--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
11.28

デビュー&復帰に不安が残るノルマンディー出資馬達

Category: 一口馬主
こんにちは♪





今週、12月2日(土)に よ・う・や・く デビューを迎えられそうな
ノルマンディーOC 出資馬 カシャーサ (メロークーミス15・父パイロ)ですが…

カシャーサ9月末
Cachaca

◎2017/11/24 (栗東トレセン)

22日(水)にCWコースで6ハロンから併せ、86.3-70.3-54.8-40.0-12.4を馬ナリに追い切りました。「繊細な面があって、追い切りを消化するごとに飼い葉食いが細くなってきているため、あまり強い負荷はかけ過ぎないよう注意しながら調整しています。今週は初めてのコース追いでもしっかりと終いの脚を伸ばし、スピードもいいモノを持っているのですが、まだ追われてから頭を上げてしまう場面が多く目につきます。使いつつ良化するタイプに映るものの、そういった課題が解消してくれば、走ってきそうな雰囲気は感じていますよ。来週12/2(土)阪神・2歳新馬(ダ1400m・混)でデビューさせたいと考えており、鞍上は松山弘平騎手に依頼しました」(渡辺薫彦調教師)



初めての渡辺薫彦厩舎。
近況更新などのコメントも師直々、詳しく丁寧で一生懸命やって下さっている感が伝わってきて、好感が持てます。
実は開業初年度、キャロットで募集されていた渡辺厩舎預託の馬を出資検討していたことがありました。
結局その馬は惜しいところで未勝利引退したものの、厩舎としては良い印象が残りました。
(遅生まれで小さい牝馬ということもあり、もともと厳しい条件ではあった)
機会があれば、と思っていたところ、昨年ノルマンディーOCでこの馬が募集されました。
ノルマンディーOCでは、出資馬があまり順調でなかったこともあり、控えめに1頭のみ申し込み。
意外に人気をして、ノルマンディー独特の対策である「口数調整」により、ギリギリのところで抽選回避。
無事に出資が決まりました。

ただ今年のノルマンディーの新馬達(2015年産)、夜間放牧が延長されたことが大きな要因で調整の開始遅れが顕著。
調整開始は近年どんどん早くなる傾向にあり、それに伴い募集時期も繰り上げるクラブが増えています。
この時代に逆行するような試みですが、国外ではそのような調整でも成果を出しているところもあり、一概にそれだけが原因ではないような気もしています。
この案件については、ノルマンディー側もそのような部分で一部認めているので、今年の16年産では改善がなされて然り、と期待したいです。
個人的にはそこだけではなくって、やはり育成にかかわる技術とか人材とか、そのあたりとの関わりだと思っていますがw
コツコツ走って会員に楽しんでもらう、少しでも利益が上がるように、というクラブのコンセプトからどんどん離れていっていますからね、現状。
低予算でのクラブ経営は非常に努力されているだけに、残念なところです。

と、いうことでこの子も十分に乗り込みを重ね、鍛錬した上でトレセンへ移動、、、、ではなく。
(あくまで一個人の感想です。)
会員の声に半ば大慌てで移動、のような感じですね(苦笑)
入厩直後から渡辺師はとても頑張ってくれて、何とかこうしてデビューの見通しも立ったというわけです。
(まだまだデビューの見通しさえ…というノルマン馬多数います><)

しかしながら当然、驚くようなすばらしい時計を記録するわけも無く。。。
「使いつつ」というやつです(苦笑)
まずはデビューできることがありがたいですね。
(同馬に出資中のお仲間には申し訳ないですが、心の中では二桁大敗も覚悟しつつw)
下記に挙げるアナザートゥルース以外はすべて大敗でしたから、今回も無事ならOKと思っています。
よろしくお願いします。



それから、もう一頭。
個人的には未だ納得のいかない「去勢手術」による長期休養。
復帰の目処がたった アナザートゥルース (キョウエイトルース14・父アイルハヴアナザー)ですが、こちらもピリッとしません。
当初は11月最終週→12月3日の中山・チバテレ杯にスライドして出走予定だったのですが…


アナザートゥルース7月末
Another Truth

◎2017/11/24 (美浦トレセン)

19日(日)に坂路コースで4ハロン57.4-42.2-26.8-12.8を単走で馬ナリに追われ、22日(水)にはWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、72.0-56.2-40.9-13.0をゴール前仕掛けて追い切りました。「元気はあって体調そのものは良さそうなのですが、気を使っているというか、おどおどしている感じですね。22日(水)に馬場をウッドチップコースに変えて追い切ってみたところ、それが顕著に現れました。格上馬相手とはいえ、2馬身先行もすぐに追いつかれ、促して促してやっと併走。もっと自分から動いて、時計も出せないと。これでは来週の12/3(日)中山・チバテレ杯(ダ1800m)に間に合うかどうか微妙なところ。精神的に追い込むことは簡単ですが、むしろ逆効果になるでしょう。これが去勢と半年間のブランクでしょうか。この中間の精神状態を鑑みて、来週の追い切りの内容を考えます」(高木登調教師)



トレセン入厩後はまずまず順調に時計を出していましたが、徐々にペースダウン。
「おどおどしている」「怖がりな面」「神経質」などのネガティヴコメントが並んでいます。
暴れん坊でレースに支障が、大敗を繰り返す、、などならともかく、デビューからまだ3戦(しかもデビューから2連勝)。
やっぱり去勢の決定は間違いだったんじゃないかと…本当にどうしても納得がいきません。
上も去勢によって成功を収めたともいえますし、クラブの決定事項ならば仕方がありません。
普段から馬っ気が強かったのは事実ですし、この施術が正解であったと納得させてくれるのは、彼の見違えるような走り、それしかないのですよねぇ~~(--;)

期待も込めて、必ず良い走りを見せてくれると信じて応援したいですが、やはり不安の方が大きいです。
調整が遅れているので、残念ながら3日(日)の出走は見送って、翌週の10日(日)同条件戦・中山3歳上1000万下・ダート1800mへのスライドが濃厚ですね。

今年の募集では、1頭のみ カグラ16 (父マンハッタンカフェ)に出資を決めましたが、これはこれらの結果次第ではいよいよ…
そうはならないように、何とか頑張って欲しいです!!



click please!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント
こんにちは〜。
同じくアナザートゥルースの去勢に不信感でございます。謝らせる走りをして欲しいですね。とはいえ兄も繊細な面があるようなので長い目で着を稼ぎながら頑張ってとらうしかないのですが…。

同じく出資中のカシャーサは一週伸びましたね。その方がいいと思います。渡辺先生は頑張ってますので気長に待つしかないですので。

ちなみに今週、こちらも二次で人気したローズパラディン。調教時計ボロボロにも関わらず予定より一週前倒し(除外)で今週土曜に出走です。

こちらの調教師はイエスマンなのか懇親会週出走にこだわった印象で…おそらくタイムオーバーでしょう。ぐすん。

今週はブラメジェちゃんのターフで走る可愛さに癒されることにします!
アキュチャーdot 2017.12.01 08:00 | 編集
アキュチャーさん、こんばんは♪
お返事が遅くなってしまいすみません。
明日はチャンピオンズカップですね。
強敵揃いですが今年もサウンドトゥルーを応援したいです。
そして来週は弟のアナザートゥルースを。

ローズパラディンさんは、残念ながら予想を裏切らない結果になってしまいましたね(>_<)
明日の懇親会が荒れないといいですねw(苦笑)
カシャーサは一週スライドしましたが、果たして。
あまり期待はせずに、とにかく無事にを祈ります。
渡邉厩舎は頑張ってくれているので、何卒…
Rami*dot 2017.12.02 22:11 | 編集
Rami*さん、パーシーちゃん残念でした(泣)
歯がゆいです。こんな成績になる馬じゃないんですけどね。晩成型の血がなかなか開化しません(泣)
肩を落としながら阪神競馬場を後にしています。
左回りは苦手なのかも?また阪神で走って欲しいです。
まだ諦めませんよ(笑)
シンザンdot 2017.12.09 15:22 | 編集
シンザンさん、亀レス本当に申し訳ありません。
パーシーちゃんにはまた来年頑張って貰いましょうね!
今年もお世話になりありがとうございました。
また来年、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Rami*dot 2017.12.31 23:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。