--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.19

東サラ近況更新(プレシャスラバー13)

Category: 一口馬主
こんにちは。



今日は東京サラブレッドクラブの2歳馬近況更新の続きです。
先日、エポカブラヴァ13(カジノドライヴ産駒・牡)を載せましたが、もう1頭の「お高い方(笑)」の馬、プレシャスラバー13(キングカメハメハ産駒・牡)です。


プレシャスラバー13

プレシャスラバー13 12月

15.01.15

(加藤ステーブル)
前回同様、屋内馬場・坂路・ダートコースを併用し、長めの常歩、速歩~軽めのキャンターまでの調整です。化骨の形成時期ということもありますし、寒い時期に無理をしても怪我の元ですから、2月一杯くらいまでは騎乗者とのコミュニケーション、コーナーでの手前の変え方、馬混みに慣らすなど、基本的な訓練と基礎体力の向上を図っていきます。大型馬特有の重さはないですし、馬は本当に元気一杯。若手の騎乗者では振り落とされてしまうぐらいの猛々しさがありますよ。男馬はそのくらいヤンチャでいいと思いますし、うちでしっかり作ってやれば、後は最高の調教師が待っていますからね。引き続きしっかり調整させていただきます。



今月も順調です♪
ちょっと首筋あたりに冬毛がモフモフしてますかねぇ(笑)
加藤ステーブルさんのコメントは、とても馬を大事に思う感じが伝わってきて好感が持てます。
育成がいつものノーザン系でないことは、出資を決める際にちょっと気になっていた部分なのですが(早来育成が好きなので)、しっかり管理してくださっている様子で、一安心。
成長期であるこの期間をどんなところで、どう過ごすかによって、その後の能力には必ず差が出ると考えています。
本当のところは、ノースヒルズさんの大山の様に、少し気候が穏かな方が良いのではないかな、と思いますが。
ノースヒルズさんはオーナーブリーダーさんなので、あそこで育成してもらうことが叶わないのが残念です(苦笑)

カブトムシでもそうなんですよ。
幼虫(2齢~終齢)で、いかに質の良い腐葉土(発酵マット)を与えるか、また気温や湿度によって、その成長は大きく違ってきます。
蛹になってから、ましてや成虫になってからそのサイズが変わることは決して無いので、育成期間こそが勝負なのです。
(って、なんの勝負なんだかw笑)
気候・管理温度に関しても然り。
寒い地域のカブトムシよりも、南の方のカブトムシは全体的にサイズが大きい傾向にあります。
これはもちろん北の方よりも南の方が樹木も大きく育ちますし、栄養豊富な土壌にも関係があると思われます。
けれども、虫に限らず生物は全体的に暖かい地域の方が大型傾向にあります。
…いや、大きいサイズを求めているわけではないんですけどね。

馬の話に戻すと、やはり自然の寒さに適応できる能力がサラブレッドにあるとは言え、やはり極端な寒さ(-20℃以下とか)に、完全に適応しているかどうかと考えれば、身体に負担がかかっていることは間違いないでしょう。
野球のキャンプだって暖かい地方へ行きますしね~。
この寒い時期ですし、どうか無理だけはせずに、健康には十分配慮して欲しいですね。

POG指名馬であれば、なるべく早い時期にデビューして、新馬(未勝利)勝ち、ステップを2つくらい勝ってクラシックへ、というのが理想でしょうけど…
新馬戦、未勝利戦あたりですぐに怪我で長期休養。。。なんてことになったら、出資している身としてはとても辛いです。
できるだけじっくりと育ててもらって、トレーニングを積んで、満を持してのデビュー。
そのタイミングをきちんと見極めていくのも、育成後の管理調教師の腕にかかっています。
息の長い活躍をしてくれるのが一番嬉しいですね。


近況更新について、東サラさんは動画のアップが遅いです。。。
キャロットさんやシルクさんは定期的に、画像・動画の更新があるのに。
様子見の場合、やはり動画が一番の決め手になったりするので、募集馬については、もう少しまめな更新をお願いしたいですね。
数多くの活躍馬を輩出していることもありますが、こういうことが会員の満足度が高いクラブ=人気の高いクラブとなっていくのでしょう。
もちろん人気の高いクラブ=サービスの質の良いクラブであって欲しいですが。
ロードさんに至っては、更新コメントも定型文ばかりで味気なく、更に今のところは画像、動画なしときています。(明け2歳馬)…動画の更新は月末との噂ですが、どうなのでしょうか?




関連記事
スポンサーサイト

コメント
プレシャスラバー、順調そうですよね。加藤ステーブルということは悪くないのではないかと思っています。芝なのかダートなのかわからないですけど、自分にとっては唯一のキンカメ産駒楽しみです。東サラは動画の更新が遅いのもありますが、維持費が高いのと1歳11月から発生というのが実は結構ボディーブローなんじゃないの?と思いつつありますw
ぺチョーリンdot 2015.01.19 22:18 | 編集
コメントありがとうございました^^
プレシャスラバー順調ですね~
ペースとしては社台系より遅いのかもですが、
急ぐ必要もないですし、
順調が一番ですね^^
冬場の北海道は寒すぎる気もしますよね。
肉体よりも内面を芯から鍛えるにはいいのかなと思うようにしています(笑)
ブレッドdot 2015.01.20 13:04 | 編集
こんばんは。
2012年度産の勝ち上がり率に加え、ここのところ一時の勢いを感じられない東サラですが、代わりに障害での活躍も目立つなど、また違った妙味も出てきていますね。
キンカメ産駒は芝&ダート、両方での活躍が期待できますし、とにかく無事なら、何とかなると思います。
私的には、プレシャスラバー13とティアドロップス13(ロード)のキンカメ牡馬に、初年度一番の期待をかけていますので、楽しみで仕方ありません。
早く調教動画が見たいですー!

なるほど、維持費など細かいところも含め、東サラさんにはサービス的にも、もう少し頑張ってもらわないと、今後厳しくなりそうですね。
それかすごいG1馬を出すとか(笑)
Rami*dot 2015.01.20 18:30 | 編集
こんばんは。
遊びに来て頂き、ありがとうございます(*^^*)

加藤ステーブルさんは、屋内坂路コースが無いのでしたっけ。
厳冬期にも他所の育成場でトレーニングを積んでいる馬に、水を開けられてしまうのでは?という心配もありますが、怪我をするよりよっぽど良いですよね。
コメントにもある様に「寒い時期に無理をさせない、デビューを急がせず、馬の成長に見合った調教を」という意思が汲み取れますし、それはそれで良い方へ取りたいと思います♪

グリーンFのラブリネスオブパリ13、気になっています~(笑)
ただ5つ目のクラブという勇気が出ないだけww
Rami*dot 2015.01.20 18:39 | 編集
遅くなりましたが本年もちょくちょく寄らせていただきます。宜しくお願い致します。
プレシャスラバー怖い位順調ですね。今週のG誌で角居先生の特集ありますが基本的に各クラブ預かる馬を厳選している様でその中で非社台のこの仔を預かってもらえるだけでも期待が膨らんでしまいます。
その一方で明け3歳の勝負馬レッドベルダ手術…。かなりの重症の様で無事是名馬という言葉の重みを嫌っと言うほど改めて思い知らされた次第です。
どの馬もまずデビュー迄無事に辿り着く事を切に願いたいものです。
新年早々失礼しました
ノリックdot 2015.01.20 19:31 | 編集
こんばんは。
レッドベルダの怪我、今HP確認して知りました。。。
勝負馬、わかります。
休養中、それも治療中にこんな不運にあってしまうなんて。
場所が場所だけに、競走馬としての復帰には時間がかかる、もしくは…現状では命は無事なので、このまま合併症など起さずに、快方へ向かうと信じたいです。
エリモピクシーの子供たちは、とても贔屓にしていて、上も含めずっと応援してきています。
何とか状況が良くなりますよう、お祈りします。
それにしても、、、やりきれない思いで一杯です(><)
Rami*dot 2015.01.20 20:17 | 編集
暫く立ち直れそうにありません。故障経緯がどうしても納得出来ません。何の為に放牧出したのか……。
出資馬の故障はレッドディアーナに続き2頭目。ただただ無念でなりません。何とか命だけでもとりとめて未来の息子・娘達にこの夢の続きを託したいものです。
ノリックdot 2015.01.20 22:22 | 編集
ノリックさんへ
レッドベルダ号、一番辛い運命となってしまいました。
本当に残念です。
小さな体でも精一杯頑張っていた彼女を思うと、無念でなりません。
レース写真を改めて見ました。
二戦目の前を見据える澄んだ瞳、忘れられない勇姿です。
デビュー前の調教動画も以前から見ていましたし、応援していました。
とっても可愛い子でした。

放牧先でのまさかの出来事、今は信じられない気持ちで一杯です。
彼女の冥福を心よりお祈り申し上げます。
Rami*dot 2015.01.21 23:02 | 編集
Rami*さんこんにちは。
そうですね、社台グループの資金力なら用地さえあれば牧場のひとつふたつ作れるでしょうし、小さく生まれた馬を温暖な地域で育成する、というのは私もいいんじゃないかと思います。確かに「馬はもともと寒い地方に住んでいた生き物」だと聞いたことがありますが冬の北海道、それでも寒いものは寒いでしょう。
実際、馬房で馬着着ている馬なんかよく見ますがお馬さんとしては一枚であったかいものなんでしょうかね?
藤堂 翠dot 2015.01.26 14:43 | 編集
こんばんは。
いくら寒さに強いって言ったって、限度がありますよね。
遅生まれの仔にはハンデあるのは明らかと思います。
寒ければ筋肉だって収縮するし、血管だって。
もちろん人も個人差がある様に、馬もそれぞれでしょうけど。

動物も秋~冬生まれの子よりも、春~夏生まれの方が丈夫で体も大きく育つことが多いですね。
胃腸も丈夫な印象です。
ですので、1月生まれよりは、3月終わり~4月(5月になるとデビューが遅れるので体格にもよる)生まれの仔を選んでいます。
余談ですが、人間も運動選手には夏生まれが多いのですよ。

あの布は…ねぇ(苦笑)
Rami*dot 2015.01.26 23:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。