が立ち上がって暴れた為、タイミングをはかってのゲートOPEN。
つられて頭を上げたところが運悪くスタートで、、、出遅れましたww
京都は開幕週、内の前残りのパターン。
道中も行こうとすれば抑えられ、頭を振って嫌々…
上がっていった馬と一緒に急に上がるも、中途半端なポジションまで。
いっそ一番前まで行っても良かったんじゃないですかねぇ。
(切れる脚で差すというよりは、先行して残すの方が合っていそう)
馬と騎手が噛み合わず、の典型的な失敗パターン。
結局、大外回って直線を向くも、その分ロスになったのは間違いなく、そのまま5着でゴール。
ほとんど前走のデビュー戦と同じようなレースになりました。

気性的にかってしまう部分があるので、「気持ちよく走らせてくれる騎手」か、逆に「しっかり制御してコントロールできる騎手」でお願いできると助かるんですが。。。
サンデーが入らない血統だけに、唯一心配なのは根本的なスピード不足、かなぁ。
スタミナはありそうですし、まだ2戦、いろいろと試して元気に走ってくれればいいです。
馬体的にはすごく走りそうなので、何とか頑張って欲しいですね。

DSC06613.jpg


☆その2(パーシーズベスト)へ続く☆



関連記事
スポンサーサイト

コメント
遠征お疲れ様でした。そしてレポ有難うございました。
自分もまだ一度も口取りありません。
夢ですよね(今週リヴェールさんで??)
400口クラブだと満口馬で口取り当たるだけでも大変ですしそのタイミングで勝利するのもまた大変で…。
圧倒的人気な時に口取り当たり朝イチから勇んで行ってクビ差の2着もありました。
(先日のレッドシルヴィさんはハズレ)
Ramiさんは本家もありますし自分より先に達成しますよ!!
ウィズダム君は次は納得出来るレースをしてもらいたいものです。
パーシーさんはレース慣れした次走はより期待出来ますね。
ノリックdot 2015.10.13 08:58 | 編集
ノリック さん♪
こちらこそ、いつも拙ブログにお付き合い頂きありがとうございます。
まだ口取り未経験でしたかー意外です。
東サラの口取り申し込みは、メールか電話申し込み、どちらかですよね。
今回も迷って、結局電話申し込みをしました。
どちらが当選率がいいのでしょうね?
リヴェールさん、頑張って欲しいですね。
完全復活を期待して、応援します!
Rami*dot 2015.10.14 15:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top