2016
10.18

秋華賞WEEK♪バレーロ優勝&16日京都1R・5R新馬戦・9RもみじS

Category: 一口馬主
おはようございます♪



先週末、京都では秋華賞が行われました。
もしもパーシーズベストが抽選に漏れて、土曜日の堀川特別に回った場合、バレーロ、レッドウィズダムと3頭出しになる土曜観戦の予定もありましたが、抽選に通り、出走が可能になりましたので…
秋華賞DAYの京都競馬場へ行ってきました!!

その前に土曜日、京都2R未勝利戦。
シルクのバレーロ(ベルベットローブの13・父ヴィクトワールピサ) が見事優勝しました!



川田騎手で出走、1週スライドのせいもあり、若干デキ落ち気味にも思われましたが、無事に未勝利突破。
昨年のシルク・ドラフトの個人的1位(1次先行募集では満口にならずw)であるこの馬、今後にも期待しています。
この勝利で、気づけば今年の10勝目をあげることが出来ました。


2016/10/17 <レース結果>
バレーロ 10/15日(土)京都2R 2歳未勝利〔D1,400m・13頭〕優勝[1人気]
まずまずのスタートを決め、向正面では外目5番手あたりを追走、3コーナー手前から徐々に促して行き、4コーナーを回った辺りから満を持して追い出しに掛かると、しっかりと脚を伸ばして1馬身以上の差をつけ、見事に3戦目で初勝利を挙げています。

川田将雅騎手「前走で砂を被った為に行き脚が付かなかったと聞いていましたので、なるべく好位に取り付けて砂を被らないように外目から追走しました。
スッと行き脚も付きましたし、道中も段階を踏みながら促して徐々に上がっていこうと思っていましたが、最後の直線ではこちらの指示にしっかり応えて末脚を活かしてくれました。
まだ幼さが残り、フワフワするところも見せていましたが、それでもしっかり勝ち上がるのですから、成長を促していけば強い相手と戦っても良い競馬をしてくれるようになると思います。
圧倒的な人気でしたから、結果を出すことができてホッとしています」

高野友和調教師「除外で延びた影響もなく、良い状態で出走することができたと思います。
レースでは道中フワフワして、気の幼い面を見せていたものの、その中でこれだけ安定したレース運びをしてくれるのですから、センスが良いですね。
伸びしろが十分見込めるでしょうし、成長を促していけば上のクラスに行っても良い競馬をしてくれるようになると思います。
この後はトレセンに戻って状態を確認してから、今後のことを検討したいと思います」


高野厩舎も今年の2歳世代初勝利だそうで…おめでとうございます♪
(聞くところによると師はまだ“芝”を諦めていないとか?いやいやいいんですよ~ダートで^^;)
早い時期の勝利はいいですね。
この後も順調なら、次はどこだろうと楽しみが広がります。
ありがとうございました。

ウィズダムくん、今回は走る気無かったようですので…(苦笑)


さて早朝5時半出発で到着した京都競馬場ですが、駐車場は広いので、7時半に到着も余裕で駐車。
この時間帯ならまだ道路沿いの民営パーキングも空車がありましたよ。
秋華賞なので、今回の出庫にかかった時間も30分~40分でしたが、その他のG1レースなら道路沿いの方が良いかもしれませんね。(ちなみに菊花賞時は3時間~と事前予告されていましたww)

9時開門~ですが、この日は8時半には開門。
特に指定席などは取らない(パドックやコースを行ったり来たりでほとんど座っていない)ので、ゴール前3階スタンドあたりにベンチ席を確保したら、あとはゆっくりできます。
まずは未勝利戦、1Rにキャロットで出資している クルークハイト (ヴァイスハイトの13・父クロフネ)が出走。
今回はこちらは口取り権が外れました。

クルークハイトパドック
この日の誘導馬はホワイトベッセルとシロベエ

クルークハイト未勝利戦オッズ
4~5番人気くらいです(最終6番人気)

クルークハイト未勝利戦1
出てきました。今日も大人しめです。

クルークハイト未勝利戦2
「止ま~れ~」で正面。藤岡健一師も来ています(ジュエラー出走あるし)

クルークハイト未勝利戦3
藤岡康太騎手です。

クルークハイト未勝利戦4
頑張ってください~~!

クルークハイトパドック
ちょっと馬体に張りが無いな~と思いました。

ラモントルドール
サンデーのキャンセル募集で検討した ラモントルドール(父ゴールドアリュール)

クルークハイトレース後
レース後、戻ってきたところです。


まったく良いところがなく、6着(><)
芝スタートで前目につけられず、後半も伸びを欠きました。
ううううーーーん、これは残念な結果になりました。
こうなると、あの雨の中の中京・新馬戦、ハナ差2着が大きくなってきます。。。
一旦立て直しのようですが、ちょっと心配になってきました。
まだ2歳の遅くない時期とはいえ、、、どうなんでしょうかね。
昨年も同じようなパターン(新馬戦が不良・重=脚抜きの良いダートで惜敗、その後なかなか勝ちきれず、スーパー未勝利で勝利)だったヴィクトリアマンボさんとイメージが被りますねぇ。
「あの時勝っておけば…」とならないことを祈ります。
よろしくお願いします。


この日の5Rの新馬戦は注目の新馬が出走。
そう、ブエナビスタの初仔コロナシオン(父キングカメハメハ)ちゃんです。
同じレースには東サラの優良血統エリモピクシーっ仔のレッドオルガ(父ディープインパクト)さんも。

レッドオルガパドック
レッドオルガと武豊騎手

コロナシオン
コロナシオンとルメール騎手


パドックではおっとりのんびり、大人しめに感じられたコロナシオンさんですが…
やっぱり血は争えません、、、血統の素質、能力だけで走っちゃうのねぇ~~っという。
さすがでございました。
レッドオルガは5着。
軽い脚捌きの上品な馬でしたが、まだちょっと線が細いかな~という印象でした。
どちらもまだまだ成長途中でしょうから、これから更に強くなるでしょう。
両頭とも、来年仁川の桜舞台で会えるといいですね。
ウィナーズサークルはものすごい人(取材カメラマンなど)でしたよ~(苦笑)
おめでとうございました。


続いて、9Rのもみじステークスです。
こちらは東サラのスタイルリスティックの14こと レッドアンシェル (父マンハッタンカフェ)が出走しました。

レッドアンシェルパドック
黒光りして素敵な馬体ですねぇ♪
(パドックでは福永騎手を乗せたくないと少々ゴネていましたが。笑)

厩舎で悩んで見送り(抽選)、後悔馬ナンバー1です。
今年はハーツ産駒の半妹をドラ1で出資しています。



強かったですね~~~!!
圧倒的勝利だった新馬戦ですが、その時のメンバーのレベルが云々など言われておりましたが、全く関係ありませんでしたね。
堂々の1番人気に応える完勝でした。

もみじS表彰式

優勝おめでとうございました。
暮れの阪神でも楽しみにしております。

さてこの後は、いよいよメインレース秋華賞です。






関連記事
スポンサーサイト

コメント
Rami*さん

遅ればせながら、バレーロ号優勝おめでとうございます!
クルークハイト号は残念でしたが、、、
ちょっと立て直せば力的にはあっさりかもしれません。

レッドアンシエル号は強かったですね!
出資候補にはしていたのですが、最終的にはやめてしまいました。
やはりノーザンの牡馬は抑えておかないと。。。
ねあるこdot 2016.10.18 23:16 | 編集
ねあるこさん、おはようございます♪
ありがとうございます。
この時期に勝ちあがれると、先のレース選択がたくさんあってワクワクしますね。
個人的には東サラとの相性が良いようです。
まだまだ様子見できる子が残っているのがいいですね。
厩舎に拘り過ぎるがために逃した優秀な馬が少なくないので、そのあたりのバランスも課題です。
育成については、やはりノーザンが突出して優秀かと思います。
Rami*dot 2016.10.19 09:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top