--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
01.07

新年早々の…未勝利引退へ【シルク出資馬】

Category: 一口馬主
こんばんは。


昨日ははるばる京都遠征、行ってまいりました!
口取り権利を持って臨むも、今回もまた4着ww
まさか…
これはまさか…
私が権利を持って応援に出かけると勝てないというジンクスでは…?
そんなことないですよね!?

レッドウィズダムはまたも4着、ということで…
6Rの新馬戦と8Rブチコちゃん(強かったですね)を拝んで早々に撤退。
(お友達の愛馬はロードリゲル、ヴィッセンなどの写真を撮ってきました。)
競馬場での写真と記事は、後ほどUP予定です。

***** ***** ***** ***** *****

今日からシルクの追加募集馬のネット先行申し込みが始まりました。
昨年は追加募集馬の中から、明るい栗毛、好馬体に惹かれて申し込みをしましたとも。
それが、マキシマムブレイク(ヴァルホーリングの13・父ブレイクランアウト)です。
(募集価格1400万円・一口価格28000円)

マキシマムブレイク(トレセン)11月
2016/01/06 <最新情報>
マキシマムブレイク  5(火)に抹消の手続きが取られています。なお今後につきましては未定です。

2016/01/04 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
北海道移動後に行った検査結果を踏まえて、戸田博文調教師や獣医とも今後について改めて協議を行いました。これから手術を行い両前膝の骨折が完治したとしても、中央競馬の未勝利戦がある内に出走出来るのは2~3回だけになってしまう可能性が高く、またその過程で再発のリスクも決して低くはありません。このような状況では、維持出資金等ご出資会員の皆様のご負担が増えるばかりとなってしまう可能性も高いことから、誠に残念ではございますが、当競走馬ファンドを解散させていただくことになりました。4日に登録抹消の手続きが取られる予定です。なお今後につきましては未定です。

2015/12/25 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「両前膝の骨折ということでこちらに戻ってきましたので、到着してすぐに再検査を行いました。確かに両前膝に骨折があるのが確認できて、手術を行い順調に回復すれば札幌開催くらいには間に合う可能性はないとは言えません。ただ、球節の骨折の場合はあまり再発の例など聞かないのですが、膝は再発のリスクもそれなりにある個所だと思います。そして、両前膝に来たということはその部分にやや負担が掛かりやすいということは否めないので、いずれにしても慎重に対応する必要があると思います」


早期引退となってしまいました。。。

まだ2戦です。
しかもまともにレースしてません。
前走なんてスタート直後に不利があって、かわいそうなレースでした。
元々は次の週を予定していたにもかかわらず、直前で謎の前倒し出走…
相手関係が、、という文言も見え隠れしましたが、予定のレースもわざわざ前倒しするほどのメンバーではなかったですよね…

現状、先が見えない状態で(再発の可能性を考慮して)ずるずる維持費をかけて引き伸ばしても…ということもあるでしょうが、とりあえず半年間の休養で再度ギリギリまで走ると思っていただけに、とても残念です。
それにしても、あっさりと早期決断ですね。。。
状況変わらず結局引退だったのならば、これだけのことを協議するのに、年越しますかね…
ならば年内に決定しても同じことだったのでは?
あえてこのタイミングでの引退発表は、気分的にも少々わだかまりが残る印象です。
お正月休みがありましたし、そこら辺は大人の事情云々ってことでしょうか。

いずれにしてもある程度レースに出走し、成績不振にて競争能力に限界を感じ、見限るというのならば仕方がありません。
そういうことなら、出資者・応援者として当然諦めもつきます。
しかしまだまだ可能性を残したまま、今の時期の早期引退勧告では、馬がかわいそうに思えてなりません。
継続か引退かは出資者の中でも賛否両論あるでしょうし、どちらが良かったとは言えません。
仮にスーパー未勝利まで残ったとしても、簡単に勝ち上がれるほど甘いものでもありません。
結果、未勝利引退と同じことなら、早い方がよかったのかもしれません。
これについては永遠に答えなど出ようはずもありません。
「ただただ残念」なのは、みんな同じ気持ちだと思います。
ここまで楽しみに見守り、応援してきましたしね。

5月11日という遅生まれですし、急激な負担がかかったことで、化骨という点において多少影響があったのかもしれませんね。
今思えば、途中でも骨瘤の影響で調教に遅れもありましたし。
年が明けて、暦の上では3歳になりましたが、まだ誕生日までは4ヶ月以上あります。
これからの馬選びについても、「伸びシロ」を期待して、早生まれ<遅生まれという一辺倒な考え方をせず、こういうこともあると考慮した方がよいのかもしれません。
もちろん、個々の成長はそれぞれ、管囲などによっても差異はありますから、頭の片隅にでも入れておこうと思います…
(妙に一口価格がお安かった、とか、シルクに回ってくる馬だから色々事情が、とか…考え過ぎであることを祈りますw)

ここまで一生懸命にトレーニングを積んできたのに、本当に無念ですね。
お疲れ様でした、マキシマムブレイク号。
関東所属ということもあり、一度も実馬に会うことはできませんでした。
愛馬になって1年という短い間でしたが、今まで本当にありがとう。



関連記事
スポンサーサイト

コメント
Ramiさんにとっては初めての出資馬の引退でしょうか、とても残念ですね。一口馬主は色々な方がいますので、可能性が薄くなったら維持費がもったいないから引退させてほしいという人も多いですし、私のように出資した以上は維持費は気にせずすべての可能性を試して最後まで頑張ってほしいという人間もいます。
文面の未勝利戦が2~3回しか出走できないという部分が気になっていて、それで十分可能性に賭ける価値があるんじゃないかと思うんですがどうなんでしょうかね?東サラやノルマンなら絶対引退していなかっただろうなぁとは思います。
まーくdot 2016.01.07 01:36 | 編集
まーく さん♪
早速のコメントありがとうございます。
一口デビュー後、意外にも早くに「引退」を経験することになりました。

そうなんですよね、意見はいろいろあって当然なのですが、待っても半年、手術代ほか維持費6ヶ月分で可能性に賭けてみられるのなら安いものだと思うんです(500分の1口ですし)。なかには複数口がっつり(×10口とか)の会員さんもいらっしゃると思うので、一概には言えませんがw

昨年のスーパー未勝利後、数々の所属馬が”あっさり”引退勧告、売却になったのには驚きました。
おっしゃる通り、東サラやノルマンディーなら地方でまだ頑張らせてもらえたのかな、とも。
(地方で意外と皆がんばっているんですよね^^;)
その辺りはクラブの考え方、方針でしょうから、割り切らないと仕方ありませんね。
スーパー未勝利の時期が怖いです、今からしっかりと覚悟しておかなければいけませんね(><)
Rami*dot 2016.01.07 01:56 | 編集
Rami*様、こんばんは!

ブレイク君、前回のコメントで怪しいとは思いましたが、あっさりと結論出されましたね。
あっさりととは書きましたが、昨年12月中旬で決断出来たかなとも思います。
釈然としませんが・・・
後3戦走れる可能性があるなら走ってほしかったですが・・・
ロイスdot 2016.01.07 17:58 | 編集
ロイス さん♪
こんばんは。お返事が遅くなり申し訳ありません。
マキシマムブレイク、本当に残念でしたね。
関東馬ということもあり、実馬を一度も見ていないせいか、何だか「引退」と云われてもピンとこなかったんですよね。
まるで他人ごとのような感覚が抜けきらなくて…。
ただこうやって文章にして、改めて確認すると、ますますその残念な気持ちが大きくなりました。
私は出来たらもう少し待ってあげてもよかったような気がしています。
しかし一口馬主はあくまで【ファンドであり金融商品】ですから、クラブとしてはそうもいかないのが、辛いところですね。
Rami*dot 2016.01.08 23:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。